2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

ボストン・ハーバー・クルーズでセーラムへ

ボストン2日目の昨日は快晴。そのため予定通りボストンのワーフ(クリストファー・コロンブス公園やマリオットの前にあるワーフ)から出る観光フェリーに乗って、少し北にある魔女狩りで有名な町『セーラム』(Salem)に日帰り旅行をしました。
014
今回は乗車したボストン・ハーバー・クルーズ(Boston Harbor Cruises)の船旅についてです。
016
ボストンからセーラムへの船旅は約50分。高速船は2階建てで、1階部分にはバーとトイレと座席。2階部分には壁と天井に覆われた座席と、覆いが全くない見晴らしの良い座席があります。席は例によって早い者勝ちなので、少し早めに訪れた方が良いです。
017
我々は出航時間の15分前に訪れました。2階の覆いが無い座席の海側は全部取られていましたが、それ以外はまだ選び放題でした。ボストンハーバー内を観光する船に比べると格段に競争が少ない気がしました。
016_2
とは言え、覆いが無い席は見晴らしは抜群に良いものの、風も日差しも当たり放題。メイン州では夏でも凄く寒かったのを覚えていましたので、我々は覆いがある席に座りました。窓から綺麗な景色が見えたものの、途中から窓の目の前に人が立ってしまったので、景色が凄く見えにくいというデメリットはありました。
022
ボストンハーバー内とセーラムの港に近づいた時に、ガイドさんが見所や歴史の説明をしてくれます。その間はレール近くで立って景色を楽しみ、中間は空いた席に座ったり、バーに飲みに行ったりしている人達もいました。
039
ただレール近くや後ろの覆いがない・見晴らしが良い席は、強風と強い日差しに曝されるので、少なからぬ人達が途中でギブアップして1階に下りていました。優先順位を自分の中で決めて席を選んだ方が後悔がなさそうです。そして夏とはいえオープンな座席に座る場合には羽織り物を持参した方が良いかもしれません。
025
ガイドさんが観光案内してくれるのも得した気分でしたし。ニューイングランド地方の海岸風景の美しさは殊に有名ですし。あまり揺れず酔い止めの薬をMAXで飲んでいた私は全く酔いませんでしたし。とても涼しくて気分爽快でしたし。短い船旅を満喫しました。
027 電車であれば$7.50/大人であるのに対し、フェリーは$25/大人と割高でしたが、乗船したのはとても良かったです。
033

ワーフにある売り場で当日チケットを購入している人が多かったです。フェリーは当日の天候に凄く左右されますものね…。でもどの位混んでいるか分からなかったので、我々はネットで予め購入しておきました。プリンターがないのでWill Call(チケットをピックアップ)を選んだのですが、出航の45分前までに受け取りに来いと言う注意書きがありました。
041

別にそんな前に受け取らずとも問題ないでしょうが、チケット売り場は混雑していたので早めには訪れた方が良さそうでした。席が早い者勝ちであることを考えても、早めにはついておいた方が吉です。
038

040
マリオットホテルの目の前に公衆トイレがあります。また簡単なドリンクを販売する屋台もありました。船の1階のバーでドリンクやサンドイッチが購入できるようでしたが、腰を落ち着けて景色を楽しみたい方は買い物を済ませておくと良いかも?
042
因みに帰りはコミュータートレイン30分でノース駅まで帰ってきました。

2016年7月30日 (土)

ボストン旅行

夫に出張が入ったので、急遽くっついてボストンに来ています。残念ながら突然過ぎて友人に会うことはできませんでしたが、散歩をしたり、美術館を見たり、美味しいタパスに舌鼓を打ったりと楽しい1日を過ごしました。
004
電車が1時間も遅延したため、ボストン到着が午後1時近くになってしまい。バタバタと焦ったせいで、汗だくになったりもしましたが。バスの乗り方がわからなくて道行く人たちに聞きまくったり、混んでいる地下鉄にギューギュー詰になりながら言葉を交わしたりするのも、また旅の醍醐味なのかもしれません。
018
明日はフェリーで出掛けるので、早めに就寝します。旅行の備忘録はニューヨークに帰ってからになると思います。

2016年7月28日 (木)

ユニオンスクエアのパブリックアート

薄く雲が出ているもののよく晴れている木曜日のニューヨーク。今日は所により雷雨ということでしたが、少なくともマンハッタンは午後5時以降雲が出るだけで雨は降らなそうです。最高気温は32℃で湿度が高くなるそうなので、引き続き熱中症に注意が必要です。

今朝の話題は昨日の民主党の党大会とトランプ候補が「ロシアはヒラリーのサーバーをハッキングして行方が分からなくなっているE-mailを探してみるべきだ」と発言したことに集中しています。まったく…。

先週ニューヨークで初となるジカウィルスが原因の小頭症のお子さんの誕生が報告された事を受け、ニューヨーク市はより一層の注意を呼びかけています。まだ正式に確認はされていないものの、テキサス州やフロリダ州では既に蚊によるジカウィルスの感染が広がっているとみられるそうですし。全米で10数人のジカウィルスが原因の小頭症の赤ちゃんの誕生が既に報告されているとの事。蚊がいそうな場所に出掛ける際には虫除けをスプレーする、ベランダなどに水が溜まらないように注意する、妊娠している/可能性がある方とパートナーは中南米には行かない、等引き続き注意が必要です。
***************************************************************
さて、今回はユニオンスクエア・パーク(Union Square Park)に新たに登場したパブリックアートのご紹介です。
004_2
今回のアートは『MORPHOUS』というタイトルがついています。アーティストは南アフリカ出身のLionel Smit氏。この作品が、彼にとってアメリカにおいて初のパブリックアートとなったそうです。
005
2つの女性の頭が後頭部で連結しており、其々の女性は横を見ているような彫像。過去・現在・未来と続く時間の流れや批判なく庶民の声に耳を傾けることを表現しているそう。実際に見るとエネルギーを感じられる作品です。

この作品は、2016年6月13日~2017年4月30日まで展示されています。

さらばバー『キャンベル・アパートメント』

水曜日のニューヨークも快晴で暑い!明日はもっと暑くなって湿度も上がるそうなので、今日から文句を言うつもりはないのですが…。明日は夕方から所により雷雨だそうなので、お気を付けください。

今朝は朝から用事で出ずっぱりだったので、ブログを書けず。帰宅してから書いています。夏の間はボランティアに用事にとなかなか時間を取るのが難しいという贅沢な悩みを持つことに。9月が終わる迄はこのままバタバタと時間が過ぎると思います。
*******************************************************
さて、今回は今月いっぱいで開店してしまうグランドセントラル駅にある名物バー/カクテルラウンジ『キャンベル・アパートメント』(The Campbell Apartment)です。(7月28日付WEBマガジンGothamistの記事によると今晩が最後の営業みたいです。)
003
最近家賃が高騰し、名物店・地元民に親しまれているお店が次々と閉店に追い込まれて寂しい限りですが。ニューヨークの歴史を紹介するポッドキャスト『バワリー・ボーイズ』(Bowery Boys)で紹介されていたので、ずっと行きたいと思っていたグランドセントラル駅にある歴史あるバーも閉店に追い込まれたことが話題となっていました。
004
そのバー『キャンベル・アパートメント』は、グランドセントラル駅のヴァンダービルト通りに面した2階にひっそりと佇んでいます。名前の通り、1923年に億万長者でメトロ・ノース鉄道の幹部でもあったJohn W. Campbell氏がオフィスとして借り受け。現在も残るロフトのようなテラスや暖炉を備えたゴージャスなオフィスを作りました。

007
1957年にキャンベル氏が死去した後は、床を覆っていたペルシャ絨毯と贅沢な調度品は取り去られ。信号手の休憩所や物置として使われた後に、簡易留置所となっていたそう。
009
そんな荒れてしまった歴史あるスペースを勿体なく思ったのか。1999年に往年のように改装してオープンしたのが現在のバー/カクテルラウンジの『キャンベル・アパートメント』です。

001
ずっと行きたいと思いつつ二の足を踏んでいた理由の1つは、正装が義務付けられていること。とは言え、ジーンズ、短パン、Tシャツ、スニーカーが禁止されているだけで、ビジネスカジュアルであればOK。もう1つの理由は高そうだからでしたが、確かに名物カクテルは1杯$30とかするものの、ビールであれば$10以下で飲めるのでべらぼうに高い訳でもなく。これなら早く行っておけば良かったと後悔しました。

とにかく新たな権利者はミートパッキングに最先端の若者向けバーを持っている人で、キャンベル・アパートメントのあるスペースも新たに生まれ変わらせる方針らしいので、歴史が感じられるスペースを見ることができるのも今月一杯かも…と焦って週末の昼間に一杯だけ飲みに出掛けました。
002
週末の昼間だったせいか、バーは然程混んでおらず。店員さんもフレンドリーだし、観光客が飲みもしないで覗きに来ていたりして、思ったよりも全然カジュアルな雰囲気でした。夫はビジネスカジュアル、私はブラウスに麻のパンツ+皮のスリップオンというカジュアルな格好でしたがOKでした。

バーに陣取ったのですが、目の前にはドラマ等にも登場した有名なステンドグラスが。重厚な内装でニューヨークらしいスライダーをつまみながら、ビール&カクテルを楽しめて値段の価値はありました。もっと早く行けば良かった…。
006
閉店まであと少しだけ時間がありますので、お仕事の後に一杯ビールを立ち飲みするだけでも訪れてみてはいかがでしょうか?なお、入り口わきにあるプレートには営業時間が午後3時からと記載されていますが、HPにある正午からという営業時間が正しかったです。
008
入口はヴァンダービルト通りに面しています。

2016年7月26日 (火)

雷雨のち虹

火曜日のニューヨークは1日晴れる予報。最高気温は34度とまた暑い1日となるようですので、熱中症と日焼けには対策が必要そうです。

日本では福祉施設で19人の方が刺殺される事件が起こったり。フランスでは教会で犯人が立て籠もり人質1人が死亡する事件が起こったり(犯人2人も射殺)、世界中で大変な事件が起きているようですが。なんといってもこちらのニュースは昨日からフィラデルフィアで始まった民主党の党大会です。昨日はあまり評判が良くなかったみたいで心配ですが…今晩はクリントン元大統領が演説をするので巻き返してもらいたいものです。個人的には是非ともヒラリー氏に頑張って頂きたいので、党大会が成功することを祈っています。

昨日は午後4時半~午後7時頃までマンハッタンは物凄い雷雨でした。携帯電話から急激な増水注意報がけたたましく鳴って驚きました。夫も残業を切り上げて慌てて帰宅(したものの、ずぶ濡れでしたが)。ブルックリンのDUMBOでは道路が冠水したり、場所によっては雹が降ったりと大変だったそう。一時的に電車や地下鉄の運行にも影響がでました。あんなに降ったのに、今日の気温が下がらないのが驚きです。

昨日は久し振りに体調を崩して、ボランティアもお休みを頂き1日大人しくしていました。お蔭で今日は用事や家事が溜まっているので、ボチボチ片付けなければ。
********************************************************
さて、今回は昨日の雷雨の後に現れた立派な虹のご紹介です。
027
昨日の雷雨は激しかった。午後4時半頃から雷が鳴り始め、午後5時過ぎから雨が降り出したのですが。みるみる激しくなったと思ったら1回弱まり。これで終わりかな?と思ったら、もう1回大粒の雨が窓を打ち付け始めました。
014
雷も午後7時半位まで断続的に鳴り続け。一時期はエンパイア・ステイト・ビルディングに落雷したりして、稲妻がバッチリ見えていました。最後の方は遠くに移動していたようで、地面が発光しているような光り方をしていました。
021
そして雨が一段落したら、まだ黒い雨雲が残っているのに西からは夕日が差して、空全体が紫色に染まり。その後エンパイアステイトビルを跨ぐように2重の虹が現れました。
032
1つは薄くて小さく殆ど見えませんでしたが。1つは立派な大きな虹で、外で見ていたら円形に近いのではないかと思われました。
029

虹が出た後も、雷はピカピカと光り続けていました。

017

強い雨が窓を打っていましたが…

026

雨が上がったら、西から夕日が。

033

エンパイア・ステイト・ビルディングがライトアップされても大きな虹は残っていました。

031

2016年7月25日 (月)

先週のハイライン

よく晴れた日曜日のニューヨーク。午後からは少し雲が出たりするようですが、概ね1日快晴の予報です。本日の最高気温は33℃。明日は暑さに対して注意が促される程の酷暑となるようです。今日から火曜日まで引き続き熱中症などに注意が必要そう。

ドイツのミュンヘンで銃の乱射事件が起こりました。どうやらテロリスト組織とは無関係の犯行で、犯人の若者はいじめに遭っていたという報道もあるようです。一昨日から昨日にかけてこちらでも大きく取り上げられていましたが、この時期なのでどうしてもヘッドラインは同大統領選の報道です。いずれにせよ、見ていると気が滅入ります。

昨日はボランティアが忙しく、結局ブログまで辿り着くことができませんでした。金曜日はあまりの暑さにボランティア中眩暈でくらくらしましたが、昨日は風がよく通ったので日陰に居る分には気持ち良かったです。

とは言え、結構な肉体労働だったので汗だくで全身その日の内に筋肉痛。一緒に働いていたスタッフさんは、「これで暫く運動しなくてもいいわ!」と叫び。もう一人のスタッフさんは「まったく殺人的な大変さなのよね…。絶対に改善を申し入れるわ」と嘆き節でした。

あまりの体の痛さに、昨晩はエプソムソルトを入れた湯船で念入りに体を揉んで寝ました。そのため今朝は思ったよりもましな状態でしたが、それでも全身痛みます。体を鍛えなきゃなーと改めて思った次第です。
**********************************************************
さて、今回は先週のハイライン(The High Line)の様子をご紹介します。
025
024

電車の操車場(レイルヤード)部分にはノラニンジン(Queen Anne’s lace)が咲き誇り、いつになく華やかです。

026
027
028

プレイグラウンドの周りも花で一杯。

031

キャットウォークの脇にはオレンジ色の百合が出現。

032
034
002

エキナケア・テネシーエンシス(Tennessee purple coneflower)が至る所に咲いて、鮮やかです。

038

25丁目付近はParker’s Variety fernleaf yarrowの黄色が目立ちます。

040

その南にはハルシャギク(Full Moon tickseed)の淡い黄色。

042
043
003

勢いと背丈のある夏の草花。

007
009

アート作品『スマート・ツリー』のリンゴの木には小さな実がつきました。

058
057

コンパス・プラント(compass plant)が咲くと夏も盛りだと実感します。

049
050

紫が綺麗なリアトリス(spiked gayfeather)。

059

16丁目の分岐部分は夏草に覆われて、色には乏しい感じ。春の花が多い個所なんですね。

061
072

サンデックの水場には、大きなピンクのハイビスカス(swamp-rose mallow)が。

065

スモークブッシュにピンク色の花が咲いています。

053

2016年7月22日 (金)

ロックフェラーセンターのグリーンマーケット

薄曇りの金曜日のニューヨーク。ブルックリンの方角から雲が放射線状に広がって、不思議な模様の空に薄く月が浮かんでいます。今日は午後7時以降は雷雨になる可能性があるそうです。今日から高い湿度と温度で凄い暑さになるとラジオで脅していたので、昨日は比較的過ごし易いのかと思っていたのですが、暑くて暑くて2つ目のボランティア中はばてそうでした。本日の最高気温は36℃。熱中症に気を付けてお過ごしください。

空気質の警報も午前11時~午後11時までの間で出されていますし、気温も上昇する予報のため、本日と明日ニューヨーク各地でクーリングセンターが開放されます。ニューヨークには空調がないアパートが多いと思いますが、今日は部屋に籠っていたら危険なので近所のクーリングセンターを見つけて避難した方が良いかもしれません。

昨日セントラルパークの脇にある5番街で、観光2階建バスが歩道の木に突っ込み、2階部分に座っていた乗客13人が近くの病院に運ばれる事故が起きました。幸いなことに全ての人が軽傷で済んだようですが、事故の原因はタクシーを避けようとしたことだそう。タクシーの乱暴な運転にはうんざりです。歩行者が巻き込まれなかったのも幸いでしたが、事故再発に努めて頂たいものです。
*******************************************************
さて、今回はこの夏も帰ってきたロックフェラーセンターのグリーンマーケット(Rockefeller Center Greenmarket )です。
010
ユニオンスクエア等ニューヨーク各地でグリーンマーケットを開催しているGrowNYCの夏季だけオープンするロックフェラーセンターのグリーンマーケットが帰ってきました。
005
今年は水曜日~金曜日の3日間開催されるそうで、さらに便利そう。とは言え、私がロックフェラーセンターの方向に用事があるのは月曜日と火曜日なので、個人的にはちょっと残念ですが…。
006
野菜や果物、チーズ、パン等の住人には必要なセレクションに加えて、蜂蜜やメープルシロップ、ワイン等自分へのお土産を探している方も覗いてみると楽しめそうです。観光のついでに気軽に楽しめるのが便利ですね。
009
このマーケットは午前8時~午後5時までとなっていますが、良い野菜や果物を買いたかったら早めに訪れるが吉なのは他のマーケットと変わらないと思います。このロケーションでは8月24日までマーケットが開かれます。
011
002

綺麗な花に囲まれているのも変わりません。

004

2016年7月21日 (木)

紫陽花のチャネルガーデンズ

木曜日もよく晴れているニューヨーク。今日も1日晴れの予報で、最高気温は31℃。明日からは暑くなるようですので、用事は今日中にやっつけておいた方が良さそうです。

ニューヨーク市は妊娠する可能性がある女性に対して、ジカウィルス感染症が報告されている国への旅行はできる限り避けるよう呼びかけています。可能であればジカウィルスの問題が無くなってから旅行をするようにとの事。毎日60件の新たなジカウィルス感染症の報告が世界中でなされているそうで、ニューヨークでの流行は何としても避けたい考え。メキシコ、カリブ海の国々、中南米への旅行は今年は避けられるのであれば避けた方が賢明そうです。

昨晩、タイムススクエア付近でパトカーに何かを投げ込んだ男が、今朝になってもコロンバスサークルで立て籠もっているため、コロンバスサークルが全面的に封鎖されているようです。ラジオでは、その影響でコロンバスサークル駅が使用できず沢山の地下鉄に影響が出ているとの事。勿論通行もできないので、バス等にも影響が及んでおり、ミッドタウンでは全般的に交通に支障が生じる可能性があるそうです。本日ミッドタウンを地下鉄、バス、車等で通過するご予定の方は予め状況を調べて行動する必要があります。
*****************************************************
さて、今回は紫陽花で囲まれたチャネルガーデンズ(Channel Gardens)のご紹介です。
012
久し振りに用事で通り掛ったら、砂漠風だったチャネルガーデンズが紫陽花で囲まれた涼しげな姿に変わっていました。ロックフェラーセンターは相変わらず人が多かったですが、水があるだけで涼しい気がして有難い。
013
フェイスブックには「百合や柳、そしてトンボを楽しみに来てね!」と記載されていますが、紫陽花とトンボ以外の印象が抜けています。
016
次に通り掛かった時にはよく見てみます。
018
019
021

トンボはクリスタルか何かで作られており、キラキラと輝いています。

015
020
022
017

淡い色の紫陽花に白いゲートがさわやか。

014

2016年7月20日 (水)

グリニッジヴィレッジの小さな公園

朝から快晴の水曜日のニューヨーク。今日は風が吹いて湿度も低く、過ごし易い気候になるとラジオでは爽やかに宣言していました。金曜日からはまた湿度が高くてムシムシと暑い気候になるそうなので、せいぜい今日はさらっとした空気を楽しみましょう。本日の最高気温は28℃です。

昨日は工事中のクレーンがタッパンジー橋に倒れて、数時間に渡って橋が封鎖される事故が起こりましたが、今朝は1レーンを除いて通行可能との事。しかしながらある程度の渋滞は見越して行動するようにと注意が促されています。

またロングアイランド鉄道も人身事故により運転が見合されていましたが、今朝は通常通り運行を再開している模様です。でも念のため出掛ける前に運行状況を確認した方が良さそう。

夏の間は海水浴客で賑わうコニーアイランドのビーチが、火曜日の朝サメの目撃情報があったことから閉鎖されていましたが、今朝は一般に開放されました。こうやって書いていると、昨日は沢山事故があったんですね。

結婚記念日を祝うために友達カップルがカルフォルニアの山にあるキャビンに旅行をしています。毎日綺麗な山の風景がフェイスブックに登場して、緑に飢えている私の目を喜ばせてくれます。それにしても有給休暇って全て使い切ればこんなにもあるんだ…といつまでも日本人な私は驚きが隠せません。彼女達を見ていると、人生一度きりなんだから楽しまなきゃなーとしみじみ思います。
******************************************************
さて、今回はグリニッジヴィレッジにある小さな公園『Minetta Triangle』と『Minetta Square』です。
028
何度も前を通り過ぎながら何故か足を踏み入れた事がなかった2つの細長い公園。背中合わせに並んでいて、賑やかなグリニッジビレッジの只中にありながら、遊具も何もない静かな空間です。
017
名前の由来はかつてグラマシーパークからグリニッジヴィレッジを通ってハドソン川に流れ込んでいた小川。当該小川がインディアンによって『ミネッタ』と呼ばれていたとの事。因みにミネッタ・トライアングルに面した雰囲気の良い細い道は『ミネッタ通り』だそう。
008
私が訪れた際には入口付近にある椅子でお年寄りのカップルが談笑している他は誰もいませんでした。
009
022

名前の由来となったミネッタ川には沢山の鱒が泳いでいたと、入植したオランダ人にインディアンが話して聞かせたとの事。その逸話に由来してかどちらの公園にも魚が描かれています。見た時は鯉だと思っていたのですが…。

010
011
012
018
020
021
023
025

控えめながら花も咲いています。撮影は6月中旬なので、初夏の花です。

024
027

入口にはプランターが配置され…

015

鳥の巣箱なども吊られていますが…

013
014
016
019
026

一番印象に残ったのは深い緑でした。

2016年7月19日 (火)

日本徒然

今日も快晴の火曜日のニューヨーク。ですが、昨日よりは湿度と気温が下がり過ごし易い1日となるとの事。予報では1日晴れで、最高気温は31℃。昨日の夕立でずぶ濡れとなり、今朝はちょっと風邪気味な私には有難い予報です。

先週末セントラルパークで複数件の追剥事件が起こりました。1件目は土曜日の午前1時頃、5番街と106丁目の入り口付近で自転車に乗っていた所を3人の強盗に止められ。銃を突きつけられて背負っていたバックパックを奪い取られました。

2件目は同じ場所で同日の午後6時頃起こり。歩行者が金品を奪われたとの事。今年はセントラルパークで起こる追剥事件は減少傾向にあるそうですが、それでも気を付けるに越したことはありません。暗くなってから公園に足を踏み入れないというのは、今なお生きているニューヨークでの教訓なのでしょう。
***********************************************************
さて、今回は日本への一時帰国で今まで書きそびれてしまった事を掻き集めた徒然版です。今回で日本の話題は最後になります。そのためニューヨークに関する情報は全くありません。
001

アメリカ大使館での面接の為に東京滞在した前半は浜松町にあるホテルに泊まりました。そのホテルの近くに玄米のお弁当やおにぎりを販売するお店『LIVE HAYAMA DELI』があり、お米に飢えていたので朝ごはんに丼を購入。出社前の夫と2人でふっくらと炊けた美味しい玄米ご飯の丼ぶりを楽しみました。緑黄色野菜のスムージーなんかも売っていて、ヘルシーな朝ごはんにピッタリでした。

067

初詣に出掛けると私の分のお守りをニューヨークまで送ってくださる元同僚がいます。以前私が「ニューヨークには日本の物は何でもそろっているし、ネットがあるのでニュースも読めて不便がないけれど、初詣に行けない事だけは寂しく感じる」と手紙で書いた事を覚えてくださっているのでしょう。でも7年間もニューヨークに居る内に頂いたお守りが溜まってしまい、持ち歩くのも大変に。しかもお礼参りもしなければ…ということで、今回の一時帰国ではお守りの返納をすることもリストに入っていました。調べたところホテルの近くに芝大神宮があったので、足を運びました。よく見るとお賽銭箱の横に返納箱が。お参りも済ませ、現在妊娠中の友人の為にお守りを頂きました。ヨーロッパの人はお守りにどんな反応を見せるのでしょうか?

069

芝大神宮の近くにある『芝神明 榮太樓』で、これまた飢えていた和菓子を購入。竹筒に入って笹で包まれた水羊羹が絶品でした!これは夫も大絶賛で、毎日食べたい位だと2人で大騒ぎ。あー、思い出したら食べたくなってしまいました…。

010

用事が済んだ夕方。夫が会社から帰ってくる迄時間が空いたので、浜松町から麻布十番に散歩しました。本当は麻布十番にある甘味処に行きたかったのですが、休業日。そこで歩き回って結局目についた手作りドーナッツを『nico』で購入しました。

011

ドーナッツにしては立派な値段でしたが、可愛らしい外見に雑穀や大豆ペーストを使ったヘルシーさ、それに甘すぎず優しい味わいと満足でした。嫌いな油臭さもなく、このドーナッツならリピートするかも。

001_2

浜松町のホテルの近くにあったイタリアン・バール『caffè sospeso』。朝からカフェとしてオープンしていました。1人でぼーっとラテを飲んだのですが、静かだし、雰囲気は良いし、ラテは非常に美味しいしで至福の一時を過ごせました。近くで働いていたら出勤前に優雅なカフェタイムをするだろうなーと思ったお店。

018

静岡で一休みした『hug coffee(ハグコーヒー)』。紺屋町にある店舗で「グリーンカフェラテ」を注文したのですが、これが意外な美味しさでした。私が一休みしていた際には、外国人の方々がインポート・ビールやコーヒーで夕涼みしながら話しており、なんだかポートランドにでもいるような気分になりました。

006
005

ビザを受け取るために滞在した東京後半は宿が麹町でした。そこで毎朝の様に訪れていたのが『No.4』。縁側のようなスペースとニューヨークのブランチのようなメニューが楽しめました。

003
004

でも半熟卵を楽しめるのは日本ならでは。どれもとても美味でした。

001_3

コーヒーも美味しかったので、思い出に豆を購入してきました。

2016年7月18日 (月)

カトナ美術館への日帰り旅行

朝焼けが美しい月曜日のニューヨーク。紫から桃色、オレンジへと移り変わる空を見ていると今日が良い1日になるとしか思えません。今日も1日晴れの予報。ですが午後2時~7時の間雲が多くなり、降水確率が15%となっています。また傘を持ち歩いた方が安全かも?最高気温は33℃。朝6時の時点で既に26℃あるようで、今日も暑い1日となりそうです。熱中症と大気汚染に引き続き注意しましょう。

ニューヨークでは電化製品を普通のごみとして捨てると$100の罰金が科せられます。ではどうやって処分すればいいのかというと、ニューヨーク市や環境保護団体が主催する電化製品を収集する無料イベントに持ち込めばOK。例えばこの夏の間は『Lower East Side Ecology Center』がニューヨーク各地でイベントを開催しています。我々も処分せねばならないPCがあるので、初期化して処分したいと思います。

ポケモンGOの勢いが止まりませんね。フェイスブックのポストにもニュース記事にも当該オンラインゲームの記載が溢れています。セントラルパーク等の公園でポケモンを捕まえようとぞろぞろと歩く人達が沢山目撃されているようです。久しぶりに日本のゲーム会社がヒットを飛ばしたようで嬉しい限りですね。
*********************************************************
さて、今回は週末に出掛けたニューヨーク郊外への日帰り電車の旅についてです。
012
どうにも時差ボケが抜けず、眠り過ぎたり眠れなかったり。倦怠感も抜けず、なんとか月曜日からの本格始動に向けてしゃっきりしたいと思い「何処かに出掛けたい!」と朝起きぬけに夫に一声掛けたら。早速日帰りできる場所を調べた夫が、メトロノース鉄道のハーレム線沿いにあるカトナ(Katonah)を見つけてくれました。
031
カトナはニューヨーク州ウエストチェスター郡にある町。マンハッタンのグランドセントラル駅からメトロノース鉄道のハーレム線に乗って約1時間で到着します。メトロノース鉄道の券売機で往復の鉄道チケットとカトナ美術館の入館料がセットになった『Katonah Museum of Art Getaways』パッケージが$25.25/大人で販売されています。
036
カトナに着くと、駅前にレストラン、ダイナー、本屋、ブティック、カフェ等が並んだ商店街があります。我々が訪れたのは日曜日だったので半分位のお店は閉まっていましたが、レストラン、ダイナー、ピッツァリア、カフェは1軒を除いて全て営業していました。
001
そこで一番賑わっているように見えた、映画に出てきそうないかにもアメリカのダイナーといった風情の『KR Cafe』でランチ。両隣にお子さんにしっかり食事のマナーを教えているお父さんと落ち着いた熟年カップルが其々座られており、写真を撮るのは憚られたので写真はありませんが美味しかったです。お店の人達もリラックスした接客ながらもツボは押さえていてフレンドリーでしたし。トイレも綺麗でした。
034
本当は『Reading Room』というカフェが気になっていたのですが、当初は見つけられず。後ほど散歩している際に既に閉店したお店を見掛けたのですが、普通の一軒家を利用して営業されているようでとても可愛かったです。次は是非試してみたいと思います。
003
町をそぞろ歩くと、緑が多く素敵な図書館があったり、至る所にベンチが置かれていたりでゆっくりしたペースが素敵でした。店名は忘れてしまいましたが、女性の服飾品を置いているブティックのセレクションが私好みで、思わずチュニックを購入しそうになりました。インドで染められた麻やコットンの素敵な服が揃っていました。ちょっとしたプレゼントを探すにも良さそうな小さな商店街です。
015
食事が終わったら旅の目的である『Katonah Museum of Art』へ。この美術館は2つの展示室とショップ兼セルフサービスのカフェ。そして子供達がアートと触れ合える部屋と屋外の展示場があるだけの小さな小さな美術館。ゆっくり歩いても駅前から約15分で到着。美術館迄は歩道が整備されています。
021
無料のミュージアムツアーも用意されていましたが、我々はのんびりと展示を楽しむだけに留め。入館から約40分で鑑賞を終了しました。それでも豊かな木々に囲まれた静かな空間で楽しむアートは格別。貧血気味で立って鑑賞していると気分が悪くなってしまう私にはピッタリのサイズ感でした。
014
我々は満足した展示でしたが、たまに地元の高校生の作品を展示したりするようですので、出掛ける前に展示内容を確認した方が良さそう。常時展示は無いそうです。
011
美術館と駅を往復する道沿いには沼があったり、可愛らしいパグ犬がワンワン吠えながら追いかけてくる家があったり、トナカイ(?)の風見鶏(?)があったりと、洗練された田舎の風情を楽しめます。
008
アートもショッピングも自然も食事も楽しめるマンハッタンからの小さな旅。丸々1日根詰めて遊びたくはないけれど、何処かには出掛けたいという時にお勧めです。
006
030

踏切を見たり音を聞いたりすると、ペンシルバニア州で過ごした高校時代を思い出して懐かしい気持ちに。

009
029

途中高速道路を超える高架近くで沼が両側に出現します。

026
016
022
023

緑に囲まれながらアートを鑑賞できます。

013

美術館の向かいにはアメリカ国旗に囲まれた郵便局(?)。

035

使われてはいないでしょうが、町中には馬を繋ぐ杭も。

033

2016年7月17日 (日)

よく効く酔い止め薬

朝からどんよりと曇っている日曜日のニューヨーク。今日の予報は曇り時々晴れ。1日中湿度が高く暑くて、所により雷雨とのこと。昨日は夕方やっぱり夕立が降りましたね。今日も午前8時~午後5時まで降水確率が15%ですので、傘を携帯した方が安全そうです。本日も熱中症に注意が促されていると共に、空気質が悪いことが予想されるため、喘息をお持ちの方は外出を控えるようにとのこと。一般の方も外での運動(ランニング等)は控えるようにと注意が促されています。そんなこと言ったってねーという感じですが。最高気温は32℃まで上がる予報で、午前6時の時点で既に24℃。水を沢山飲んで元気に乗り切りましょう!

2016年6月29日~9月1日まで、Village East Cinemaで『STUDIO GHIBLI FESTIVAL』が開催されています。ナウシカから最近の映画まで一挙に公開されているようで、最近の作品は全然観れていない私にはとても魅力的。ベッドバグが怖いし、腰が痛くて座っているのが苦痛だしでとんと映画館を訪れていませんが、これは行ってみようかなーと思ったり。

私はニューヨークでは地下鉄でも乗り物酔いしてしまうため、散歩ばかりしている我々ですが。ただ歩くだけではつまらないのでブランチやデザートを食べる場所を決めて、その場所まで往復することが多いです。これだけ暑いとカフェで一休みしたり、アイスクリームを食べつつ休憩したりという事も多く。そんな私にピッタリのお奨めアイスクリーム処を紹介する記事がWEBマガジン『Gothamist』に紹介されていました。友人が凄く美味しいとお勧めしてくれたお店も載っていたので、是非いくつかはトライしてみたいものです。
*********************************************************
さて、今回は私が愛飲している酔い止め薬『BONINE』です。
001
何度もこのブログには登場していますが、私は兎に角乗り物酔いになりやすく。未だに飛行機の着陸時には必ずと言ってよい程気分が悪くなりますし。ニューヨークの地下鉄は揺れるので、20分以上乗っていると気持ち悪くなってしまいます。マンハッタンからブルックリンに抜けるトンネルは100発100中。日本では電車では本が読めたのですが(揺れが酷い横須賀線以外)、ニューヨークでは全く物が読めず大抵ポッドキャストを聞いてぼーっとしています。

そのため旅行となると酔い止め薬の世話になりっぱなしとなる訳ですが、今まで試してきた酔い止め薬は飲んでも吐くのを阻止できる程度で気持ち悪くはなりましたし。もっと困ったのが強い眠気に襲われることでした。
014
アイルランドでバスツアーに乗った際には、半分くらい寝たり、うつらうつらしていたり、ぼーっとしていたりで風景も何も覚えておらず。スウェーデンで電車移動した際にも、車窓の景色を楽しみにしていたにも関わらず爆睡。全く何も見れませんでした。

そんな私の状態を見かねた友人が教えてくれたのがこの酔い止め薬。なんでも彼女の友達がいろいろ試したのちに辿り着いた薬で、周りの人たちに勧めまくっているのだとか。どれだけ効くか証明する為にその友達が無料でくれたというBONINEを試してみるよう薦められサンフランシスコ旅行中に飲み。その効き目に惚れ込みました。
004
BONINEはインターネットで簡単に注文できます。万人にここまで効くのかは分りませんし、個人差はあるでしょうが、もし乗り物酔いに苦しみ、酔い止め薬のお世話になっていらっしゃるようでしたら試す価値があると思います。

この薬は私にはとても良く効き、これを飲めば飛行機、バス、電車位までならほぼ気分悪くなりませんし(船は試したことがありません。流石に船はきついかも?)。何より全然眠くなりません。そのため長い空の旅で眠りたいという時には向かないかもしれませんが、観光のためにバッチリ起きていたいけれど酔い止めは飲みたい・異国で安全を確保するために頭をしゃっきりさせておきたいといった場合にはお勧めです。
018
この薬のお蔭で旅行が大好きなのに憂鬱でもある…という状態が解消されつつあります。同じように乗り物酔いでお悩みの方は試されてはいかがでしょうか。

2016年7月16日 (土)

New York is Nice

快晴の土曜日のニューヨーク。午後は少し雲が出るようですが、1日晴れの予報。本日も最高気温は31℃と昨日のように暑くなりそう。熱中症にご注意ください。

昨日ラジオでジカウィルス感染症についてニュースが流れていたのに聞きそびれてしまったので後ほど調べたのですが。なんと少しフォローしてなかった間にニューヨーク(市か州か判別できませんでした)だけでも309件のジカウィルス感染症が報告されているとの事。

現在のところ、その多くがジカウィルスが流行している国において感染した後に帰国したケースだそうですが。少数セックスを介して男性から女性、または男性から男性のパートナーへの感染例が確認されていたそうで。昨日初めて女性から男性のパートナーへの感染例が確認されたとの事。

この報道を読む限り、まだニューヨークにおいては蚊を介した感染例は確認されていない模様。ですが引き続き外出の際には虫除けスプレーを使ったり。蚊の居そうな場所で過ごす際には蚊を除ける携行マットを使ったり、肌を露出させないようにしたりと気を付けたいです。

昨日は激動の1日でしたね・・・トルコが不安定になっているのは知っているつもりだったのですが、軍事クーデターが起こるなんて夫婦揃ってショックを受けました。ニューヨークではトルコに縁のある人々が40人程集まり、ミッドタウンで軍事クーデターに抗議する行進をした事が報じされています。現在のところクーデターは失敗に終わったとみられるようですが…まだ詳細はわからないみたいですね。既に42人もの人が亡くなったなんて酷い話で胸が痛みます。

自由民主主義には多くの欠陥がありますが、それに勝るシステムも見つかっていないと理解しています。武力による押しつけで政府が転覆するなんて事がありませんように。
***************************************************
前回エンパイア・ステート・ビルディング(the Empire State Building)がテロによる犠牲者に追悼を捧げる為暗闇に包まれた姿を二度と見たくないと強く思ったにも関わらず。昨晩はまた夜空にニューヨークの象徴ともいうべき建物が飲み込まれてしまいました。

013
月が明るく輝いているのが救いでした。
012
本日午後2時からワシントンスクエア・パークにおいて追悼会が開かれます。もう二度とこんな悲惨な事件が起きませんように。

2016年7月15日 (金)

久し振りのニューヨークの風景

快晴の金曜日のニューヨーク。段々雲が多くなるようですが、降水確率は5%なので、傘は要らないのでしょうか?昨日の激しい夕立の後だと少し不安ですが…。午前11時以降は高温注意報が出されていますので、熱中症にはご注意ください。最高気温は33℃まで上昇するそうです。

今朝は昨晩フランス南部のニース市で起こったテロと疑われる事件がトップニュースになっています。ニューヨークには沢山のフランス系住民がいるので、昨日は革命記念日(Bastille Day)をニューヨークでも祝おう!という趣旨の記事を読んだりしていました。そして朝起きたら84人もの人が祝賀の花火を見る為に集まっていた人々が歩道でトラックに轢かれて死亡するという事件に…。

犠牲者の中にはお子さんも含まれ、重傷のお子さんも50人ほどいるとみられるとの事。またアメリカ人2人の死亡が確認されているとラジオでは報道しています。犯人はチュニジア出身のフランス人とみられるとの事。動機は今のところ不明。昨日友人とアメリカに蓄積されつつある爆発寸前の怒りについて話していたばかりでした。

この事件を受け、在ニューヨークフランス領事館前にも武装した警官が配備されました。イギリスも向こう1週間警備を厳しくするそうですし、ニューヨークも表立っては言わないものの少しセキュリティーレベルが上げられるかもしれません。なお一層気を付けましょう。

友人は「近年のテロを受けて大好きなパリを訪れるのを躊躇していたけれど、この夏こそはと思い立って7月最終週にパリ旅行に行くために昨晩パートナーを説得したの。1日か2日海岸線、マルセイユとかニースにも行きたいねなんて話しながら眠りについて。朝起きたら飛行機のチケットを手配するつもりだった。でも今朝は多くの人がトラックで轢かれて死亡した記事を代わりに読んでる。今の世の中はなんて悲しいの…」と吐露していました。それに対して、「計画を実行すべきだよ!奴らを恐れて萎縮するのは、テロリストの思う壺だよ!」とか、「そのままパリに行きなよ。僕たちも9月にパリに行く手配をしたよ!」等というコメントが寄せられていました。

こうも悲しい事件が続くと気が塞いでしまいます…。が、今日から張り切ってボランティアに復帰します。できることからコツコツと。現在私の待ち受け画面は"Start where you are. Use what you have. Do what you can."というアーサー・アッシュ選手の名言です。
**************************************************************
さて、今回は久し振りにニューヨークを散歩したので、セントラルパーク等の風景をお届けします。今週は時差ボケで生活リズムが崩れまくり、加えて移動に次ぐ移動で体がだるく。なんとか体をリセットしようと、夫と散歩に出掛けました。
003
005

ウエストヴィッレジにあるこの公園(スクエアかも?)。通り掛るのをいつも楽しみにしています。Astilbe chinensis ‘Visions in Pink’でしょうか?ピンクの綺麗な花が咲いていました。

008
010

こちらも度々登場するウエストヴィレッジの分離帯。季節が感じられて大好きな場所です。

012

セントラルパークのザ・レイクは何故か深い緑色。我々が日本に居る間暑い日があったようなので、藻が発生したのでしょうか?

013

晴れていたのですが、ラジコンボートの浮かぶ池には5番街の建物が映っておらず。でも綺麗でした。

014

暑い日だったので休憩は『Heavenly Rest Stop by Bluestone Lane』で。オージー・アイスカフェラテというメニューがあったので普通のアイスカフェラテとの違いを尋ねると「アイスクリームが上にのってる」とのこと。夫が試しに頼んだのですが、美味しそうでした。殆どミルクシェイクみたいですけど。

015

ベルヴェデーレ城(Belvedere Castle)。
016
この日は平日の午前中だったので、沢山のベビーカーが木陰に止められており。子供達が遊んでいました。顔などが判る程大きく写せないので、写真ではうまく伝わりませんが…。平和な光景でした。

017
ザ・レイクの周りには夏らしい花。友達がプロポーズ大作戦を繰り広げたボウ・ブリッジはいつ見ても幸せな気分になります。

019
021
人を雇ってお母さん同志で集まっているのか、はたまた歌とギターが得意なお父さんが沢山居るのかは不明でしたが、木陰でシング・アロング(歌の集い?)をしている集まりをチラホラ見掛けました。

020
シープ・メドウの緑が快晴の青空に映えます。

022

2016年7月14日 (木)

清澄白河散策

相変わらず時差ボケで明け方2時間しか眠れません。流石に頭がぼーっとしてます。昨日まで家事をサボりまくっていたのですが、流石に家が汚すぎて我慢ならず今朝は家事をやっつけていました。そのため遅い時間の更新です(と書きながら、途中で昼寝。2日に亘って書きました)。

そんなこんなで、本日もニューヨークの話題はお休みです。今回は日本で半日あったフリータイムを利用して散策した清澄白河の風景をご紹介します。

2年半ぶりの東京。主眼は用事を済ませ友達と会うことだったのであまり沢山の場所を訪れませんでしたが、昼食に約束が入っていない日が1日だけあったため何処かに行こうという事に。でも渋谷とか人の多い場所は苦手ですし。テーマパーク系も興味なし。美術館は貧血が出てしまいそうですし。ということで、何処か少しのんびりできるところで移動に次ぐ移動で強張った体をほぐすべく散歩をしようという案に落ち着きました。

そこで選んだのが清澄白河。ブルーボトルコーヒーができて注目が集まっているせいか、その前からなのか分かりませんが、なかなか魅力的なお店が点在する散歩が面白そうな街に見え、また公園や庭園が点在して緑も多そうなのが目的にピッタリだと思われたのです。

が、水曜日は多くのお店が定休日らしく。お昼を食べたかった定食屋さんもお休み。解体されかけのレトロな風呂なしアパート兼倉庫を、大幅に改装することなく再生し、お店にしたという『fukadaso』のカフェもお休み。手作りマップに載っていた多くのお店もお休み…と少しがっかりの結果に。多くのお店のHPが見つからずフェイスブックを覗いて出掛けたのですが、そこには休業日のお知らせなどが載っていなかったのです。休むならきちんとお知らせを出してほしかった…とちょっと不満でした。

とは言え、水路を利用した公園や川べりの道。大きな公園や庭園があり散策は楽しめました。
009
010

福富川公園でしょうか?元々川だった場所を埋め立てた場所に造られた公園だそうで、細長い公園には川が流れています。筏や丸太の橋があったりして、子供達が楽しそうに遊んでいました。

007
008

UFOの修理を請け負っているお店(?)を発見。UFOでお越しのお客様入口は3階だそう。

012

夫が独身時代よく1人で訪れては黄昏ていたという木場公園。立派な橋が3つあるセクションを繋いでいます。

011

七夕の時期だったので、日本滞在中沢山の笹の葉に短冊を見掛けました。七夕なんて久しぶりに意識しました。

016

結局訪れなかったスカイツリーもよく見えました。

017

都市緑化植物園は、ガーデニング広場、庭をつくろう広場(洋風・和風)、帰化植物見本園などに分かれていて立派。ボランティアの皆さんにより手入れされているそうです。

018
019
020

帰化植物見本園を見ているとお馴染みの花ばかり。皆外国から来たんですねー。

026
027

水場みたいな面白い形のプランターがあったと思えば。

029
031
028

庭をつくろう広場(洋風)と思われるセクションがあり。

030

そのすぐ隣に、庭をつくろう広場(和風)と思われるセクションが。唐突で不思議な並び。

032
034

それらを抜けると果樹園と思われるセクションが。

035

入り口付近には涼しげな噴水があります。

036

東京とは思えない広々とした緑のスペース。

015
037

橋からは下町っぽい川の風景が楽しめました。

038
040

以前清澄白河を訪れた際には入館しなかったので、今回は鑑賞したかった『東京都現代美術館』も休館中(事前にHPで知っていました)。とことんついてないと夫と笑い合いました。

044
045

深川資料館通り商店街協同組合主催の第18回「かかしコンクール」入賞作品とみられる案山子が町の至る所にありました。その多くは商店街に。

042
043

防護柵(?)にも鳥や櫓が。凝っています。

2016年7月12日 (火)

日本からのお土産

時差ボケで相変わらず夜眠れず困っています。昨日は眠気に勝てず夕方2時間昼寝してしまい。結局今朝午前4時まで眠れず、2時間後には目がバッチリ覚めてしまい…。頭がぼーっとして頭痛がするという、寝不足の症状。

そんな訳で、本日は頂いた日本土産自慢です。ニューヨークの情報が更新できるまで少し時間が掛るかもしれませんので、ご了承ください。
003
002

小学校からの友人がプレゼントしてくれた美味しい和菓子セット。なんと彼女自身が包装してくれたそうで、日本の繊細な美が感じられました。どら焼きから頂いていますが、上品な甘さでとても美味しいです。鈴の形の最中も可愛くて食べるのが楽しみ。

020

同じく彼女からの誕生日プレゼント。綺麗な細工の小箱です。どうやって使おうか思案中。文箱か裁縫道具入れかなぁー。

004

タオル好き&アトピー持ちなのでタオルは清潔に保つよう気を付けている事を知っている友人からはフェイスタオル2枚。今治の柔らかくて吸収性に優れたタオルで、指の股まで丁寧に拭くこと+直ぐにローションを都度塗ることが大切なアトピー性皮膚炎持ちには有難いタオルです。流石彼女自身もアトピーに苦しんでいるだけあるチョイス。中間色のチェックがお洒落です。裏地も黄色や紫でとっても素敵。

005
007

初めての職場で出会った友人からは、健康に良いというおからパウダーとお気に入りのたれ。私の食いしん坊ぶりを知っていて、なおかつちょっと体調を崩すことが多いことも心配してくれての選択?家事の手抜きができるのはとーっても有難いですし、こちらでも日本の味を楽しめるのは非常に嬉しいです。

010
009

高校で出会った友人からはミナペルフォネンのハンカチ。相変わらず繊細で素敵なのですが、なんだか使うのが勿体ないような…。包装も凝ってます。

023
021

彼女からは和三盆と胡桃味噌も頂きました。和三盆は私も自分で買おうかと迷ったんです。あの上品な甘さはアメリカでは味わえないので。涼しげな見た目も和菓子ならではの繊細さで季節を楽しむ感覚もいかにも日本的。胡桃味噌は食べたことはあれども自分で調理するという意味では未知の食材なので、これから使い方を研究します。新しい食材を試せるのは嬉しいです。

008
017

元同僚からはお土産にも最適そうな東京意匠の布巾と天然だしの素。私のずぼら家事は知れ渡っているのか、家事を簡略化して日常を彩る食周りのプレゼントが多い気が。

019

ニューヨークで知り合った友人からは高級なお茶漬けの素。私は一時期週末の朝ごはんをお茶漬けで済ませており、その事を彼女に話した事があったので覚えてくださっていたのでしょう。帰宅後早速頂き、デリの不味いサンドイッチにお世話にならずに済み助かりました。とても贅沢で美味しかったです!

012
013
014
015

義理の妹さんからは美味しいもの&体に良いもの詰め合わせを。葛ゼリーや乾燥人参。裂きイカやハンドクリームなど。贅沢なドライフルーツ等もあったのですが、日本のホテル生活中に早速頂きました。美味しかったです!ところで静岡では葛ゼリーを凍らせた葛アイスが流行の兆しを見せていたようなのですが、東京では全然見掛けませんでした。食べてみたかったなーと今になって残念に思っています。この葛ゼリーを凍らせたら、不思議食感のデザートになるのかな?と試したい衝動に駆られています。
 
皆様ありがとうございました。大切に使わせてもらいます&頂きます!

016

2年半ぶりの日本ということで自分の為のお土産も沢山購入しました。先ずはずっと欲しかったブレッドナイフ。ブランチでよくパンを食べるので、食卓でパンを切る時に使いたいと思い購入。早速昨日から使っていますが、手に良く馴染みお洒落で満足。

011

こちらは東京の地方の特産品を紹介するお店で購入した砂糖と塩。冷え症改善のためなるべく白糖の使用は避けているのですが、黒糖はニューヨークでなかなか見つからないので。色んな塩を試すのは、もはや趣味。

006

スーパーで見つけた国産小麦粉。こんなもの買ってるから重いんだよねーと思いつつ。

022

頻繁に風邪をひいては喉を傷めるので、黒糖&生姜のドリンクと酒粕のグラノラ。こんなの買ってるから…。

024

夫と共に訪れていた『オンサンデーズ』。たまたま友人と前を通りかかったので、思わず入店。琺瑯のフォークとLGBTプライド色のカードを購入しました。フォークは購入したいと気に入るものを探していたので嬉しいです。

2016年7月11日 (月)

帰宅

快晴の月曜日のニューヨーク。本日はちょっと雲が出るものの、1日晴れる予報です。最高気温は27℃。暑くなりそうです。

さて、土曜日の夜10時頃無事に帰宅しました。もうその日はクッタクタで、近所のデリでスナックやドライフルーツを購入(帰りの飛行機でお腹の調子が悪くなってしまい、2回目の食事はパスしたため流石に空腹でした)。デリのおじさんには「最近顔を見なかったけど、何処に行ってたの?」と声を掛けられ。帰宅して簡単につまんだ後、直ぐにバタンと就寝しました。

001
そのまま日曜日の午前9時まで熟睡。その後も体がだるくてダラダラしていたら11時になってしまい。流石にまずいと起き出したものの、どうにも調子が悪く。結局午後5時まで、スーツケースを綺麗に拭いたり、中身を片付けたり、洗濯をしたり…なんて恒例の片づけをした後。

急激な眠気に襲われて、帰宅した夫と共に昼寝に突入。結局午後10時まで2人で爆睡し、何も食べないのもよくないと、友人がお土産に持たせてくれた高級お茶漬けの素でささっと夕食。これが丸ごと鮭やあさり、たらこや梅干しが入っていて、とっても美味。デザートに、これまた友人から頂いたどらやきを頬張り。
025
思慮深い友達のお蔭で、泥の様に疲れ切った帰宅翌日も至福の時を過ごせました。どうもありがとうございました!昨日荷物を片付けていたら、皆さんに頂いたお土産の多さに改めて吃驚。2年に一度会えれば良い方なのに、いつも気に掛けてくださり深謝しています。

結局夜は一睡もできないという恒例の時差ボケスパイラルに突入。そのため今日もまだ体がだるい上に、何故か留守中に蚊が大発生していたので、ちょっとその退治をせねばならず。虫除けキャンドル等を購入すべく動かねばならないので、今日もこんな覚え書きで終わりに致します。

あぁ、全てのごみや生ものは捨て戸締りして出たのに、なんで蚊が大発生?!と頭を抱えています…不思議過ぎる…。

2016年7月 9日 (土)

日本最終日

とうとう本日ニューヨークに帰ります。長いようであっという間の2週間でした。懸案だった米国ビザも無事に届き、これで暫くは安心です。

日本最終日だった昨日は小学校からの友人とランチを楽しみました。お子さんが幼稚園&小学校に居る間に時間を作ってもらい、最終日でいい加減胃が疲れて来ていたので簡単にパンを食べながら話しました。
048
彼女は在宅でデザインの仕事をしていたのですが、いつの間にやら加えてお気に入りのお店でも店員さんとして働き始めたのだそうで。あくまでも子育て優先なものの、仕事もこなして生き生きと生活しているようでした。

たまたま夫と私が新婚生活をスタートさせた街で暮らしている彼女の案内で、久しぶりに懐かしい街を散策。立派な日本庭園のある大きな公園ができていたり、その公園と隣町の複合施設を繋ぐハイラインのような高架通路を利用したパブリックスペースができていたり。なんだか5年近く訪れない内に随分と変貌を遂げていました。
050
彼女が包装してくれたお気に入りの和菓子セットと伝統製法で作られた小箱、沢山お土産を頂きありがとうございました。凄く忙しそうなのに時間を作ってくれて感謝しています。学校や幼稚園のPTA&役員や自分の仕事、家事に全力投球しすぎて体を壊さないように!

その後は夫と合流して、自由が丘周辺を散策。この辺りは昔よく散歩したので懐かしく、結局武蔵小山までテクテクと散歩を楽しみました。洗足池があったりと歩くのが楽しい地域です。何の目的もなく歩き回るのが最終日なんて、なんだか私達らしい締めくくりでした。
001
忙しい中お時間を作ってくださった皆様、ありがとうございました。次は2年後くらいかな?またお目にかかるのを楽しみにしています。今回日程が短く機会に恵まれなかった方もいて残念でした。是非次の機会にお願いします。お元気で!

2016年7月 8日 (金)

元同僚と

日本も今日を残すのみ。明日にはニューヨークに帰る日です。2週間の滞在は長い筈なのに、あっという間に感じます。

昨日はまたブログまで辿り着くことができませんでした。後半ホテルに滞在する期間の日数分の衣類は持ってきたのですが、予想を上回る暑さに汗が止まらず。結果1日1着では服やハンカチが足りず。結果2日に1回はコインランドリーで洗濯。昨日は朝からランドリーにお世話になっていました。ホテルのランドリーサービスは高くて使うのは気おくれしてしまうので、コインランドリーが近所にあって助かりました。コインランドリーは300円~500円で全て終了。有難い価格帯です。
047
さて、一昨日と昨日の晩は最後に勤めていた会社の近くで元同僚に夕食に付き合って頂きました。2人ともたまーに職場の外でもお付き合いをしていたのですが、今では友人の様に勝手に思っている訳で。あまりE-mailが得意でない私の為に、折に触れ葉書やお守り等を送付してくださいます。

元上司(でも同い年)の方とは前回すれ違いで会えず(その節は本当にごめんなさい!)。4年半ぶりの再会だったのですが、相変わらず私が馬鹿みたいなことを言って、2人で大笑いしていたらあっという間に閉店の時間に。お喋り&笑い過ぎて食事が全然進みませんでしたが、とても楽しい一時でした。彼女は良い意味で全然変わらず、でも仕事人としてはマネージメント力が上がっているように感じられ、いつ会っても素敵な女性です。
051
お互い若くないので体に気を付けようと笑い合って別れました。沢山のお土産ありがとうございました!また是非お時間ください。

昨日お時間頂いた元同僚は歳はかなり下なのですが、仕事上は先輩。でもどちらかというと趣味が似ていることから意気投合していました。ミナペルフォネンが好きとか。昔同じライトノベルを読んでいたとか(判明した時はお互い気恥ずかしかった・・・)。単館映画好きとか。
052
物事を深く考えて興味の幅が広い人なので、会うと話題が多岐に及びます。昨日も職場の話から、仕事の話。イギリスのEU離脱の話から貧富の格差について。エストニアの魅力から四国の観光事情について。夫婦で意見の調整をする仕方、等々。会話を満喫しました。

私がモヒート好きなのも覚えていてくれて、沢山のモヒートを楽しめるバーを会場に選んでくれ。実際とても美味しいモヒートを飲めて気分も上々だったのですが…。連日の疲れが出てきたのか、隣に座る人達がことごとく煙草を吸っていたせいか気分が悪くなってしまい。泣く泣く解散しました。全然話足りなかったよー。
054
ドタバタと別れることになってしまいごめんなさい!とても楽しかったです。是非次に一時帰国/帰国する際にもお時間ください。

ランチではペンシルバニア州の高校で暗い2年間を一緒に耐え忍んだ友人と再会。彼女はほぼ1歳の赤ちゃんと一緒で、私はお子さんとは初対面でした。彼女はとてもシャイで人見知りな人という認識なのですが、お子さんは凄く人懐こく行動的。直ぐに私にも馴染んでくれたようで、子供が苦手な私としてはほっとしました。
055
何しろ私が赤ちゃんの存在に慣れていないので話に集中できず。また腰痛持ちの私から見ると、赤ちゃんをずっと抱っこしつつ大量の荷物を抱えている友人が大変そうで心配で、ずっと引き回すのは憚られ。

結局全然話足りなかったのですが、帰宅ラッシュにはまる前に帰さなければという思いも強く早めに解散。残念でしたが、次に会う時にはもっと話ができることを信じて。元気そうな様子を見れただけで安心しましたし、お子さんに会えてとても嬉しかったです。
053
ご馳走様でした&沢山のお土産もありがとうございました!わざわざお仕事を休んで実家に帰省&電車で待ち合わせまで来てくれてありがとう。なんだか散財させてしまってごめんなさい!でも会えてとてもとても嬉しかったです!

2016年7月 6日 (水)

楽しい食事

もう日本も残り数日となってしまいました。当初は2週間もあると思っていたのにあっという間です。

連日皆さんに貴重なお時間を頂いて食事をご一緒しています。昨日は朝から出掛けたのでブログまで辿り着けませんでした。なんだか皆さんは日常生活を送っていてお忙しいのにありがとうございます!感謝、感謝です。
001
月曜日は静岡から東京に移動。夫がちょっと体に負担がかかる検査を朝から受けていたので、終わるころに迎えに行き。わりとピンピンして、検査中も何故か覚えていないので眠っていたのでは?という意外に検査馴れしていた夫と合流。夫の荷物を拾いがてら東京駅に行き、ついでに昼食の定食を食べ。また夫の荷物を滞在先のホテルに落としに行きました。

夜は元同僚が探してくれた沖縄料理屋さんで乾杯しつつお話を。前日暑さやら何やらで2時間しか眠れなかったので、相当頭がぼーっとしており。加えて店も五月蠅かったので、ちょっと会話が成立してない時があった気もしますが…大目に見てくれると嬉しいです。ごめんなさいー。
003
当日お誕生日だった元同僚も急遽短時間とはいえ他の飲み会を抜け出して駆け付けてくれ、7年ぶりに再会。皆さん会社を変わっても其々に頑張っていて、お話を伺えて嬉しかったです。もう焦らない自分に複雑な気分ですが…。次はニューヨークとかパリとか。世界の何処かで会いましょうね!忙しい中月曜日から時間を作ってくださりありがとうございました!お店の手配も感謝しています。とても楽しかったです。

昨日はニューヨークで出会った友人とランチをご一緒しました。彼女も子育て真っ最中で大忙しなのですが、快く時間を作ってくださいました。私が思っているだけかもしれませんが、彼女とは話しても話しても話足りないと感じるほど、いつも話が弾みます。なので無理を言って朝10時半から時間を頂き。
002
ランチ迄はカフェでお喋りし、それからランチ中も食べるのをそっちのけで話し続けました。その後会えなかった2年半の間に誕生した娘さんに会わせていただくべく、通っている学校に伺ったのですが、なんと急に体調を崩して発熱してしまったとの事。慌ただしくお別れとなりました。

なんだか無理をさせてしまったみたいでごめんなさい。娘さんにきちんと会うことができず残念でしたが、次に会えるのを楽しみにしています。高熱が早く下がって、元気になるように祈っています。お母さん業は大変だと思いますが、ご自身の健康管理もできる余裕が生まれますように。そして早くお2人とも元気になりますように。
004
美味しいお茶にお食事、そしてお土産まで。手配から何までありがとうございました。そしてご馳走様でした!とても雰囲気が良いお店でリラックスでき、とっても美味しかったです。またお目にかかれるのを楽しみにしています。

2016年7月 4日 (月)

母と緑の中を散策

昨日は静岡でも最高気温が35.8℃あったようで、茹だるような暑さでした。そのため午後は部屋で汗をかきつつゴロゴロしていたのですが、午前中に市街の緑溢れる景色を見に行きました。
003
002

道の駅があったり。

016
005

川の景色が気持ち良かったり。

008

静岡らしく茶畑。

017

地域の方が草を刈ったり花を植えたりしてくださって、美しい里山の風景が保たれていました。

013

田んぼにはおたまじゃくしとイモリ。

012

2016年7月 3日 (日)

友人とランチ

ほぼ時差ボケも抜け、今朝は5時まで眠れました。これはニューヨークに帰ってからまた朝までまんじりとも眠れずに苦労するパターンですね…。

さて、昨日は新卒で働いた会社で出会った友人とランチを楽しみました。彼女はニューヨークにも遊びに来てくれ、静岡と東京、静岡とニューヨークと離れてばかりいるにもかかわらずずっと仲良く。今回も凄く直前に連絡を取ったにも関わらず、快く時間を作ってくれました。
001
彼女は私の趣向もよく理解してくれて、今回も野菜中心の美味しいランチをセレクトしてくれました。静岡はよく知らない上に、次々と新しいお店も登場しているようで、今回も全然知らないレストランでした。様々な野菜が少しずつ出てくるので、栄養満点そう。全て平らげお腹一杯になりました。

お店の雰囲気もとてもよく、寛いで2年半分のお喋りに花を咲かせました。ご馳走様でした!久しぶりに会えてとても楽しかったです!
006
その後は静岡の街をふらふら散歩してみたり。日本に一時帰国してから購入した本を読み終わってしまったため、新たな本を入手すべく本屋で買い物したり。とても暑い日だったので汗だくに。

そして夜は兄家族と近所でお食事を。美味しい物を沢山食べながら子供達と話し、楽しい一時でした。日本は美味しいものばかりです。羨ましい…。とても美味しかったです、ご馳走様でした!

なんだか連日美味しい物をご馳走になり、贅沢になっている気がします。ニューヨークに帰るのが怖いなぁ…。

2016年7月 2日 (土)

近所をハイキング

昨日は何も用事がなかったので、1日両親とのんびり過ごしました。会うのも2年半ぶりで次にいつ会えるのかもわかりませんので、なるべく一緒に過ごす様に努力中です。
001
とは言え、家にずっといるのが兎に角苦手な私のこと。腰もまだしくしく痛むので体を動かしたくもあり、家族で唯一ハイキングが好きな母を誘って近所の低山をハイキングしてきました。
002
とても低い鎮守の山なので1時間くらいハイキングしたら直ぐに下山。歩き足りませんでしたが、かといって昨日の湿気と暑さでは街中を歩き回るには辛く。結局仕方なく昔アルバイトした事があるパン屋さんで懐かしいパンを購入してすごすごと帰宅しました。
003
とは言え、座ってばかりだったこの1週間の体の強張りが少しだけ取れましたし。低山とはいえ静岡の街が見渡せたり、近所の奥様方が運営している総菜屋で購入したご飯を山で食べたりとハイキング気分を満喫しました。
004

途中紫陽花が植えられた山道があったり。

005

竹林の道があったり。

011

下山したら立派なお寺があったり。

007

お寺には鯉が泳ぐ風情ある池があり。

009

門前には立派な松や…

012

芳香を放つ蓮華の花(?)。

014

山の麓にある神社の1つで静岡の家族や友達の健康と幸せを。また別の神社で夫の健康と仕事の成功を(ひいては元気にニューヨークを引き払えることを)祈りました。ついでと言ったら失礼ですが、夏越の祓の茅の輪潜りがあったので、自分の健康を祈りクルクルと潜ってきました。

2016年7月 1日 (金)

子供達と

無事に大使館での面接を終え、翌日の水曜日に実家のある静岡に移動しました。相変わらず実家では上げ膳据え膳で何もせず、優雅な生活をさせて貰っています。
002
そんな中、昨日は中学時代の友人に時間をもらって食事を楽しみました。残念ながら平日なので忙しい旦那様にはお目にかかれませんでしたが、ご厚意で豪勢なホテルランチをご馳走になりました。本当にありがとうございました、凄く美味しかったです!

そのホテルは高台にあり、本来ならば富士山と清水港が綺麗に見渡せる場所。ですが昨日は見事な迄の濃霧で雲の中に沈んだかの如く景色でした。それはそれで非常に神秘的で美しい光景。
007
2人で食事中、会わなかった2年半に起こったこと等をお互い話し。その後、友人のお子さんたちと少しだけご一緒しました。2人がサッカー(フットサル?)を練習している所を一緒に覗かせてもらったり、おやつを頂いたり。サッカーをやっている所をみたら、とても優しい子供たちなのだなーと凄く分かり。

その後も、子供ながらに一生懸命もてなそうと思ってくれているのが分って、とても可愛かったです。子供と接するのがとても苦手な私ですが、友人や身内の子供はまた別なのか。それともたまたまいい子が揃っているのか、話をするととても幸せな気分になります。
009
何かの本で「いい子とは他人の痛みを思いやれる子のことだ」と書かれていましたが、まさにその言葉を思い出すような子供達で、しみじみいい子達だな~、友人ご夫婦は愛情を込めて2人を育てているのだなーと感じ入りました。世の親御さんは直ぐに結果が出ない仕事を毎日コツコツと工夫を重ねてしていて、偉大だと改めて頭が下がる思いでした。

帰宅後は、今度は姪っ子・甥っ子と食事を楽しみました。この前一時帰国した際に姪はインフルエンザで全く会えなかったので、彼女とは4年半ぶり。甥っ子とは2年半ぶりでした。2人ともしっかりしていて、月日が流れが感じられました。
006
私はとても引っ込み思案な性質で人見知りが激しかったのですが、2人はしっかり者のようで。相変わらずのおもてなし精神を発揮して自分からニューヨークの事を質問したりして、話のきっかけを作ってくれ。自分が好きな事。将来就きたい仕事。休日の過ごし方。楽しみにしている学校行事など、色々話してくれました。

アメリカの大統領選挙について質問して、自分なりの意見を述べたのにはびっくり。TVの影響でしょうか。小学生の割に色んな事を知っていて、自分なりの意見を持っていて感心しました。世界情勢に興味があって、好きな事がある。叔母馬鹿かもしれませんが、しっかり成長していて将来有望だと内心頷くことしきりでした。
008
お店を出る時にドアを押さえて私を先に通してくれたり、縄跳びを見せてくれる時に「疲れているなら帰っても大丈夫です」と声を掛けてくれたり。気遣いも相変わらずで、子供ながらに親や周りの人を凄くよく観察して、気遣いや思いやりを日々学んでいるのも感じられました。同時に周りの大人はよくよく言動に気を付けないとな…と気が引き締まる思いでした。

子供に対する苦手意識が最近少し薄らいできている気がします(わざわざ子供相手のボランティアを始めましたし)。周りの優しくてしっかり者の子供達のお蔭でしょうか。何はともあれ、楽しい1日をありがとうございました!また成長を見れる日を楽しみにしています。
010

本来はこんな絶景だったらしい…。ホテルの写真をお借りしてます。これぞ静岡という感じです。最近は日本のことをよく知っている外国人の方も多く、出身が静岡だと言うとまだまだ知らない人が多いとはいえ、あぁ!となる人にも結構遭遇します。昔は日本では着物を着てると思われたりする位だったので、「富士山の近く、日本の真ん中辺り」と説明を加えていたのですが、今は日本を訪れた事がある人も多く近しい存在みたい。アメリカ人の友達は「日本を訪れたら富士山に登りたい!」と言っていましたが、友人と霧の中を歩きながら「富士山は遠くから眺めるのが一番!」という意見で一致しました。このホテルは外人さんも喜びそうな場所でした。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »