2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 激混みの鎌倉 | トップページ | 米国大使館で非移民ビザ面接 »

2016年6月28日 (火)

浜離宮恩賜庭園

月曜日は午後から健診を受けるだけでした。しかし時差ボケで真夜中1時には目がバッチリ覚めて全然眠れず。時間が有り余っていたので、前々から行きたいと思いつつ訪れたことが無かった浜離宮を散策しました。
007
可能であれば無料ツアーにのりたかったのですが、残念ながら日本人が参加できるツアーは週末・祝日のみ。月曜日は外国人対象の英語ツアーがあるとの事だったので参加を希望したのですが、日本人は不可という事で泣く泣く断念。園内を1人で散策しました。
033
徳川綱重が別邸を建てた時から幕府軍によって使われたり、明治政府によって迎賓館として使われたりしながら脈々と受け継がれてきたというお庭。一歩足を踏み入れれば緑あふれる空間なのですが、一方を汐留の高層ビルに囲まれ、もう一方が東京湾に面していることから、とても面白い景観を生み出していました。
044
東京湾の海水を引き、潮の干満で景色の変化を楽しむ珍しい回遊式庭園。心洗われるような時間を過ごせました。東京タワーもバッチリ見え、東京観光欲も満たしてくれます。
036
海に面した部分には、浅草やお台場と結ばれた水上バス発着場もあり、外国人観光客の方々が続々と訪れていました。ここでも中国語、韓国語、英語、フランス語、ポルトガル語、分からない言葉(ロシア語?東欧の言葉?)が飛び交い、時代の移り変わりを感じました。
028
海外から友達が遊びに来たら、水上バスで東京湾岸の景色を楽しみがてら、立ち寄るのにピッタリのスポットだと認識。東京もそれなりの期間住んでいたのに、仕事ばかりで知らない事ばかりです…。
047
庭園を散策した後汐留方面に歩いたので、その落差に改めて東京の街並みの面白さを感じました。
046

お茶室では茶道体験も可能。

016
017

光と影。これぞ日本の美という感じ。

021

日本庭園の中に、花が咲くセクションが。

014

物資の運搬に使われていたという内堀があるのも面白い庭園。

004

随所に立派な藤棚が。季節に訪れたら見事でしょうねぇ…。

009

立派過ぎてフレームに納まらない三百年の松。

012

歴史を感じさせる立派な木が沢山。

029

潮入の池の水位を調整する水門。

043

« 激混みの鎌倉 | トップページ | 米国大使館で非移民ビザ面接 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/66237001

この記事へのトラックバック一覧です: 浜離宮恩賜庭園:

« 激混みの鎌倉 | トップページ | 米国大使館で非移民ビザ面接 »