2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« SoHoのストリートアート | トップページ | 映画『シェフと素顔と、おいしい時間』 »

2015年10月23日 (金)

ブライアントパークのハロウィーンデコレーション

朝から快晴の金曜日のニューヨーク。今日はこのまま快晴が続き、気温もこのままあまり上がらず。最高気温も15℃と昨日までに比べると大分涼しくなりそうです。秋らしく気持ちの良い1日になりそうですね。

友達カップルはセドナに到達したよう。私はセドナに行きたいと思い続けているのですが、あそこら辺って車がないととっても不便そうなんですよね…。丁度2重にかかっている虹が見えたようで、美しい写真をフェイスブックにアップしてくれました。彼女達のお蔭で本当に楽しい疑似アメリカ縦断&横断体験をさせてもらっています。

WEBマガジンの『Gothamist』がニューヨーク発の洋服ブランドの特集をしていました。地元の若くてやる気のあるデザイナーさんを応援したい方や、ニューヨークの思い出に洋服や小物を買い求めようと思っている方は参考になるかもしれません。
***************************************************
さて、今回は着々とウィンターヴィレッジの準備が進むブライアントパーク(Bryant Park)のハロウィーンのデコレーションのご紹介です。
004
毎年同じようなハロウィーンのデコレーションがされるブライアントパーク。クリスマス時期のデコレーションでも思いますが、毎年変わらないお馴染みの物があるのも、なんか良いんですよね。
006
現在はウィンターヴィレッジの工事が急ピッチで進んでいるのでいつもほどのどかではありませんが、それでも子供達がメリーゴーランドに乗ったり、テーブルで絵本を読んで貰ったりして楽しんでいました。
008
そんな風景をご紹介です。
015

ブライアントパークのメリーゴーランドには毎年恒例のハロウィーンデコレーション。

016

ヘッドレスホースマン(スリーピーホローで有名)が居たり…

013

ゾンビや魔女が居たり…

014

蜘蛛の巣がはっていたり…

010
012

お化けがいたり。

011

ごみ箱にも蜘蛛が。

005

今は鬼のお面等が置かれているのでハロウィーンのデコレーションという事になっていますが、それらをどかせばそのまま感謝祭のデコレーションになりそうです。

003
018

ポーチやレストランの前にも巨大なかぼちゃと麦藁のデコレーション。ずんずんホリデーシーズンが前倒しされていますが、感謝祭迄は秋だ!とかぼちゃを見ながら自分に言い聞かせています。

« SoHoのストリートアート | トップページ | 映画『シェフと素顔と、おいしい時間』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブライアントパークのハロウィーンデコレーション:

« SoHoのストリートアート | トップページ | 映画『シェフと素顔と、おいしい時間』 »