2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 40歳のサプライズ誕生日会 | トップページ | 秋最後のセントラルパーク散歩 »

2015年11月30日 (月)

ウィーン土産

現在は雲に覆われていますが、10時以降は晴れる予報の日曜日のニューヨーク。本来はボランティアに顔を出すべきだと思いつつ、この週末はのんびりさせて貰います。今日も夫と2人で散歩をしたいと考えていたので、良い天気になりそうで一安心。最高気温は11℃と低めですが、それもまた散歩には気持ち良し。

ニューヨークではスモールビジネス・サタデーが段々と定着してきたようで、昨日は地元密着型の小さなお店が繁盛したそうです。ブラックフライデーは兎に角凄い人でゆっくりと買い物ができませんから、良い傾向です。

とは言え、今年はサイバーマンデーを待たずにブラックフライデーからネットでの大安売りが始まり、4日間に亘ってずっと割引が続くお店が非常に増えました。お蔭で消しても消しても広告メールが入ってきて、ほとほとうんざりしています。

まぁ、毎年恒例で好きな紅茶を注文しようと考えていますが…。
****************************************************************
さて、今回はウィーンの友人から頂いたウィーン土産のご紹介です。
018
ウィーンから訪れる度に小さなお土産をくれる友達カップル。渡す人数が多いのでばらまき形のお土産を人数分買って持ってくるのも大変だと思うのですが、毎度必ず気持ちだけでも持ってきれくれます。

よく貰うのはスイス発祥のチョコレートである『ミルカ』(Milka)。これはニューヨークでも購入できますし、ウィーン特有のものでもありませんが、ウィーンっ子の友人にしてみればオーストリアの子供は皆食べて育つ庶民の味といった感覚なのだそうです。
019
チョコレートでよく貰うお土産に、『Pischinger』のチョコレート菓子もあります。この会社の作るチョコレートでコーティングしたウエハースはホエリゲを訪れたら〆に必ず食べるという習慣がウィーンにはあるそうで。以来、彼女達を訪れる我々外国人の間でもホエリゲで食事をしたら〆にチョコレート菓子が定着。お土産に頂くと楽しい時間を思い出して幸せになれます。

たまに貰うお土産にウエハースの『マンナー』(Mannner)があります。これは日本でもお馴染みですね。ニューヨークでもあちこちで入手可能ですが、わざわざ本場から運んでもらうと嬉しいものです。
016
そして今回のお土産はオーストリアのジャムメーカーであるらしい『Staud's Wien』のジャムセットとオーストリア最古のワイナリーらしい『シュルンベルガー』(Schlumberger)のブリュットの小瓶。

30人分のお土産だったので運んでくるのが大変だったようですが…しかも瓶だし…いつも新しいお土産を探してくれて感謝です。何処に住んでいても段々お土産のネタが尽きてきて困るんですよねぇ~。でも、友達カップルのお蔭でウィーンの味を徐々に知ることができて嬉しいです。
009
去年の夏にウィーンを訪れた際とっても素敵だったグリンツィングのホエリゲに、紅葉が綺麗な盛りに行って楽しんできたと彼女達が教えてくれました。いつかまたホエリゲでテーブルを囲みたいものです。

« 40歳のサプライズ誕生日会 | トップページ | 秋最後のセントラルパーク散歩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/62739271

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン土産:

« 40歳のサプライズ誕生日会 | トップページ | 秋最後のセントラルパーク散歩 »