2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« サウサリート散策 | トップページ | ジャパニーズ・ティー・ガーデン »

2016年1月11日 (月)

アノヌエヴォ州立公園でゾウアザラシ観察

朝から強い雨が降っている日曜日のニューヨーク。でも悪天のお蔭で寒気は弱まり、最高気温は16℃まで上がる予報。今年は気温の変動が激しいですね。でも明日からはまた寒いようですので、風邪など引かないようにお気を付け下さい。今日の午後6時以降は曇りの予報で、雨は止むようです。夕食は外食できるかなぁ…。

かくいう私はまんまと風邪をひいて3日間寝込んでいました。最低限の家事を済ませたら、ただひたすらベッドで唸る日々。元々乗り物酔いにもなりやすく、体が凄く移動が嫌いみたいなので、大抵旅行から帰って安心すると体調を崩します。夫にも度々迷惑を掛けて申し訳ない限り…。ボランティアも休んでしまったので本日埋め合わせようかと思っていたのですが…また雨に濡れて風邪がぶり返したら困るので家で大人しくするつもりです。

こちらの週間天気予報は当てになりませんが、今の所来週末は二日とも雨/雪の予報。この冬はまだ一度も雪が降っておらず、それはそれで気持ち悪いので、何となく楽しみなような。
*********************************************************
さて、今回はサンフランシスコ旅行の備忘録の続きですので、またニューヨークの情報は皆無です。本日は『アノヌエヴォ州立公園』(Año Nuevo State Park)でゾウアザラシ(Elephant Seals)を見た旅行記です。
071
アノヌエヴォ州立公園は、美しい灯台が見られるPigeon Point Light Stationから車で10分程走った場所にあります。広大で美しい砂地に生える草原が楽しめる公園なのですが、感謝祭から3月位までの間、ゾウアザラシが毎年出産の為にビーチに住みつくことで有名です。

064
その中でも体の大きなオスと出産を終えたメス、そして生まれた子供が勢ぞろいする1月中旬~2月中旬にかけてがゾウアザラシ観察のベストシーズンとの事。12月頭頃この州立公園を訪れてゾウアザラシを見た友達カップルが、体長4.5メートル、体重2,000キロにも及ぶオスが訪れるという話をレンジャーに聞いて、私達にも見せたいと連れて行ってくれたわけです。
079
前回友達カップルが訪れた際にはツアーに乗らずとも勝手に砂浜迄歩いて行けたそうですが、我々が訪れた1月頭にはツアーに乗らないと砂浜に近づくことができないと言われました。午後2時半頃到着したのですが、既にツアーは予約で一杯。最終ツアーは2時45分発で、その日は乗ることができないと断られました。ゾウアザラシを見たいとご希望の方は、ネットで調べて予約が必要な時期であれば予め予約しておくことをお勧めします。
061
見れないと言われてがっかりしていたのですが、友人が「2人だけでもなんとかなりませんか?12月に訪れた時にはツアーに乗らなくても良かったので、予約が必要だって知らなかったんです。友達は日本から訪ねていて、是非見て貰いたいんです。」と交渉してくれ。窓口のレンジャーさんが、「そんなに遠くから訪ねてくれてるなら」と特別に我々4人をツアーに参加させてくれました。チケットは$7/人です。
076
ツアーは先ずガイドさんがいる場所まで歩いて到達するところから始まります。チケットを買ったギフトショップ(駐車場から直ぐの場所)から、ガイドさんの待つゲートまでも草原を歩くこと20分位掛ります。そこまでは各々バラバラに歩いて行き、ゲートでチケットが集められます。
087
そこからは要所・要所でガイドさん(厳しい試験をパスし、訓練を受けたボランティアの方達)がアノヌエヴォ州立公園がスペイン人に発見されてから州立公園になるまでのざっとした歴史やゾウアザラシの生態について分かっていることなどを説明してくれます。ゲートからゾウアザラシの居るビーチまでも25分程ひたすら歩きます。結構な距離を最後は砂浜に足を取られながら歩くことになるので、ハイキングブーツ等歩きやすく、砂が入りにくい靴でお出かけになることをお勧めします。
096
ゾウアザラシの観察ポイントは3つ。砂浜やちょっと小高い丘のような場所から観察します。柵などの仕切りは全くなく結構近くまで寄ることができます。が、出産したばかりで気が立っているので、8メートル(25フィート)以内には近寄らないように注意を受けます。ゾウアザラシが居る場所にはレンジャーが数人立っていて、ツアー参加者が近寄り過ぎないように目を光らせています。
100
とは言え、本当に沢山のゾウアザラシがそこら辺でごろんと寝そべっている姿を間近で観察できます。オスは思い出したように咆哮したり、ちょっと小競り合いをしたりしますが、メスと赤ちゃんは殆ど動きません。ボスを決める為に、オスは常に優位性を示す習性があるそうです。
080
結局全ての観察を終えて車に帰り着いたのは午後5時半。3時間近くハイキングをしたり、アザラシの観察をしたりしていました。我々のツアーには子供達も沢山参加していて、ガイドさんがアザラシの大きさを示すために子供達に手を繋がせて並ばせたり、質問をしては答えさせたりして、上手に楽しませていました。
094
帰りはひたすら来た道を戻ることになるので子供達は退屈し始め。でもゲートを出る際に入る時と同じ人数である事をガイドさんが確認する必要があるため、そこまでは全員一緒に歩かねばなりません。そのため「次のあの角まで誰が一番早く着けるかな?」とか言って、子供達には駆けっこをさせて、退屈しないように工夫をしていました。
070
また帰り道にある野兎の足跡を見つけては子供達に見せたり。道端にあった糞が何の糞なのか、色んな動物の糞が描かれたバンダナを子供達で見て推測したり(この州立公園は犬等のペットも全面禁止されているため、糞は野生動物の物)。ツアーが始まる前と帰り道の途中でボブキャット(bobcat)がふらりと姿を見せたので、皆で観察したり。広大な草原と丘陵地が織り成す景色も綺麗でしたし、個人的には往復のハイキングも非常に楽しめました。
106
食べ物、傘、ベビーカー等持ち込みが禁止されている物も多いので、天候が良くお子さんもある程度大きくなってからでないと楽しめないかもしれませんが。条件が揃えば素晴らしい体験ができる場所だと思います。写真に凝っている方には、絶景やゾウアザラシ等素敵な被写体が沢山ある場所でもあります。また、風が強く非常に寒かったので、防寒対策は万全に。
086
忘れられない思い出になり、友達カップルには大感謝です。

« サウサリート散策 | トップページ | ジャパニーズ・ティー・ガーデン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/63406903

この記事へのトラックバック一覧です: アノヌエヴォ州立公園でゾウアザラシ観察:

« サウサリート散策 | トップページ | ジャパニーズ・ティー・ガーデン »