2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ロードアイランド州の豪邸街 | トップページ | ボストンで友人と食事 »

2015年9月16日 (水)

プロビデンスのウォーターファイヤー

水曜日も快晴のニューヨーク。今日も最高気温は29℃まで上がる予報で、暑さと日差し対策が必要です。湿度が低そうなのがせめてもの救いでしょうか。

ロングアイランド鉄道の線路で貨物列車が脱線。線路をブロックしている影響で、電車がキャンセルされたり、大幅な遅延が生じていることが朝から繰り返し報道されています。ロングアイランド鉄道を利用して通勤する人も多いので、通勤の足にも影響が出た事でしょう。依然として車両の撤去作業中とのことですので、ロングアイランド方面に出掛ける予定がある方は事前のチェックが欠かせません。

昨日の午前5時頃、ブルックリンのコブルヒルで女性がレイプされそうになる事件が起こりました。紐で首を絞めたうえで、ナイフで服を切り裂こうとしたとか。段々と日が短くなってきましたので、早朝や夕方のランニング等には注意が必要です。今回の被害者は外で涼んでいただけの様ですが。
****************************************************
さて、今回はロードアイランド州にある学生の街プロビデンス(Providence)で開催されているウォーターファイアー・フェスティバル(WaterFire Providence)のご紹介です。
093
このお祭りはプロビデンスのダウンタウンを流れる川に焚火が焚かれ、音楽に合わせて灯りがカヤックで灯されるという単純なもの。1994年にアートプロジェクトとしてBarnaby Evansさんというアーティストが初めて行い。とても人気だったので1996年にNGOを発足。以来、順調に客足とスポンサー数を伸ばし、多くのボランティアに助けられながら毎年行われる人気イベントへと発展したとの事。
126
とは言え、ニューヨークに住む我々は聞いた事もなく。ボランティア仲間のブラウン大学を卒業した女性は、「プロビデンスは田舎町。大学を卒業したら皆職を求めて都市に出ちゃう」とだけ言っていました。
118
今回このイベントに連れて行ってくれた友人は、ブラウン大学の大学院に通うためにプロビデンスに住んだ事があり。10年以上前このお祭りを見て甚く感動したので、今回パートナーと私達に見せたいと連れて行ってくれたわけです。
122
フェスティバルは単純で、日が落ちるとともに黒装束をまとった人達がボートで川に設置された100近い松明に火を点けてゆくだけ。川の周りには食べ物の屋台が並び、ウォーターファイヤーのグッツを売るテントがあり、寄付をすると飾ることができる紙灯篭が公園に並べられています。
071
私達は日が落ちる前にプロビデンスに到着したので路上駐車できましたが、駐車場は値が張りそうでしたのでご注意を。また、夜になるとファンシーなレストラン以外は皆閉店してしまい、お手頃そうなハンバーガーショップに入ろうとしたら30分待たされましたので、予め夕食の目途を付けておくが吉です。
120
このフェスティバル。川に松明が並んでいるだけなのに、とても心に残りました。ボストンから1時間掛けて行った甲斐がありました。水面に映る炎とか、パチパチと木が爆ぜる音とか、何より焚火が燃える香りとかに色んな記憶が呼び起され。
117
友人カップルとキャンプの思い出を語ったり、只じっと炎を見つめたりして、随分長い時間を川べりで炎を見つめて過ごしました。
110
毎年5月~11月に掛けて開催されていますので、機会がありましたら是非。

064

火を点ける前はこんな感じです。手前の黒装束の人達が火を点けていきます。

087

9/11が近かったので国旗は全て半旗。焚火や紙灯篭が鎮魂の為に灯されているように見えました。

058
114
097
072

毎年テーマが変わるそうですが、今年は何故か鯉のぼりに電飾を付けた物がカヤックで川を行ったり来たりして祭りを彩っていました。

073
074

大道芸の人々も登場。この女性は彫像のように動かないのですが、チップを入れると占いが書かれた紙を優雅に渡してくれます。

095

« ロードアイランド州の豪邸街 | トップページ | ボストンで友人と食事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/61641143

この記事へのトラックバック一覧です: プロビデンスのウォーターファイヤー:

« ロードアイランド州の豪邸街 | トップページ | ボストンで友人と食事 »