2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« フロリダの夕日 | トップページ | フロリダ州クリアウォーター »

2015年6月 6日 (土)

フロリダ州セントピーターズバーグ

友達カップルを訪ねてフロリダ州にやってきました。彼女達はタンパ(Tampa)に住んでいますが、私達はセントピーターズバーグ(St. Petersburg)という街に滞在しています。
015
ニューヨークから2時間6分のフライトを経てタンパ国際空港に到着。そこから予約しておいたシャトルに25分乗ってセントピーターズバーグの宿へ。町を少しだけ散歩したり、友達にビーチに連れて行ってもらったりしましたので、ちょっとだけ様子をご紹介します。
009
朝から食事をしていなかったので、何はともあれデリにて昼食。ドアにサインがあったので反射的に反対のドアを掴んだら、びくともせず。あれ?と思ってサインを読んだら『このドアをお使いください』でした。NYCでは絶対『反対のドアをお使いください』って書いてあるので、小さなカルチャーショック。時差は無くとも、やはり遠い町です。
008
020
南部で是非見たいと思っていた呼吸根のある木。巨大でぶら下がっている根も立派。子供達がぶら下がって遊んでいました。
030
午後3時頃から雲行きが怪しくなってきたので、一旦宿に戻ると途端に雹と雷を伴う猛烈な雨が3時20分から降り出し。びっくりして窓に張り付いていたら、「座ってリラックスしながら見物しなさいよ~」と宿の女将さん。「すっごいですね!」と驚いたら、「ここらじゃ毎日地獄の扉が開いたみたいな雨が降るの。でも30分で『さっきのあれは何だったの?』って位カラッと晴れるから。雨が降ってる間だけ雨宿りすれば無問題。ハッピーアワー・シャワーって呼ばれてるの」とケロッとしてました。
036
そして2回目に通り掛かった女将さんの「あと10分で止むわよ」という予言通り、降り出してから30分後、予言から10分後にぴたりと止んで青空になりました。ニューヨークではevening thunder stormと忌み嫌われる大雨がこちらではhappy hour shower。この大雨を狙ってランニングをしている人も居て、地元民に愛されているようです。
025
大雨が歓迎されている理由のひとつが、止んだ後は湿気が治まり、凄し易い気候になるから。確かに雨が止んだ後は風が涼やかになって気持ち良かったです。
059
夕方、仕事を終えた友達カップルが車で迎えに来てくれ。歴史あるビーチ『Pass-A-Grille』に案内してくれました。外海と内海に挟まれた小さな岬の町は、美しいビーチで有名なのだとか。
075
077
079
080
081
桟橋に立てば、ペリカン等の鳥が飛び交い、イルカが沢山泳ぐ様を心行くまで楽しめます。私達は4匹が遊びながら泳ぐところをずーっと眺めました。
096
ここでは毎日夕日を見る為に何処からともなく人々が集まり…
105
日が水平線に沈むと静かに拍手が湧き…
101_2
浜辺にある鐘が打ち鳴らされます。のんびりとして素敵な習慣です。

097
地元の人が生きているヤドカリや貝、ヨシアナカシパン?等を見せてくれて、ちょっと気持ち悪くてキャーキャー言ったり。
118
ちっちゃなエイが浪打際を泳いでいた(多分)ので、固唾をのんで見守ったり。
114
魂の洗濯ができました。
130

« フロリダの夕日 | トップページ | フロリダ州クリアウォーター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/60277821

この記事へのトラックバック一覧です: フロリダ州セントピーターズバーグ:

« フロリダの夕日 | トップページ | フロリダ州クリアウォーター »