2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« メイン州ポートランドのカフェ③ | トップページ | ポートランド徒然 »

2015年8月20日 (木)

メイン州ポートランドの宿

雲が多い木曜日のニューヨークですが、雲の合間からは青空が覗いています。夜中まではこのまま曇りの予報で、湿度が比較的高いムシムシする1日になりそうです。夜中には雷雨になるそうなので、明日は湿度が下がるでしょうか。洗濯ものの乾きが悪くて困ります。

ウィーンに住む友達カップルが、今日からオーストリア周遊の旅に列車で出掛けたとフェイスブックに綺麗な車窓の景色をアップしていました。これから2週間旅行を楽しむよう。ヨーロッパの人達が年末年始に1か月、夏の初めに1週間、夏に2週間、秋に1週間とか休むのを見ていると、一体全体共働きでどうやったらそんなことができるのかといつも不思議な気分になります。

私達から見たら沢山休みを取っているように見えるアメリカ人と喋っていても、「ヨーロッパの人達は凄く沢山休暇を取るからねー。仕事に対する規律も甘そうだし」と言ったりします。彼女たちの生活を見ていると、『そりゃー、違法でも移り住みたいと思うよね…』と思ったりします。命を落とす人も続出しているので、そんなのんきな問題ではないことは百も承知なのですが。
*****************************************************
さて、今回はメイン州ポートランドで泊まったB&B『West End Inn』のご紹介です。
001_2
この宿はその名の通り、ポートランドがある半島の西の端(空港側)にある静かな住宅街ウエストエンドの一角にあるベッド&ブレックファーストです。ポートランドの町がある半島自体が小さく、端から端まで歩いても1時間程で車が無くても何とか観光が可能。ですが、観光の中心地であるオールドポートから徒歩30分掛るので、車を持っておらず散歩が好きでない方にはお勧めできません。

でも私達みたいに散歩が好きで町の色んな顔を知りたい向きにはピッタリ。アートディストリクトやウエストエンドは新しいカフェやレストランが沢山並ぶ地域でもあるので、静かな環境の割には外食にも困りません。
042
この宿を選んだのはフロリダ州セント・ピーターズバーグでB&Bに宿泊したらオーナーとの雑談が殊の外楽しかったため。朝ごはんの為に外出しなくて済むのも楽ですし、オーナーとお喋りすると地元の人と労せずして会話ができて旅の醍醐味が味わえると感じたからです。

ポートランド、殊にウエストエンドにはB&Bが沢山あるようですし、車をお持ちの方でしたら少し離れた場所にも選択肢が沢山あるようです。その中からこの宿を選んだ一番の理由は朝食が美味しそうだったことと、部屋がそれなりに広く居心地がよさそうだったから。
001
また滞在して初めて気付きましたが、常時共有リビングにコーヒーとティーバッグ用のお湯が入ったポットが用意されており。冷蔵庫の中にはミルクやスパークリングウォーター等があります。また、手作りのクッキーが入ったジャー、プレッツェル、レーズン、ナッツ等のスナックが置かれており、いつでも好きな時にティータイムを楽しめます。

リビングには本棚が用意されており地域のガイドブックも置かれていますので、私達のようにガイドブックを持ってこなかった人でも情報を入手できます。また、朝食時にはオーナーがちょっとした雑談の時間を取ってくれて、レストランのお奨めやアクティビティーの相談なんかにのってくれます。オーナーは物静かですが、親身に相談にのってくれる方でした。
002
私達が滞在した部屋はそれなりに広く、デスクやクローゼットがあったので、カードを書いたり洋服はクローゼットに移し替えたりと寛げました。腰が悪い2人にとっては適度に固い寝心地の良いベッドが非常に有難くもありました。

その部屋にはポーチが付いており、それが選んだ理由でもあったのですが、メインの涼しい風に吹かれながらポーチで読書をしたり、ぼーっと考え事をしたりするのは至福の時でした。残念ながら2日間は雨で全くポーチが使えませんでしたが、晴れている時はポートランドの生活を少しだけ味わうことができます。散歩をすると人々がポーチでのんびりしていた気持ちがよく理解できました。
003
毎朝メイン州名物のブルーベリーパンケーキと、オートミールはメニューにありますが、その他2つのメニューは日替わりですので朝食に飽きることもありません。フルーツジュースや牛乳、ヨーグルトなんかはおかわり自由です。前菜はフルーツカクテルか野菜ジュースから選べます。初日はフルーツカクテルを頼んだのですが、夫がオーダーした野菜ジュースが美味しくて、次の日から2人で野菜ジュースを飲んでいました。

マンハッタンと比べるので余計にそう思うのでしょうが、閑静な住宅街なだけに夜は凄く静か。暗闇と静けさに誘われて、毎晩9時には就寝。宿の方が朝食を準備する音で自然と7時前に目が覚めるという至極健康的な毎日を過ごしました。これもメインらしさを味わえたという満足感に繋がっているのでしょう。
003_2
朝食は午前8時~9時半までと時間制限が厳しいですし、観光には少し不便な場所にありますが、それでも大満足の宿でした。歴史的建造物に指定された地域に馴染んだ建物に滞在できますし、お勧めの宿です。

West End Inn
146 Pine Street
Portland, ME, 04102, USA
部屋の詳細等は宿のHPにてご確認ください。

« メイン州ポートランドのカフェ③ | トップページ | ポートランド徒然 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/61256549

この記事へのトラックバック一覧です: メイン州ポートランドの宿:

« メイン州ポートランドのカフェ③ | トップページ | ポートランド徒然 »