2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« グランドセントラル駅のライトショー | トップページ | カーネギーホールでデイビッド・セダリスのリーディング »

2013年11月21日 (木)

映画館でバレエやオペラを

最高気温が7℃と冷え込む水曜日のニューヨーク。昨日は気温は然程低くなかったのですが、風強くてとても寒く感じました。

最近ロングアイランド・シティーにあるストリートアートのメッカ『5 Pointz』が壊されるかもしれないと聞いた人々がデモをして保存を訴えていたのですが、昨日とうとう全てのグラフィティが白く塗られてしまいました。『5 Pointz』をストリートアーティストに案内してもらう人気のツアーがあったので参加しようと思っていたのですが、機会を逸してしまいました。

人気でなかなか予定が空いている日に予約ができなかったために行きそびれていたのですが、思い立ったら直ぐに行動に移すべきだな・・・と改めて思った次第です。
*********************************************
さて、今回は映画館でバレエやオペラを楽しめる試み『Fathomevents』です。

この試みは今年が初めてではないようなのですが、今年ボランティア仲間に教えてもらって初めて知りました。ロンドンのロイヤル・バレエやメトロポリタン歌劇場のオペラを見れたり、ボクシングの試合を楽しめたり、クリスマスコンサートを聴いたりできるというラインアップ。
027
バレエやオペラが好きなのですが、チケットが高額で無職の身分では手が届かず、ニューヨークに来てからはすっかり遠ざかった生活になってしまいました。が、この試みならば$15とか普通に映画を見るような手軽さで、バレエやオペラを鑑賞することができます。

昨日はイギリスのロイヤル・バレエ団が2011年に制作したバレエ『不思議の国のアリス』(Alice’s Adventures in Wonderland)が上映されました。実際にロンドンの劇場での上演を録画したものがそのまま上映されるので、観客の反応が画面の中と自分の居る劇場からダブルで伝わってきたのが面白かったです。
057
本物のバレエは2回休憩を挟んで2時間55分の上演時間ですが、劇場版ではメイキング映像を交え、20分の休憩を1回含んで3時間弱の長さでした。

馴染みのあるお話だし、今まで観たバレエの演目に比べて演劇的なので、ストーリーがよく解りました。振付師の方がメイキングで「キャラクターをはっきり打ち出す事を主眼に置いてバレエを振付けた」と仰っていたのがよく解るダンスで見ていて飽きませんでした。
026
セットや映像を使った舞台装置も見事で、ダンサーの方達の体の動かし方や表情を使った表現力の豊かさと相まって、台詞は何にもなくとも何が起こっているのかはっきり分りました。

会場からはよく笑いが起きていましたし、面白いキャラクターも沢山登場するので、お子さんでも非常に楽しめそうなバレエだと思いました。機会に恵まれたら是非生で観てみたいと思った演目でした。

« グランドセントラル駅のライトショー | トップページ | カーネギーホールでデイビッド・セダリスのリーディング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/54001646

この記事へのトラックバック一覧です: 映画館でバレエやオペラを:

« グランドセントラル駅のライトショー | トップページ | カーネギーホールでデイビッド・セダリスのリーディング »