2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ウィキリークスのドキュメンタリー映画 | トップページ | シェイクスピア・イン・ザ・パーク »

2013年6月 9日 (日)

ストリート・アート

昨日の大雨で一部道路が浸水したようですが、土曜日は晴れたニューヨーク。月曜日にはまた雷雨に襲われるようですが、少なくとも週末は良い天気になりそうです。

月曜日の結婚に向けて、今週末は友人の企画するイベントが沢山あるので(あまり参加できませんが)、週末晴れてくれるのは嬉しい限り。この調子で友人が結婚する月曜日も晴れてくれると良いのですが。

サンタモニカにある大学でまた発砲事件がありましたね。少なくとも2人が怪我をし、3人目の怪我人は犯人ではないかとの事。何故銃を取り締まる法律が議会を通らないのか理解に苦しみます。
*************************************
さて、今回はマンハッタンのダウンタウンエリアにある大通りハウストン通り(Houston Street)にある大きな壁(Bowery mural)に登場した新しいストリート・アートのご紹介です。
002
今回のアーティストは、ブロンクスで生まれ育ったグラフィティ・アーティストのCrash、またの名をJohn Matos氏なのだそう。

いつまで楽しめるのか解りませんが、色鮮やかなグラフィティで通行人の目を楽しませています。この壁画はBoweryとHouston Streetの角にあります。

« ウィキリークスのドキュメンタリー映画 | トップページ | シェイクスピア・イン・ザ・パーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/51966222

この記事へのトラックバック一覧です: ストリート・アート:

« ウィキリークスのドキュメンタリー映画 | トップページ | シェイクスピア・イン・ザ・パーク »