2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 映画『シェフと素顔と、おいしい時間』 | トップページ | 本『Humans of New York: Stories』 »

2015年10月26日 (月)

街角のハロウィーン風景

朝から雨の日曜日のニューヨーク。でも午後には雨が止み、夕方からは晴れ間も覗くようです。折角の紅葉狩りの時期に天気が悪くて残念ですが、綺麗な紅葉を楽しむ為には恵みも雨も必要ですから仕方ないですね。

2週間程前、ブルックリンを家族連れで歩いていた男性が若者に「アラビア語を話しているから」という理由で刺される事件が起きました。午後2時という昼日中、道で堂々と行われた犯行だそうです。ヘイトクライムが後を絶たないのも、経済が上向かないせいなのでしょうか…。

アメリカ横断の旅を続けていた友達カップルもとうとう昨日が最終日だったようで、ジョシュアツリー国立公園を冒険する写真をアップしていました。ジョシュアツリーは若かりし頃U2のアルバムのタイトルになって写真を見てから憧れている国立公園。高校時代の友人がロッククライミングのキャンプに出掛けて雄大な自然を楽しんだ話をしてくれたので、余計に憧れています。一度は訪れてみたいものです。
******************************************************
さて、今回はここ最近で撮り溜めたニューヨークの街かど風景、殊にハロウィーンの準備の様子をご紹介します。
016

先ずは2015年11月13日まで開かれている食べ物の屋台村である『Broadway Bites fall 2015』の軒先で見つけたゴースト。

024

ハロウィーンとは無関係ですが、最近とっても明るくて綺麗な月が楽しめます。夕方でもこの明るさ。

031
036
037

2015年10月24日(土)は、毎年恒例ハイラインのハロウィーンイベント『HAUNTED HIGH LINE HALLOWEEN』でした。今年はお子さんがいる方しか入れないハロウィーンのエリアが設置されていたので様子が分かりませんでしたが、いつもより混雑しなかったのではないかと思われ。毎年少しずつ進化を遂げているのだと感心しました。

030

写真を撮れないのが残念でしたが、ハイラインにはフェイスペイントした子や家族揃って仮装をした気合の入ったファミリーとかが沢山居て楽しい雰囲気でした。

042

私がマンハッタンで一番好きといっても過言ではないお気に入りの通りWest 4th通り。家じゅう目玉のデコレーションがあったり。

043
044

巨大な吸魂鬼(ハリーポッターに出てくる邪悪な生き物で、人の魂や生気を吸い取る。ディメンター)やひょこひょこ動くゾンビがいたり。

045 047
049

玄関前の階段には様々なジャック・オ・ランタン(Jack-o'-Lantern)やパンプキン。

050

テラスの手すりにも。危なくないのでしょうか…?

046

ジャック・オ・ランタンがぶらんこしてたり。

048

巨大なジャック・オ・ランタンがいたり。

055

こちらはニューヨーク大学近くにあるコミュニティーガーデンのかかし。ハロウィーン風になっています。

052

« 映画『シェフと素顔と、おいしい時間』 | トップページ | 本『Humans of New York: Stories』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街角のハロウィーン風景:

« 映画『シェフと素顔と、おいしい時間』 | トップページ | 本『Humans of New York: Stories』 »