2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« メイン州ポートランドでの食事① | トップページ | メイン州ポートランドのカフェ① »

2015年8月17日 (月)

メイン州ポートランドでの食事②

連日快晴のニューヨーク。日曜日の今日も朝から晴れています。週間予報では、火曜日頃雨になると予想しています。そのため月曜日から徐々に湿気が出てくるとの事。暑さは週半ばまで続くそうなので、明日から汗だくの移動になりそうですね…。

友人がフェイスブックに「I'm 97% sure you don't like me, but I'm 100% sure I don't care」という言葉をアップしていて夫と朝から笑ってしまいました。ボランティアをしていると色んな人が居て、楽しい思いを沢山させて貰える反面、嫌な人にも結構遭遇します。そんな時、ボランティア仲間のI don't care!という態度に感嘆することが多くあります。自分をしっかり持ち、敵を作ることを恐れない。行き過ぎるのはどうかと思いますが、見習いたいと思う部分の1つです。
***************************************************
さて、今回もメイン州ポートランドでの食事備忘録の続きです。ニューヨーク生活と銘打っているにも関わらず関係ない記事が続き申し訳ないです。あと数日お付き合いください。

ニューアメリカン・タパス料理『Central Provisions』
このお店はWEB上で人気が高いことは感じていたのですが、トロリーツアーのガイドさんが「賞を受賞したレストランで、とっても美味しいとポートランドで人気があります。機会があったら是非食事してみてください」と仰っていたので、ツアー後に訪れました。観光の中心であるオールドポートのど真ん中にあるので、便利な立地(但し、オールドポートは駐車場が少なく、車で訪れると頭が痛いらしいです)。
022
我々が入店したのはバケツをひっくり返したような土砂降りのランチ終了間際。そのためカウンター席に直ぐに座ることができました。ランチは午後3時でいったん終了し、ディナーに向けて閉店してしまいますが、その説明がラストオーダーのコールまでなく。入店時点にその説明が欲しかった…。
014
このお店もカジュアルな創作アメリカ料理店で、小皿でお料理が供されます。地ビールや地元のワインもそれなりに揃っていますので、ビールやスパークリングワインと共に食事を楽しみました。シーフードに特化している訳ではありませんが、なるべく地元の食材を使って献立を組み立てているようで、それなりにシーフードのメニューがあります。
017
ここの料理にも和食の影響が随所に感じられました。個人的にはポートランドで食べたレストランの中で、ここの食事が一番印象に残っています。白身魚のサンドイッチに入っていた魚の新鮮さはこの旅行中に食べたシーフードの中でぴか一でした。
019

黒酢みたいな酸っぱさのビール。これは流石に半分でギブ。アラガッシュのビールとスパークリングワインは美味でした。

015

地元産のスナップエンドウ&インゲンマメを生のまま味噌、柚子、ネギ等で和えた料理。豆の青臭さが濃いめの調味料で上手く消されていて、驚きの美味さでした。

016

カルパッチョもどき。お魚は新鮮でしたが、私の好みからすると少し油がのり過ぎ。『Eventide Oyster Co.』でも外人さん達が美味しそうにお刺身を食べていましたし、すっかり市民権を得ているんですね、ニューヨーク以外でも。

018

青魚が大好きな私にはたまらない一品。手作りされているのがひしひしと伝わる味で、ビールにとても合いました。

021
以上で$82.28(TAX+チップ込)でした。お酒を3杯も飲んでいますので、少し高めになっていますが、料理の質からいって納得の値段設定でした。これで店員さんがもう少しフレンドリーなら言うことなしでした。

Central Provisions

414 Fore St

Portland, ME 04101
メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

人気のホットサンドレストラン『Duckfat』
ネット上で人気・評価共に高かったホットサンドがメインのレストラン。こちらも1日通して予約を受け付けていませんので、運試しをするしかありません。我々はサンドイッチのお店なのだから夜の方が空いているのでは?という予測の下、月曜日の夜6時頃訪れました。
133
お店の方は15分待ちだと言っていましたが、ビーパーを貰ってスーパーで物色していたら直ぐに呼び出しが。結果的には5分程で座れました。店内には大きなカウンター席とテーブル席が数席。外にもテラス席が用意され、ひっきりなしに人が訪れ、カジュアルな店内は人の熱気で溢れていましたが居心地抜群でした。
127

このレストランでも勿論地ビールをオーダー。1つはジャーに入ってきました。

128

お水も空き瓶っぽい雰囲気の瓶とジャーに入って出てきました。壁は煉瓦で、家具は温かみのある木。ニューヨークにもありそうな雰囲気のお店です。

129

ポテトフライが美味しいらしく皆さん頼んでいましたし、地元のグルメ紙でも勧められていたのですが、旅行中はどうしても野菜が不足しがちになるので、あえての地元産の野菜で作られたサラダ。とっても新鮮でした。

130

カウンター席の前にはワード・マグネットが。皆さん思い思いに、詩作に挑戦。

131

当日のお奨めメニューに載っていた蟹のパニーニ。蟹が苦手な私でも大丈夫な新鮮さ。

132

レギュラーメニューから頼んだミートローフのパニーニ。美味!

店員さんはテキパキとしつつもとってもフレンドリーだし、ビールも食事も美味しいし、大人気なのが頷けます。週末にはとても混むようなので、テイクアウトして食べる方も多いようでした。近くのホテルに滞在しているのであれば、それも良しかも?でも、店内の居心地がとても良いので、平日の開店直後に訪れることができるとベストかもしれません。

以上で$63.81(TAX+チップ込)でした。

Duckfat

43 Middle St

Portland, ME 04101
メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

« メイン州ポートランドでの食事① | トップページ | メイン州ポートランドのカフェ① »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/61202122

この記事へのトラックバック一覧です: メイン州ポートランドでの食事②:

« メイン州ポートランドでの食事① | トップページ | メイン州ポートランドのカフェ① »