2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 突然のプレゼント | トップページ | WWⅡ後のグリニッジヴィレッジの回想録 »

2013年6月20日 (木)

ジャンクフード万歳!なグリルド・チーズ専門店

朝から気持ちよく晴れている木曜日のニューヨーク。最高気温は24℃の予報で、過ごしやすい1日となりそうです。

今朝は昨日の早朝イーストビレッジで起こった交通事故のドライバーが酒気帯び運転で逮捕されたことがニュースになっています。この事故は6:30AMに起こったそうで、猛スピードで走行していた自動車がイーストビレッジの雑貨屋の軒先に突っ込み、6人が負傷しました(内、1人は重傷)。

マンハッタンでは定期的に店に車が突っ込むという事故が起こりますが、どちらかと言えば観光客が地図を見ながら運転をしていて操作を誤るとか、タクシードライバーが運転を誤るとかいったパターンが多かった印象があり、街中でレースを繰り広げて突っ込むというパターンは珍しい気がします。

歩道を歩いているといきなり車が突っ込んでくるので気を付けようがない訳ですが、お子様連れの方はお子さんを車道と反対側を歩かせるようにする等注意した方がいいかもしれません。
*************************************
さて、今回はアメリカ人が大好きなジャンクフードであるグリルド・チーズの専門店『Melt Shop』です。
005
グリルド・チーズとはバターをたっぷり塗ったパンでたっぷりのチーズを挟み、パニーニの様にプレスして焼いたサンドイッチの事で、アメリカでは定番中の定番。学校のカフェテリアでもよく登場していましたし、簡単な屋台やカフェではほぼ必ずと言っていいほど見かけるメニューです。
008
が、このレストランはグリルド・チーズの専門店だけあって、そんじょそこらのグリルド・チーズとは訳が違います。中に挟まれたチーズはたっぷりで食べるととろーりと蕩けますし、外側はカリッカリに焼かれて香ばしい。パンもバターたっぷりです。
009
こう書くとお分かりのように、かなり太りそうですし、夫の様に元々グリルド・チーズが脂っぽくて苦手という向きには全く向きません。が、私の様にグリルド・チーズ大好きな人は大満足すると思います。カフェとかで食べるグリルド・チーズはパサパサしてチーズも蕩けないし・・・とお思いの方にはお勧めです。

しかもチーズの種類が豊富だったり、中にサンドする具材が数種類あったりと色々な楽しみ方ができるのもポイントが高い。私たちは試にフライドチキンが入ったサンドとポークが入ったサンドを購入しましたが、ポークは脂っぽ過ぎて2人とも駄目でした。が、チキンはとっても美味と私は思い、夫はこれなら食べれると思ったようです。
007
サイドにはこれまた懐かしいチーズィー・ドッツ(小さな円柱形のポテトフライにチーズが掛った物)を。これも健康に非常~に悪そうなものの、美味しいし懐かしかったです。まぁ、グリルド・チーズと併せて食べるのは流石にしつこ過ぎましたが。

気軽に食事が楽しめますし、隣にある小さなパブリックスペースにあるテーブル席で外気を楽しみながら食事ができるので、一人旅で立ち寄るもよし、数人でお喋りに興じるもよし。フラット・アイアンからほど近いので観光のついでに寄るにも便利だと思います。
006
グリルド・チーズ・サンドイッチ2種(追加でトマトとオニオン)にチーズィー・ドッツで$24.88(TAX込)でした。

Melt Shop
55 W 26th St

(at between 6th Avenue and Broadway)
Manhattan, NY 10010
TEL: 
(212) 447-6358
ミッドタウン・イーストにも店舗があるようです。メニューなどの詳細はHPにてご確認ください。

« 突然のプレゼント | トップページ | WWⅡ後のグリニッジヴィレッジの回想録 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクフード万歳!なグリルド・チーズ専門店:

« 突然のプレゼント | トップページ | WWⅡ後のグリニッジヴィレッジの回想録 »