2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« テネメント博物館 | トップページ | ブルックリンで手作りされたグラノラ »

2014年3月 5日 (水)

セントラルパークのパブリックアート

朝から薄曇りの水曜日のニューヨーク。明日まで寒さを我慢すれば、金曜日からは最高気温が6℃まで上がり寒さが和らぎそうです。今の所、来週の火曜日の最高気温は16℃。最低気温も3℃の予報で、ニューヨーカー達は「もう直ぐ春が来る」と早速楽しみにしています。

相変わらずウクライナ情勢が話題の中心です。今朝のラジオでは、ウクライナでプロ・ロシアのデモを行っている人達の中にロシアが送り込んだロシア人が多数混ざっていることが報じられていました。CNNでレポーターが現地から中継している際にも、「同じ車が大音量で行ったり来たりしてカメラにアピールしている」と、大規模なデモではない事を強調していました。

昨晩はクリミアで警備をしているロシア兵にカメラが近付いた際に「それ以上近寄ったら足を撃つ」とひきつった顔で警告する映像が繰り返し流され、一触即発の緊迫感を十二分に伝えていました。解説を聞けば聞くほど、難しい問題です。
****************************************
さて、今回はセントラルパークの南東の入口に設置された新しいパブリックアートのご紹介です。
002
これはスイス出身で現在はニューヨークをベースに活躍中のアーティストOlaf Breuning氏の作品。タイトルは無いようで、ユーモアのある雲のインスタレーションとしか紹介されていません。

このパブリックアートは2014年3月4日(火)~8月24日(日)まで展示されます。

« テネメント博物館 | トップページ | ブルックリンで手作りされたグラノラ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/55251947

この記事へのトラックバック一覧です: セントラルパークのパブリックアート:

« テネメント博物館 | トップページ | ブルックリンで手作りされたグラノラ »