2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 秋のリンゴ狩り | トップページ | バウムクーヘン »

2014年10月 6日 (月)

プリンストンの古き良きインでランチ

今日も朝から快晴の月曜日のニューヨーク。昨日は長袖2枚でも肌寒く、とうとう薄いコートを上に羽織りました。今日は昨日ほどは冷えないようですが、それでも涼しい1日になりそうです。

ニューアーク国際空港にブリュッセルから到着した便に搭乗していた2人の親子がエボラ出血熱に似た症状を呈していたため、飛行機から降ろされ隔離処置が取られた事が昨日大きなニュースになっていましたが、今朝になって2人はエボラ出血熱では無かった事が報道されています。2人はリベリアから移動していたようで、一時は騒然としていました。

テキサスでエボラ出血熱を発症した男性が、一回病院の救急外来を訪れた際に処置を受けた後に帰宅していた事も大きな問題として取り上げられています。アメリカ国内ではエボラ出血熱への対応を研修して備えており、当該病院でも4回(だったと思います)研修をしていたにも関わらず発見ができなかったことが課題となっている訳です。

自己中心的なのは百も承知なのですが、なるべくならエボラ出血熱が一段落する迄は不必要な移動は避けてほしいと思ってしまいます。まぁ、暫く身を寄せられる場所が海外にあるのであれば、自分の子供はエボラ出血熱の猛威が及ばない安全な場所に避難させたいという気持ちも痛いほど解りますが。
***********************************************
さて、今回はプリンストンのダウンタウンにある歴史あるイン『ナッソーイン』(The Nassau Inn)にある『ヤンキー・ドゥードゥル・タップルーム』(Yankee Doodle Tap Room)についてです。
004
友達にアップル・ピッキングに連れて行ってもらった際に、彼女の叔父様がプリンストン郊外に住んでらっしゃるので一緒にランチをという事に。私達があまりプリンストンの街を知らないため、街でも有名な歴史ある『ナッソーイン』の地下にあるタップルームをランチ処として選んでくださいました。

ナッソーインはその歴史を1756年まで遡るそうで、現在の建物が建てられたのも1938年とアメリカにしては歴史があるインとされています。場所もプリンストンのダウンタウンの真ん中にあり、コインパーキングも周りに沢山あるため、プリンストンの観光がてら立ち寄りやすいレストランでした。

『ヤンキー・ドゥードゥル・タップルーム』は酒場と名前が付いてはいても朝食から営業をしており、品の良いレストランです。私達が座った席は歴代のお客が悪戯にイニシャル等を彫り付けてぼこぼこになった木のテーブルの上にガラスを乗せており、歴史を感じつつも快適に食事を楽しめました。
005
メニューはベジタリアンの友達も選択肢が沢山あり、インド料理や基本のバーガー、パスタ等が並んでいます。タップルームというだけあって、樽生ビールだけでも相当な数がありました。

壁には過去にプリンストン大学を卒業した有名人の卒業写真が飾られています。残念ながら私はミッシェル・オバマ氏しか知りませんでしたが、有名な俳優さん等がいたようです。因みに叔父様ご夫妻によると昔はミシェル・オバマ氏の写真は飾られていなかったそうなので、有名になった人と都度入れ替えているのであろうとの事。

でも、なんといってもこのタップルームで有名なのは、その名の由来でもある1930年代にオーナーの依頼で画家ノーマン・ロックウェル氏が描いた大型の壁画『Yankee Doodle Mural』です。入口近くのバーセクションの壁に飾られていますので、訪れた際には忘れずにチェックを。
020
絵のタイトルとなっている『ヤンキー・ドゥードゥル』とは、アメリカ独立戦争時アメリカ軍(植民地軍)が歌っていた愛唱歌。描かれている情景は素人集団だったアメリカ軍の田舎兵士が、いきがってポニー(ロバ?)に乗って街を闊歩している様を、イギリス人や街の人達が嘲笑している様らしく。

でもノーマン・ロックウェルらしい、温かみのある情景として印象に残ります。子供がポニーのしっぽを引っ張っていたり、犬が走り回っていたり、古き良きアメリカという感じがにじみ出ていますし、嘲笑っている人達も冷たく馬鹿にしている感じではなくて、「見ろ!なんだあれ!?」とでも言っているかのようなあっけらかんとした感じです。

夜はわかりませんが土曜日のランチ時は適度に静かで、初対面の叔父様ご夫妻と落ち着いて話ができて雰囲気も良かったです。有名なレストランといってもべらぼうに高くもなく、私達夫婦がそれぞれメインを頼んで、ドリンクなしで約$32(TAX+チップ込)でした。

支払いをするとチェックに壁画の葉書が付いてきますが、ホテルのフロントにもインの説明や葉書が無料で設置されていますので、お土産に持ち帰ると思い出になります。また、ご夫妻によるとプリンストンのクリスマスのイルミネーションは格別に素敵だとのことですので、ホリデーシーズンに訪れるとまた別の楽しみ方ができそうです。

Yankee Doodle Tap Room
Ten Palmer Square Princeton, NJ 08542
TEL: 609.688.2600
メニュー等の詳細はレストランのHPにてご確認ください。

« 秋のリンゴ狩り | トップページ | バウムクーヘン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/57597675

この記事へのトラックバック一覧です: プリンストンの古き良きインでランチ:

« 秋のリンゴ狩り | トップページ | バウムクーヘン »