2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« サバンナの聖パトリックの祝日 | トップページ | サバンナのカフェ »

2016年3月15日 (火)

サバンナの観光

朝から雨の月曜日のニューヨーク。今日は1日雨が降り続くようで、明日の朝まで残るとの事。最高気温は8℃とここ1週間程の気温からすると涼しくなるとラジオで注意を促していました。

週末の間にまた物騒な事件が多く起こったようです。ブロンクスでは日曜日の午後12時半に、人が多く歩いている歩道で銃が発砲され。幸いなことに誰も怪我をしなかったそうですが、真昼間に銃を撃つとか…。

ブルックリンでは29歳の女性が自身のアパートを入った所でレイプされるという事件が起きました。彼女は後から入ってきた男性の為にドアを押さえて先に通してあげて自分もアパートに入ったところを、その男性にナイフで脅されレイプされたとの事。やはり顔見知りのアパートの住人でない人を、自身のアパートに招き入れるのは危険です。後から人がついてきているのにブロックするのは難しく感じてしまいますが、正規のルート(訪ねている友達にドアを開けて貰う、自分の鍵で開けて入る)で入るようお願いすべきだと改めて感じました。
******************************************************
さて、今回はサバンナの観光ポイントについての備忘録です。
030
今までは1日の内でメインに据えていた観光地について記載していましたが、サバンナの街全般やメインには据えていなかったけれど観光の際には皆が訪れるというような場所についてバラバラに書きたいと思います。
020

サバンナの歴史地区と呼ばれる観光の中心地は、徒歩で十分回れる狭い地区です。その地区の南端にあるのがフォーサイス公園(Forsyth Park)です。

079

この公園はスクエアが点在する歴史地区において一番の大きさを誇り、中でも中心にある1858年に造られた噴水はサバンナのシンボル的な存在。

019

公園の北側にはサバンナらしいスパニッシュモスに覆われた木の並木が。

084

南側には広い芝生の広場が広がっており、スポーツやピクニックを楽しむ人が多く見られました。

082

サバンナの歴史地区には沢山の彫像が立っていますが、フォーサイス公園にも。

081

既にツツジなどのニューヨークでは5月頃咲く花が満開でした。

029_2
037

サバンナは東海岸第2位の港湾を有する港湾都市(と案内板には書かれていましたが…果たして今でもそうなのか。wikiによると2014年時点で北米で第4位の規模)。

032
034_2

昔はインディゴやシルク、綿花が主な輸出品で、それらを蓄える倉庫が並んでいた地区が、現在はホテルやお土産物屋、レストランやパブに改装されて、観光の中心となっています。
025_3
027
1872年に建てられたCotton Exchangeビル。この建物の階段で綿花の値段が決められていたそう。入口上にはでかでかとフリーメイソンの名が刻まれています。

014
015

18世紀から市場として活躍していた場所を再生させて作られたシティーマーケット(City Market)。空港から使ったシャトルの運転手さんお奨めの場所でした。

016_2
019_2

古いレンガの建物の間が広場みたいになっていて開放感があります。が、我々はふーんという感じで通り過ぎただけで観光を終了。

021

シティーマーケットの目の前にFirst African Baptist Churchがあります。気おくれがするので教会には一切足を踏み入れませんが、質素な外観でした。因みに一番古い黒人の為の教会という主張には異議が差し挟まれているそうです。

051

サバンナの歴史地区において最も高い建物であるCathedral of St. John the Baptist。カトリック教会で多くの観光客が訪れます。セント・パトリック・デイを前に盛り上がりを見せていました。

015_2

コロニアルパーク墓地(Colonial Park Cemetery)は歴史地区の中に位置する墓地。コロニアルと名前がついていますが、独立前に限定された墓地ではなく南北戦争やもっと近代の死者も眠っています。

002

墓石はあまり多くはなく公園みたいな雰囲気ですが、墓石の10倍に上る人々が埋葬されているそう。1820年の高熱病の大流行により亡くなった700人もの方が墓地の隅に埋葬されており、墓石は壁に埋め込まれています。

097

著名人のお墓には説明板が設置されており。随所に配されたベンチでは観光客が休憩していたり、近くの美大の生徒がスケッチをしていたり、地元の人がランチを楽しんでいたりする憩いの場でした。

025
052

サバンナの歴史地区には24個のスクエアが存在します。その全てを見ることはしませんでしたが、其々のスクエアに歴史を示すモニュメントが存在しているので説明を読んでいくと少し街の成り立ちが分かります。

045
062

そしてスクエアは暑いサバンナに於いてオアシスみたいな存在。日陰に座って渡る風を感じるととても涼しく気持ち良い気候に感じました。

025_2

数ある歴史ある邸宅も、現在はB&Bやレストランに改装されています。こちらは『Olde Pink House』というレストラン。南部料理を楽しめる観光客に人気のレストランとの事。ホテルのお勧めレストランリストにも入っていましたが、残念ながら我々には手が届きませんでした。

052_2

なんだかHPと色合いが違う気がするので不安ですが…Andrew Low House。ジュリエット・ゴードンさんがガールズスカウトを創設したことで有名なお家です。厳密に言えば、裏手にある車庫(昔は馬車を入れていた)がガールズスカウトのミーティングが開かれた場所との事ですが。

055
056

ウィリアム・シャーマン将軍が滞在していた事で有名なGreen-Meldrim House Museum。この家を宿として差し出す代わりに街の降伏と共に奪われていた綿花のいくばくかを取り返すことに成功したのだとか。強かな商売人気質が伺えるエピソード満載の家です。シャーマン将軍が滞在したのは6週間だったとガイドさんが説明してくれたと記憶していますが、にも拘らず稀代の憎まれっ子の将軍が滞在した家として今でも語り継がれているとの事。ワシントンD.C.に向けて打たれた有名な街の降伏を知らせる電報の発信地でもあります。

069

« サバンナの聖パトリックの祝日 | トップページ | サバンナのカフェ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/64451560

この記事へのトラックバック一覧です: サバンナの観光:

« サバンナの聖パトリックの祝日 | トップページ | サバンナのカフェ »