2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

2018年2月22日 (木)

2018年2月第4週のセントラルパークとハイライン

小雨が降り始めた木曜日のニューヨーク。今日は太陽が顔を覗かせる時もあるようですが、1日雨が降ったり止んだりするようです。降水確率は60%。昨日の半袖で十分な気温から一転、最高気温は現在の8℃でこれからどんどんと気温が下がる冬の寒さとなるそうなので、温かくしてお出掛けください。

重篤なピーナッツアレルギーを持つ人(特にお子さん)が多いアメリカですが、ピーナッツを食べた時(同じ空間にピーナッツを食べている人がいるだけで反応してしまう、等の症状を含む)のアレルギー反応を抑制できる治療法が見つかったという研究結果が出されたそうです。直ぐには実用化されないでしょうが、アレルギーをお持ちの方は事の推移を見守って、主治医に相談してみると良いかもしれません。
*****************************************************
さて、今回は2018年2月第4週のセントラルパーク(Central Park)とハイライン(The High Line)の風景をお届けします。
050

気温の上下が激しいこの冬。ワシントン誕生日の祝日にセントラルパークを訪れたら、土曜日に降った雪がまだ残っていました。

051

しかし雪が残っているのが不思議な位、この日は好天に恵まれました。

052

とは言え、気温が一桁代だったこともあり、祝日の割には人が少な目。

053

雪は残っていたものの、気温はそこまで低くなかったので、ザ・レイクの氷は完璧に融けていました。

054

風邪気味だったこともあり、ボウブジッリを渡ってランブルを抜けるショートカットへ。

055

ランブルは普段から静かですが、冬は都会であることを忘れさせてくれる空間。

056

雪で川の流れが阻害されるのか、いつもは聞こえるせせらぎが聞こえない静けさの中に、いつもより活発な鳥の声が響いていました。

057

新たに造られた渓流でアライグマが亡くなっていました。いつもチェリーヒルで見掛けたアライグマかな…と。

058

タートル・ポンドの周りも雪化粧で印象が違います。

059

いつもテラスから風景を眺めるだけのベルヴェデーレ城。今回初めて中に入ってみました。

062

見学は無料でしたが、(多分)ボランティアさんが階段の入り口先に座ってらして「募金のご協力お願いします」と仰っていたので、$1ずつ寄付して細くて急な階段を登り。

061

真正面に全貌が見渡せるデラコルテ劇場を眺めたり…

060

セントラルパークに生息する鳥の図鑑や生態の説明を読んだり。

063
064
065
066
067

もう1階登って、普段とは違う角度から風景を眺めたりして楽しみました。

003

次の日である火曜日は一転、長袖にスプリングコートでも汗ばむような暖かさ。雪の名残は全くなし。

004

平日の午後にも関わらず、大層な人出でした。

010

水曜日は20℃を超える暖かさ。

011
012

ハイラインのベンチは、束の間の春の陽気を満喫しようとお昼を食べる人で埋まり。通路は沢山の人で賑わっていました。

013
014

先週咲き始めたばかりのスノードロップは数を増して、花も大きく開いていました。

015

陽気に誘われて23丁目の芝生のクロッカスが開花。

016

Viburnum x bodnantense ‘Dawn’もあと少しで咲きそうです。

017
018
020

Hamamelis x intermedia ‘Jelena’は燃えるよう。

019

Mahonia x media ‘Winter Sun’は、今週も少しだけ花をつけました。

021

日が当たると枯れ草が輝いて綺麗です。

022
023

先週は固い蕾だったCrocus ancyrensis ‘Golden Bunches’も開花。

024

Hamamelis x intermedia ‘Pallida’も、まだまだ満開。

025
026

スタンダードホテル近くのHamamelis x intermedia ‘Jelena’は、相変わらず不思議な色です。

028

Crocus tommasinianusも開花。

029

ザゼンソウも顔を覗かせました。

009

2018年2月21日 (水)

ミッドタウン・イーストのオーガニックカフェ『Dr Smood』

霧に覆われている水曜日のニューヨーク。ブロンクス、クイーンズおよびブルックリンには濃霧注意報が発令されていますので、運転される際にはご注意ください。今日は曇り時々晴れの予報ですが、降水確率が10%。最高気温は、なんと21℃まで上がるので、1日だけ春を通り越して初夏みたいな陽気になる予報です。明日から4日間雨の予報で気温も下がるようですので、済ませられる用事は片付けた方が良さそうです。

連日銃規制についての議論が戦わされていますが、トランプ大統領が連続発砲を可能にする部品の販売を禁止するよう求めた事がニュースになっています。それだけでなくライフルとかも禁止して欲しいところですが、欲張るとまた何も対策が取られない事になりかねないので、先ずは部品からでも禁止して欲しいところです。トランプ大統領と言えば、「FBIがフロリダの銃乱射への対応に失敗したのは、ロシアの選挙介入とかに労力を使い過ぎたからだ」とツイートして強い反発を招いていましたが(私も朝ニュースを聞いて血管が切れそうでした)。中間選挙までは自身の政党が議会をコントロールしている状態なので、やれることはやって欲しいと切に願います。
************************************************************
さて、今回はミッドタウン・イーストにあるオーガニックなドリンクや軽食、スムージーを提供するカフェ『Dr Smood』です。
046
このカフェがあるのはマディソン街の41丁目と40丁目の間。ブライアントパーク、グランドセントラル駅、ニューヨーク市立図書館から程近く、日本の食材を販売するスーパーの直ぐ傍なので、何回も前を通り過ぎては気になっていました。

スタイリッシュなこのカフェは、2階にも落ち着いたテーブル席がありランチするにも便利そうですが、私達が訪れたのは朝のドリンクを楽しむ為でした。全然知らずに入ったのですが、提供するものは全て有機栽培された食材で、添加物を一切加えず、加工品も使用しない(と言っても、過剰なという意味だと思います。豆乳とかはあるので)という健康志向のお店との事。
044
その為か、ビーガン(完全菜食主義)でもあるらしく、ラテを頼んだらミルクの種類を聞かれ。私は普段良い脂肪は摂取するように心がけているので、全乳を頼んだら「このカフェはビーガンなので、アーモンド、カシューナッツ、ココナッツ、豆乳しかありません」と店員さん。

しかもレビューを読んでいたら、「紙を無駄遣いしないために現金を一切受け付けていないと言われた」という人がいました。本当か分かりませんが、旅行でニューヨークを訪れていて、カードの手数料を支払いたくない人は注意が必要です。
045
そんなこんなで、アーモンドミルクで作ったラテを注文。夫はココナッツミルクのコルタドを頼みました。2人共の感想は、健康的なんだろうけど普通の牛乳の方が断然おいしい、というもの。

でも最近ビーガンの方は多いですし、居心地は良かったので(店員さんは全くフレンドリーではありませんでしたが…)、使い勝手は良い気がします。健康やスタイルを気にされている方は、食事をするにも良いカフェなのではないでしょうか。女性同士で集まるには良いかもしれません。

Dr Smood

285 Madison Ave
New York, NY 10017
メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年2月20日 (火)

旧正月の街角風景

濃い霧に覆われた火曜日のニューヨーク。今日は午前10時まで小雨が降り、霧に覆われる予報です。濃霧注意報が発令されていますので、以下に添付致します。本日の最高気温は18℃まで上昇する予報ですので、体温調節ができる格好で出掛けた方が良さそうです。

Notification issued 2/19/18 at 11:20 PM.

The National Weather Service has issued the following:
What: Dense Fog Advisory
Where: NYC
When: 11PM, 2/19 to 10AM, 2/20
Hazards: Visibilities one quarter mile or less at times.
Preparedness Actions:
- Slow down, use low beam headlights while driving, and allow for additional travel time.

For the latest weather info: www.weather.gov/okx/.

昨日は、連邦祝日であるワシントン誕生日(Presidents' Day)で夫の会社も休みでした。ブログは前日の空いた時間に書くようにしているのですが、日曜日も夫と1日共に過ごし、月曜日も散歩等して過ごしたのでブログを書く時間がとれませんでした。でも2日間のんびり2人で過ごす時間を取れたので良かったです。
**************************************************************
さて、今回は旧正月が祝われた2018年2月第3週から4週にかけての風景をお届けします。
001

至る所にストリートアートがあるニューヨーク。ランプの柱とかにも。

002

ウエストヴィレッジの公園でもスノードロップが咲きました。

003

SoHoの街並み。

004

アイ・ウェイウェイのアートが無くなって、久しぶりにアーチだけになったワシントンスクエア。

005

新しい道を通ると、有名な作家さんが住んだ家があったりして発見があります。

006

毎年オープン・ハウス・ニューヨークで公開されると大人気のタワー。結局登りそびれました。

023

大雪注意報が出ていた日は、少しだけ雪が降りました。殆ど積もりませんでしたが。

032

LGBTQ運動に関連するアートを展示している美術館の外観に展示された『Silence = Death』アート。

033

このアーティストの作品もよく目にする気がします。

035

トイレを借りるためにキャナル・ストリート・マーケットに入ったら、参加型アートが出現していました。Love is・・・というお題で皆さん自由にコメントを書き込んでいます。

036
037
038
039
043
042

旧正月を祝う中華街の雰囲気を味わおうと久しぶりにキャナルストリート周辺へ。ですが、あんまり違いは無かったかも…。25日のパレードに行かないと駄目みたいです。

040
041
045
047
048

中華街&リトル・イタリーはストリートアートも豊富。

049

この週末まではバレンタインモードが残っていました。

046

2018年2月18日 (日)

アフリカのプリントドレス店『ZURI』

快晴の日曜日のニューヨーク。昨日は一瞬雪が降りましたが、結局大雨。お年寄りの事とか考えると雪が降らなくて良かったですね。今日は1日晴れて、最高気温も8℃まで上がって寒さが緩む予報です。今週は水曜日に21℃まで気温が上がる変な気候になるみたいです。気温の変化が激しく、雨が降る日も多そうですので、体調を崩さないように気を付けたいと思います。

金曜日の夜、SoHoの歩道を歩いていた男女の頭に、非常階段の一部である金属が7階部分から欠けて落ち、男性が死亡する事故が起きました。確かに外階段の下を通っていると、金属が腐食していて怖いと感じることはままありましたが、気をつけようが無いですし怖いですね…。これを機に、古い建物の持ち主の方達にはきちんと安全性を点検して欲しいと思います。
*****************************************************************
さて、今回はウエストヴィレッジにあるアフリカで染色される布を使ったドレスを販売するお店『ZURI』です。
005
ボランティアの移動でウエストヴィレッジをよく散歩します。色んな道を通りますが、時々ブティックやカフェ、レストランが並ぶブリーカー通りを通り抜けながら、ショーウィンドーの移り変わりを楽しみます。

去年いつものようにブリーカー通りを歩いていたら、とてもカラフルなドレスと手編みの籠バッグが飾られたショーウィンドーを発見。私は中学生の頃からアフリカに憧れていて、アフリカで働きたいと思っていた位でした。体が強くないですし、乗り物酔いが兎に角酷いですし、暑い気候が苦手ですし、アトピー性皮膚炎が乾燥で悪化しますし、虫が凄く苦手なので、現実問題として諦めましたが…。今でもクラシック音楽をアフリカ風にアレンジした音楽なんかが好きで、聞いています。
092
このお店はアフリカっぽいテイストだなーと対岸から見ただけでも気になり、帰宅してから早速検索してみると、2人の女性が起業したドレス専門店だと分りました。彼女達は、アフリカのケニヤを中心とした市場で、泥染め等現地の手法で染められた布を選び。それをケニヤやナイロビで、現地の工場に委託して生産。

ドレスの型を2つに絞って、ドレスのみを販売することにより、工場で働く人達に十分な対価を払いつつ、高すぎない価格でシャツドレスを販売できるようにしているとの事。環境にも配慮し、アフリカで問題になっている失業率を下げる事にも(少しとはいえ)貢献し、端切れでショップバッグを作って製品を入れてお客さんに渡すなど、フェアトレードや環境問題にも配慮したビジネスを目指しているそうです。
045
シャツドレスは、ノースリーブと肘までの袖の2タイプのみ。前がボタンで全開になる、スタンドカラーのシャツドレスなので、ワンピースとして着るだけでなく、ジャケットの様に羽織ったり、チュニックの様にパンツやレギングの上に着たり、袖をウエスト部分で縛ってスカートの様にしてはくことが可能。

単色の布もありますが、多くは原色のはっきり・きっぱりした大きな柄がプリントされた派手なドレスで目を惹きます。実際にここで購入したドレスを着ていると、「素敵なドレスね!」とか「わあ、そのドレス大好き!」とか声を掛けられたり、派手だなーって感じで目で追われることが多いと感じます。
046
でも下に長袖シャツ+レギングを重ねたり、単体で着たりと体温調節がし易いですし、コーディネートを考えなくて良いので楽。着心地も抜群で、とても気に入って既にもう1枚欲しくなっています。

何より女性が始めた事業を応援していると感じられるのが気分が良いですし。アフリカを身近に感じられるのも、興味に近づける気がしますし。ほんのわずかの気のせいといったレベルでも、誰かを奴隷の様に使って作った製品でなく、環境に配慮したビジネスにお金を使っていると思えると罪悪感も減ります。
072
店員さんも有色人種の女性が多い気がして、そういったところも女性のパワーを活かそうという気概を感じるお店。いつ前を通ってもお客さんが試着しているので、地元の人達に受け入れられている気がします。

何を買うかは自分が見たいと思う世界への清き一票。皆と同じような格好をして安心する自分を脱皮して、着心地がよく気分が上がる服を試してみたい方は是非。まぁ、好き嫌いは別れるとは思いますが。

ZURI
363 Bleecker St, New York, NY 10014
ドレスのラインアップはお店のHPで見ることができます。

2018年2月17日 (土)

最近のニューヨーク風景

快晴の土曜日のニューヨーク。今日は夕方から大雪が降る予報なのですが、なんだか信じられないような空模様です。でも10cm~16cmの積雪が予想されており、各種注意報が出されていますので、お気をつけください。大雪警報が発令されているのは本日午後5時~日曜日の午前7時まで。停電の可能性があるため、携帯電話等を充電し、冷蔵庫/冷凍庫の設定を下げておくようにとの事。買い物も今日雪が降り始める前に済ませて、万が一に備えた方が良さそうです。以下、各種注意報・警報を添付致しますので、ご確認ください。

Notification issued 2/17/18 at 5:08 AM.

The National Weather Service has issued the following:
What: Winter Storm Warning
Where: Bronx, Manhattan, Queens
When: 2/17 at 5PM to 2/18 at 7AM
Hazards: 4-7" of snow, significant reductions of visibility at times. Roads may be dangerous and power outages are possible.
Preparedness Actions: Use caution when walking, biking, or driving.
Before an Outage
- Charge cell phones
- Gather supplies
- Turn refrigerator/freezers to a colder setting
During an Outage
- Stay clear of downed power lines
- Turn off all appliances
- Keep refrigerator/freezer doors closed to prevent food spoilage
- Do not use generators indoors
- If you have a disability/access needs, or use Life Sustaining Equipment (LSE) and need immediate assistance, dial 911.

For more information, please visit www.weather.gov/okx/

Notification issued 2/16/18 at 5:35 PM. NYC Emergency Management today issued a Hazardous Travel Advisory for Saturday evening, February 17 through Sunday morning, February 18, 2018. The National Weather Service has forecast 4-6 inches of snow. Snow is predicted to begin around 7 PM Saturday, with the heaviest snow expected to fall overnight through early Sunday morning. Exercise caution when driving and allow for additional travel time.

The Department of Sanitation issued a Snow Alert, beginning Saturday at 6 PM. PlowNYC will be activated and available at www.nyc.gov/severeweather.

For more info: http://on.nyc.gov/2oe7rpl.
***************************************************************
さて、今回は最近の街角や公園の風景をお届けします。
024

冬はいつもに増して夕焼けが綺麗な季節ですが、朝焼けも同様に綺麗に楽しめる日が多いと感じます。この日は美しい三日月が残っていて、薄紫色の空に白く輝く月が映えてとても綺麗でした。

001

最近はバレンタインがやたら商業化されてきた感があり、『ロマンティックなバレンタインディナーを!』みたいな宣伝文句を頻繁に耳にします(ニューヨーカーと話していたら、やっぱりあきれ返っていました)。その為か、レストランも力を入れてハートや赤のデコレーションをしています。

002

トライベッカのスクエアに登場していた不思議なアート。

003
004

久し振りにSoHoを歩きました。中心は有名ブランドのお店ばかりになってしまいましたが、外れの方は面白いお店が見つかります。ストリートアートも多い地域。

005

JGoldcrownのハートのアートはSoHoやNolitaで見掛ける印象がありましたが、チェルシーでも発見。

006

冬の間は道路が頻繁に陥没します。そのせいかSoHoの石畳で、石を外して基礎をやり直していました。

007
008
009

いつもは学生が思い思いに寛いでいるワシントンスクエア・パークも篠突く雨で静か。

010

一時期牢屋として使われたという歴史を知っているせいか、こんな空模様の日には不気味に見える図書館。

011
012

「All you need is love」はとてもよく目にするフレーズ。こんな時代だからこそ、自分達に言い聞かせてるのかもしれません。この言葉を目にすると、友達のウエディングケーキを思い出します。

031
032

住んでいると意外と有名な建築物の写真を撮らないな…と思って。

033

曇っていると、不思議に白黒みたいな風景になりますよね、ニューヨークって。

034

今年の冬は暖かい日と寒い日が交互に来るせいか、緑が残っているような。

035

平日の朝のセントラルパークは、近隣の子供達の遊び場。

036

セントラルパークのマンサクも満開でした。

037

貯水池の一部にまだ氷が残っていました。

038

いつの間にか貯水池の真ん中に石の帯が出現していました。渡り鳥が羽を休めていたので、その為に造られたのかもしれません。

040

産まれたばかりの雛に見える鳥がいました。毛がほわほわしています。

041
042
043
044

いつ訪れても広々として気持ち良い貯水池。

045

鉄の橋もニューヨークらしいです。

046

寂しくも心が落ち着く風景です。

048

夏になるとシェイクスピア・イン・ザ・パークのチケットを求めて行列ができる道も、静まり返っています。

049

脱皮しているような不思議な木肌。

053

桜の季節まであと2か月でしょうか。

054

まだ養生中のシープメドウ。
002_2
夕焼けが闇に沈む前の一瞬紺色みたいに見える空が綺麗。
006_2
特等席で休むカモメ。
008_2
観光船でマンハッタンやブルックリンを川から見るのも楽しそうです。
028
次々と新しいアートに埋め尽くされるバー。

052

«人気カフェのお店『Blank Slate Gourmet Market』