2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ヘルズキッチンのお気に入りタイレストラン | トップページ | ブライアントパークのハロウィーン »

2013年11月 1日 (金)

チェルシーのポークサンドイッチ屋

朝から薄曇りの木曜日のニューヨーク。先ほど空港に到着したと連絡があり、もうすぐ夫が帰宅する筈なので、夫が不在時に陥る不眠症から解放されるとほっとしています。今朝は久しぶりに頭痛も軽いし、咳も止まった様で、やっと自宅療養モードから解放されそうでもあります。

最近スーパーやドラッグストアに買い物に行くと既にクリスマス商品が並んでいたりして、まだハロウィーンも終わっていないのに・・・となんとなくげんなりしていましたが、明日(2013年11月1日(金))からブライアントパークのウィンタービレッジがオープンするとの事。

今年も無料のアイススケートリンクとそれを囲む127店のホリデーショップがオープンするそうで、既に準備に入っているなぁとは思っていましたが、時の経過の速さになんだか驚いてしまいます。因みにユニオンスクエアのホリデーマーケットは2013年11月21日(木)に、コロンバスサークルのホリデーマーケットは2013年12月4日(水)にオープンするそうなので、ブライアントパークは随分早いんですね。

もう既に2013年10月12日(土)からロックフェラーセンターのスケートリンクもオープンしていますし、今晩のハロウィーンパレードが終わると一気にホリデームードが盛り上がりそうです。
*************************************
さて、今回はチェルシーにあるテイクアウトがメインの小さなポークサンドイッチ屋さん『Rocket Pig』です。
057
このサンドイッチ屋は2013年10月20日(日)まで行われていた『Sheep Station』を観に行った際に前を通りかかって初めてその存在に気付きました。24丁目を10番街から少し東に入った所にこじんまりとあり、雰囲気が素敵なので試してみたいと思っていました。
058
今回夫が不在で自分の為に料理するのが億劫だったので、ハイラインにハロウィーンを見に出掛けたついでにこのお店でサンドイッチを買おうと思い立った訳です。

お店はレンガ造りの塀と緑に囲まれてこじんまりとあります。多分10番街に面して建っているレストランの建物の裏庭に当たる部分を改築したのではないでしょうか。鉄のドアを入ると小さなレンガ造りのパティオのようなスペースがあり、小さなカウンターとショーケースしかない店舗が現れます。
056
このお店のメニューは$14のポークサンドイッチのみ。最初はびっくりしたものの、入店前からポークサンドイッチを頼むつもりだったので、折角だからとドリンク、コールスロー、デザート、ポテトチップ、手作りピクルスがセットになった『PIGNIC Box』をオーダー。

デザートは4種類から、ポテトチップも5種類位のフレーバーから選ぶことができ、ドリンクも沢山種類があります。私はベーコン入りのキャラメル、プレインのポテトチップとリモネッタ(レモン味の炭酸飲料)を選ぶと、紙の箱に綺麗に詰めてくれました。しめて$20。
059
帰宅してポークサンドイッチを食べたら、お肉が柔らかくてジューシー。たれも甘辛くてとびっきり美味でした。味の濃いサンドイッチを、手作りのピクルスと交互に食べると口の中がさっぱりしてバランスも良し。

サンドイッチとピクルスでお腹一杯だったので、コールスローやポテトチップは夕飯にしたのですが、コールスローもリンゴ酢で作ったのかな?というようなさっぱりした変わった味で、とても美味しかったです。また、ポテトチップもロングアイランド産のポテトを使ったというこだわりの商品で、味は変わりませんでしたが地元をサポートしてる感じが嬉しい逸品でした。
060
サンドイッチ1つが$14とは高いですが、後悔しない出来でした。デザートもサイドメニューもとっても美味しかったので、是非またセットで購入したいです。

Rocket Pig
463 W 24th St
New York, NY 10001
TEL: (212) 645-5660
お店のHPはこちら

« ヘルズキッチンのお気に入りタイレストラン | トップページ | ブライアントパークのハロウィーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェルシーのポークサンドイッチ屋:

« ヘルズキッチンのお気に入りタイレストラン | トップページ | ブライアントパークのハロウィーン »