2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« セントピーターズバーグの宿 | トップページ | 本の循環を促すボックス »

2015年6月10日 (水)

タンパ・ベイ旅行の徒然

快晴の水曜日のニューヨーク。今日は昨日より湿度が低く、過ごしやすい1日になるそうです。最高気温は27℃。

フリーイベントも始まり夏本番といった感があるニューヨークですが、夏の楽しみの1つにガバナーズ・アイランド(Governors Island)で過ごす事があります。今年も各種アートが自然の中に展示され楽しめるようになったようです。サイクリングしたり、ピクニックしたり、マンハッタンを対岸から眺めたりとのんびり過ごせるので、時間を作って訪れたいと思います。

昨晩もイースト・ハーレムで、警官が発砲されたため2人の男を撃ったそうです。午後8時とそんなに遅い時間でもなかったので、ディナーに出掛ける際には比較的安全な地域を選んだ方が良さそうです。
************************************************
さて、今回はフロリダ州のタンパ周辺を旅行した徒然です。ニューヨーク生活と銘打ちながら関係ないことが続いていますが、今回が旅行記最終回です。
016
021

046
053
061
062
002
006_2
003
009

南国らしい色鮮やかな花が至る所に咲いていました。

058

友達に車で連れて行ってもらった歴史あるビーチ『Pass-A-Grille』。観光地らしくトロリーが走っています。

060
093

お土産物屋やレストランが少しだけあり、1950年代のハネムーンのメッカ的雰囲気を漂わせています。フロリダは食文化が若干貧困な印象を持ちましたが(ニューヨークが恵まれすぎているだけだとは思いますが)、ここで入ったベジタリアンレストランはとっても美味しかったです。因みに、友達も空港で雑談した男性も「フロリダの寿司はとっても不味い」という意見で一致。

086
088

セントピーターズバーグはアーティストが集まる町としても有名。そのせいか、パス・ア・グリルの家もアーティスティック。

113

このビーチは今回の旅行で訪れたビーチで一番水が澄んでいた…うーん。フォート・デ・ソトも澄んでいたので、どっこい、どっこいでしょうか?日が沈むとあっという間に水が冷たくなるのも自然を感じました。

128

波打ち際にはヤドカリや貝なんかが沢山居て、不思議な模様を残しながら動き回っています。綺麗な貝も沢山あるので、私は思い出に1枚持ち帰ってきました。

094
116
102
120
134

この日の夕日は見事でした。

047
085

冬の間には発電所の近く等、水温が高い所に集中するのでマナティー(manatee)が見やすいそうです。が、夏にも散らばって泳いでいるようなので、運が良ければ見れるのでしょう。マナティーを見たいのであれば、冬の間にタンパを訪れた方が良さそうです。

083

ボートの給油所。釣りをする人も多く、ペリカン等の鳥が沢山居ました。この周りを4匹のイルカがずっと遊びながら泳いでいて、イルカウォッチングも満喫。

007

セントピーターズバーグのダウンタウンの裏道(alleyway)には南部の歴史ある煉瓦工場から運ばれた煉瓦が敷き詰められています。私達はオーガスタ煉瓦しか発見できず残念。これはHarlem, GAにある1902年創業の GEORGIA VITRIFIED CLAY CO.という会社の煉瓦。他にもボルティモア、バーミングトン・アラバマ州、ロビンス・テネシー州、ロックマート・ジョージア州産の煉瓦が見れるそうです。

023
008
009_2
010_2
011

セントピーターズバーグはアーティストの街。ダウンタウンのあちこちにパブリックアートがあります。

022

著名なガラス・アーティストのDale Chihuly氏の作品を紹介する美術館やギャラリーがセントピーターズバーグには2つあります。とても観たかったのですが、時間が取れず。ダリ美術館も知り合いに勧められていたにも関わらず行けず。残念です。
007_3
セントピーターズバーグもダウンタウンエリアを運行するトロリーバスが。

002_2
035_2

タンパベイ・エリアを移動する際には湾を突っ切ることが多く、長ーい橋から水に囲まれた絶景を存分に楽しめます。自然破壊してる…という罪悪感を感じる事も多い訳ですが。

019
011_2

島も沢山あり、其々にビーチがあるようです。ビーチ好きの友人カップルは毎週新しいビーチを探索しては、冒険を楽しんでいます。ビーチ好きな方には良いバケーション先です。

036

今回のお土産。集めているマグネットはフロリダの地図。パス・ア・グリル・ビーチで友人が拾った貝と宿で必要に迫られて夫が買ったキャップ。そしてカヤックの受付でこちらも必要に迫られて購入したサングラス。

015

とても楽しい旅でした。友達には感謝、感謝。

007_2

« セントピーターズバーグの宿 | トップページ | 本の循環を促すボックス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/60329072

この記事へのトラックバック一覧です: タンパ・ベイ旅行の徒然:

« セントピーターズバーグの宿 | トップページ | 本の循環を促すボックス »