2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ジョージア州サバンナ | トップページ | ボナベンチャー墓地ツアー »

2016年3月11日 (金)

サバンナのウォーキングツアー

今朝はまた一段とホテルのインターネットの接続が悪くてイライラしています。やっとこのページに辿り着きましたが、ここまで15分程掛っているので今朝は尚更簡単な備忘録で失礼します。
047
さて、美しいサバンナの街を楽しんでいます。が、何はともあれ街の成り立ちや簡単な歴史を学ばなければ始まらないとウォーキングツアーにのりました。今回申し込んだのは実際にツアーを楽しんでから自分の決めた額を支払うというシステムの『Free Savannah Walking Tours』です。
048
このツアーはほぼ毎日催行されており、午前10時半と午後1時半の1日2回スケジュールされています。電話でも予約できるようですが、我々はインターネットで午後の回に申し込み。メールで送信されてきた集合場所であるジョンソンスクエアに1時15分頃行きました。
050
我々が参加したツアーの参加者は約10人。ツアーガイドさんは若い男性で、チェックインするといきなり日本語で話しかけてくださいました。なんでも上智大学で2年間勉強されていたのだとか。嬉しいサプライズでした。他にも3人ほどガイドさんがいらっしゃるようです。
051
ツアーは全部で1時間半~2時間程。スクエアや墓地をいくつかくるりと周りながら進み、最後は映画『フォレスト・ガンプ(Forrest Gump)』の有名な「Life is like a box of chocolates, you never know what you're gonna get.」という台詞が撮影されたChippewa Squareで終わります。残念ながらフォレストが座っていたバス停のベンチはハリウッドが持ち込んだ物で、現在はSavannah History Museumに展示されているそうです。
052
でも元々あったコンクリートのベンチが今もあり(映画の中ではコンクリートのベンチに蔦を這わせて何となくごまかし、その前に木のベンチを設置しています)、そこで沢山の人がフォレストと同じ構図でセルフィーを撮影していました。
054
さて、ツアーの話に戻り。ツアーはサバンナの街ができた所から始まります。1733年にイギリスから送られてきたジェームズ・エドワード・オグルソープ(James Edward Oglethorpe)がインディアンと取引をして街を創立。インディアンのチーフであったトモチチさんが友好的だったためとても良い関係を築き、平和裏にこの街を作れたとの事。
095
そこから独立戦争、南北戦争(さっさと降伏して街を守ったので、賛否両論あるようです)と経て現代に至るまでの歴史を面白おかしく、飽きさせない程度にでも丁寧に話してくれます。街を創建した当時は理想に燃えており、①ラム等の強いアルコールは禁止、②奴隷制度禁止、③弁護士(法律家)禁止、④カソリック禁止、というルールがあったそう。
049
奴隷制度を禁止していたなんて、先進的ですよね?まぁ、それもプランテーションが設立されるにつれ実現が難しく、2年で法律を書き換えることになったそうですが。でも興味深い歴史です。カソリック教徒の入植を禁止していたのは、イギリスの植民地支配に於いてサバンナが南端だったため。フロリダを治めていたスペインが領地拡大を狙ってサバンナに攻め入るかもしれないという危機感を常に持っていたので、スペインに同調するかもしれないカトリック教徒は入れないと決めていたそうです。
053
因みに、フロリダに対する敵愾心がとても強かったために、現在でもスクエアに設置されている軍人さんの銅像や大砲は全てフロリダ方面(南)を向いています。そう思って見ると、スクエアには歴史が色濃く反映されていて興味深いです。
063
またスクエアに面して豪邸と呼んでも差し支えないような立派な家がいくつもあり。それらに住んでいた人々の話や、ガールスカウトを設立した女性の話も聞くことができます。最初にこのツアーにのっておけば、後々どの家に入って話を聞くかとか、どのミュージアムのツアーにのるか等の参考にもなります。
046
ツアーの後には、丁寧に質問に答えてもくれます。私達は近くで休めるカフェをいくつか教えて貰い。また、そこからホテルに帰るのにどんなルートを通って何を見るべきかのベストルートを作成してもらい。加えて、『真夜中のサバナ』(Midnight in the Garden of Good and Evil)の中心舞台となった豪邸『The Mercer House』の場所を教えてもらいました。
071_2
因みにガイドさん達の一番のお勧めレストランは、『Mrs. Wilkes Dining Room』と『Treylor Park』。一番綺麗だと思うスクエアは『Monterey Square』(ここにMercer Houseがあります)。サバンナに来たら絶対に観るべき場所はフォーサイス・パーク(Forsyth Park)でした。
080
ガイドのダニエルさんは知識豊富でお話も興味深くも面白く。ガールスカウト・クッキーの売れ残りは本部であるサバンナに集まるのでディスカウントクッキーが買えるとか、地元で生まれ育った人ならではの豆知識なんかも教えてくれるので非常に楽しめますし。自分が納得のいく額を支払えるのでお得感も満載です。
094
サバンナの街を訪れた際には是非お勧めしたいウォーキングツアーでした。

« ジョージア州サバンナ | トップページ | ボナベンチャー墓地ツアー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/64383876

この記事へのトラックバック一覧です: サバンナのウォーキングツアー:

« ジョージア州サバンナ | トップページ | ボナベンチャー墓地ツアー »