2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 貯水池近くのイーライズのデリ | トップページ | 映画『ずっとあなたを愛してる』 »

2015年4月22日 (水)

映画『Love Is in the Air』

朝は晴れている水曜日のニューヨーク。これから所により雷雨になるそうなので、準備をお忘れなく。

昨日イーストハーレムでバスに発砲される事件が起こりました。幸い怪我人はでなかったようですが、怖いですね…。そしてブルックリンでも2件の発砲事件が起こり、死傷者が出たとの事。安全になったとはいえ、ここはニューヨーク。今週末は方々に出掛ける予定なので、気を引き締めて行動します。

今日フロリダに移り住んだ友人カップルがニューヨークにやってきます。そして明日、ウィーンに移り住んだ友人カップルがニューヨークを訪れます。今週末は久しぶりに友達と集まれるので楽しくなりそう。体調がもって参加できるように祈るばかりです。
*******************************************
さて、今回はDVDで鑑賞したフランス映画『Love Is in the Air』(邦題:ラヴ・イズ・イン・ジ・エアー、原題:Ma vie en l'air ←このタイトルを直訳するとMy Life in the airの様な気がするのですが、グーグル翻訳をかけてもLove is in the airと訳されます。何故なのでしょうか?フランス語は難しいです・・・)の感想です。
002
相変わらず体調がイマイチなので、気楽に見られそうな映画を…という事で選んだラブコメ。2005年のフランス映画で、この作品が初長編だというレミ・ブザンソン(Rémi Bezançon)氏が監督・脚本を担当しています。

主人公はフランスの郊外に住んでいると思われる30代のヤン。航空会社でパイロットの養成をする試験官をしています。でも、彼は極度のフライト恐怖症。なんでも母親がフライト中に急に産気付き、彼を空の上で産み落とした際に命を落とした事がトラウマとなってしまったそう。でも、空の上で生まれた彼に、航空会社はいつでも無料で飛行機に乗れる権利をプレゼントしたため、彼さえ望めばいつでも気軽に空の旅を楽しめる境遇です。
001
彼には小学校からの腐れ縁の悪友リュドが居て、アパートになし崩しで居候されています。リュドは酒癖は悪いし、実家の葬儀屋を継ぐのが嫌で治験の検体になって小銭を稼ぐ日々を送っているし、パーティーに出掛ければ例外なく拳の喧嘩を始めるし、とできない男の代表みたい。でも、ヤンは「お前には呆れる」とぶつくさ言いつつ、楽しく生活しています。

ヤンには若い頃から信じている恋に関する信仰の様なものがあります。それは助手席にエスコートした後に、自分が車を回り込んでいる間に運転席側のロックを外してくれる女性が運命の女だ、というもの。たまたまパーティーに向かうエレベーターの中に閉じ込められた際に一緒だったシャルロットがこの条件に当てはまったので、彼女こそが運命の女と思い定めます。
004
が、彼女は3週間付き合った後、オーストラリアに旅立ってしまいます。ヤンはクリスマスを彼女と過ごすためにオーストラリア行きの飛行機に乗りますが、着陸直前に恐慌を来し飛び降りてしまいます。結果、シャルロットに振られてしまい、以降は適当に女性と関係を持っては別れることを繰り返します。

そんなヤンとダラダラと目的無く暮らすリュドが、理想ばかりを追い求めて目の前の生活に完全に向き合わない生き方から脱し、たった一人の相手と真剣に向き合い、そのために仕事にも向き合うようになる過程をコミカルに描いていました。

軽いタッチのコメディーですが、駄目な男代表のようなヤンとリュドが面白いキャラクターなので笑いながらも惹き込まれて最後まで観れました。なんとなく、『あー、こういう人、居そうかも』と思わせる人物設定なのです。
060
ヤンの過去の女性を理想化してしまうところとか、理想の生活を思い描いて満足していない現在の生活を何となく環境のせいにして逃げてしまうところとか、本当に欲しいものの為でもあと一歩の所で頑張れないところとか。女性の押しに弱くて、何となく「No」と言いそびれている内に疑問に思っている方向に流されてしまうところなんかは、夫と「あー、居そうだよね」と笑ってしまいました。全てにおいて判断が遅すぎて、色んな事が全て裏目に出るヤンのついて無さも、なんかありそうと思わされましたし。

くだらない、ヤンとリュドのうだうだとした会話がフランスっぽくて、2人が画面に出てくるたびに笑っていたように思います。そしてリュドみたいな友達がいたら頭が痛いだろうなぁと思う反面、そもそも友達って感じが良いとか、プラスになるとか、気を使ってくれるとか、付き合いやすいとかではなく、多くの欠点を知り、一緒にいるとイラつき、全くなんなんだとうざく思いながらも一緒に居る・・・というような存在だよな、と少し羨ましく感じました。
023
軽いタッチで描かれる駄目男2人の成長記。夫と2人で思いがけず気に入った作品でした。

« 貯水池近くのイーライズのデリ | トップページ | 映画『ずっとあなたを愛してる』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『Love Is in the Air』:

« 貯水池近くのイーライズのデリ | トップページ | 映画『ずっとあなたを愛してる』 »