2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ロックフェラーのクリスマスツリー | トップページ | カーネギーでホリデー・ピアノコンサート »

2015年12月29日 (火)

バルサザールのブッシュ・ド・ノエル

朝から雨の火曜日のニューヨーク。午後1時以降は雨が止んで曇りになるようですので、用事は午後にして午前中は家事を済ませてしまうつもりです。昨日は久し振りに午前中青空が広がり真冬の気温でしたが、今日は最高気温が11℃。朝晩は冷えそうですが、午後の冷え込みは少し和らぎそうです。明日も曇りの予報ですが、雨は降らないよう。明後日から新年に掛けては晴れるようです。

年末年始は1月1日しか会社が休みにならないアメリカですが、今年は1月2日と3日が丁度週末になるので、3連休ですね。少しはのんびりできそうで、疲れが溜まってると言って止まない夫も少しだけ息が抜けると期待しています。

連日大掃除に取り組んできましたが、昨日やっと全ての大掃除が完了しました。長い道のりだった…。でも大掃除に取り組んでいる間に、部屋中に埃が溜まってしまったので本日は通常の掃除をしなければなりません。アイロン掛けする物も溜まってますし。

昨日はクリスマスツリーを入れる袋をアパートから貰ってきて、全てのオーナメントを片付けた後にツリーを袋詰めして。スーパーさん(用務員さん)に頼んでツリーを撤去してもらったり。窓に張り付けていたデカールも片付けたり。必要な洋服を買いに出掛けたりと大忙し。日曜日には、住んでいるアパートで働いている人達にホリデーのお礼のチップを渡すためにカードにメッセージを書いてはお金を詰める作業を行いましたし…ホリデー関連の用事も昨日で完了しました。

が、郵便局で15分並んでやっと窓口に辿り着いたら、「あら、ごめんなさい。国際郵便の切手は売り切れちゃいました。買いたければ本局に行ってください」と言われ。『何処かに書いて貼っておいてくれよ!』とプリプリしつつ、「This is America…」と溜息をつき。仕方ないので、午後に雨が止んだら本局にリベンジに行くつもりです。はぁ。
***********************************************************
さて、今回は珍しくクリスマスにケーキを購入した徒然です。
014
日本に居る時からクリスマスに木の枝風のケーキである『ブッシュ・ド・ノエル』(bûche de Noël)を一度食べてみたいと思っていました。が、大抵2人では食べきれないような大きなサイズばかりだし、1人や2人用の小さなケーキは年輪が付いていなかったりで雰囲気が出ないし…ということで、今まで買いそびれてきました。

今年は久し振りに旅行もしない2人だけの静かなクリスマスという事で。もう直ぐニューヨークを出るかもしれないから、やりたいことは全てやっておこうというモードに入っていることもあり、とうとう巨大なブッシュ・ド・ノエルを購入しました。
015
買ったお店はSoHoにある『バルサザール』(Balthazar Boulangerie)。クリスマス・イヴに近くでボランティアをしていたのでついでに立ち寄れること、クリスマスシーズン前にクリスマス特別メニューのお知らせメールが届いたこと、数年前にニューヨークで販売されているブッシュ・ド・ノエルを全て購入して食べ比べた男性2人の批評記事を読んだことがあったのですが、その二人が一番気に入っていたのが『バルサザール』のケーキで、理由が『一番古典的で懐かしい味だから』というものだったこと、が理由。

お知らせメールで$70もすることを知っていたので覚悟はしていたものの、実際目にすると巨大で怯みました。が、買うと決めていたので注文。クリスマスは閉店しているので、購入したのはクリスマスイヴの閉店間際である夕方です。
013
するとお店の人が「All Right!」とハイ・ファイブでもしてきそうな勢いで叫んで喜んでいました。歩合制なのでしょうか?食べた感想は、『ロールケーキは美味しいんだけれど、周りのチョコレートの飾り部分が濃厚過ぎる…』というもの。夫に至っては「ロールケーキも甘すぎる。少ーしで十分」という事で、未だにちびちびとケーキを食べる毎日を送っています。

クリスマスまで食べたら、後は凍らせようと思っていたのですが、スポンジケーキに洋酒がたっぷりと浸み込ませてあって、冷蔵庫に入れただけでも問題なく保存できています。一度食べて大満足したので、もう一生ブッシュ・ド・ノエルは買わないかも…。
016
大人数のパーティーで、皆でワイワイ言いながら開けたり、切り分けたりする類のケーキだと痛感しました。

« ロックフェラーのクリスマスツリー | トップページ | カーネギーでホリデー・ピアノコンサート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルサザールのブッシュ・ド・ノエル:

« ロックフェラーのクリスマスツリー | トップページ | カーネギーでホリデー・ピアノコンサート »