2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ドイツのクリスマス菓子 | トップページ | ミュアウッズ国定公園で森林浴 »

2016年1月 2日 (土)

サンフランシスコで年越し

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
008
大晦日にサンフランシスコにやってきました。飛行機で6時間掛りますので、ヨーロッパに行くのと大して変わりません。毎度の如く飛行機が遅れたり、なかなか荷物が出てこなかったり、バンのシェアが直ぐ来なかったりで、ホテルにチェックインしたのは午後3時。朝に空港で朝食を食べたきりで腹ペコだったので、ホテルの直ぐ近くにあった特徴もないダイナーで食事を済ませたら午後4時でした。
011
今回の旅は、サン・マテオに住む友達カップルに会って一緒に新年を祝うためのもの。ですが、友人の1人は看護師さんで大晦日は仕事。そして新年をサンフランシスコで迎えるなんて人生でたった一度かもしれないので、有名な花火を見物したい…と、強行スケジュールですが到着してすぐの昨日はサンフランシスコに宿を取った訳です。
016
ニューヨークとの時差は-3時間。従って午前9時に食事をとってから午後6時まで何も食べていなかった事になるので、何の変哲もない食事でしたが貪り食いました。食べ終わってから「カードが使えないんだけど…」と言われるという、いかにもリラックスしたサービスぶり。観光客が集中して宿泊する地域にあるダイナーなので、そんな感じなのでしょう。元々チップも20%というマックスの水準で含まれて請求されていましたし。
012
その後は新年を迎えると同時に上がる花火まで時間を潰すために、取り敢えず観光をしようということになり。サンフランシスコの坂道と散歩道を紹介するガイドブック2冊にいずれも紹介されていた、ロンバート・ストリート(Lombard St)の坂道を散策に。
017
ホテルから然程離れていなかったので散歩がてら徒歩で向かったのですが、急な坂道の連続でかなりばてました。大きな坂を上ったと思ったら下り、また上り。同じ方角に向かって歩いているのに何回もアップダウンがありますし、どの方角に向かっても坂道の連続。坂の街を実感しました。
001
街路樹が家に沿って綺麗に平らに切り揃えられていたり。やたらと中国語の表示が目立ったり。日本語を話す方と沢山すれ違ったり。東海岸では見かけない面白い建築様式のアパートが並んでいたり。異国情緒を満喫できる散歩でした。ケーブルカーの路面線路に沿って歩いていたので、ケーブルを引っ張るゴーゴーという音がずっと響いているのも新鮮。
020
ロンバート・ストリートの周辺は小高い丘になっていて、丁度夕暮れ時。夕焼けに映える街並みやゴールデンゲート・ブリッジが眺められて絶景でした。また、坂道故の景色も堪能できます。お洒落なレストランやカフェも沢山ありました。
022
帰りも違う道(住宅街)を歩いて帰ってきたのですが、ケーブルを路線ごとに引っ張っている様子を眺められる『ケーブルカー博物館』があったり、すれ違った親子連れのお父さんが「こんばんは!良いお年を!!」と挨拶してくれたりと、やっぱりニューヨークでは見かけないものの連続。随分汗だくになりましたが、満喫しました。
030
ホテルに戻ったら、昼食が遅すぎてまだお腹が空いていないし、日付が変わる迄は6時間もあるしと昼寝をしたのですが…。目が覚めたら11時半。それから花火を見に出掛けても間に合わないので、インターネットの生中継をホテルの部屋で眺めて新年を迎えました。
035
打ち上げ場所から然程離れていないホテルだったので、皆さんの歓声や花火の打ち上げ音、煙なんかもバッチリ聞こえ/見え、臨場感はあったので良しとしましょう…という感じでした。歳を取ってくると旅行しても昔ほどあれもこれもとできなくなってくることを痛感しました。
039
それでも満足するのも、また歳をとったお蔭です。元日の今日は友達カップルと合流してドライブを楽しむ予定です。

« ドイツのクリスマス菓子 | トップページ | ミュアウッズ国定公園で森林浴 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/63262223

この記事へのトラックバック一覧です: サンフランシスコで年越し:

« ドイツのクリスマス菓子 | トップページ | ミュアウッズ国定公園で森林浴 »