2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« よく効く酔い止め薬 | トップページ | 日本徒然 »

2016年7月18日 (月)

カトナ美術館への日帰り旅行

朝焼けが美しい月曜日のニューヨーク。紫から桃色、オレンジへと移り変わる空を見ていると今日が良い1日になるとしか思えません。今日も1日晴れの予報。ですが午後2時~7時の間雲が多くなり、降水確率が15%となっています。また傘を持ち歩いた方が安全かも?最高気温は33℃。朝6時の時点で既に26℃あるようで、今日も暑い1日となりそうです。熱中症と大気汚染に引き続き注意しましょう。

ニューヨークでは電化製品を普通のごみとして捨てると$100の罰金が科せられます。ではどうやって処分すればいいのかというと、ニューヨーク市や環境保護団体が主催する電化製品を収集する無料イベントに持ち込めばOK。例えばこの夏の間は『Lower East Side Ecology Center』がニューヨーク各地でイベントを開催しています。我々も処分せねばならないPCがあるので、初期化して処分したいと思います。

ポケモンGOの勢いが止まりませんね。フェイスブックのポストにもニュース記事にも当該オンラインゲームの記載が溢れています。セントラルパーク等の公園でポケモンを捕まえようとぞろぞろと歩く人達が沢山目撃されているようです。久しぶりに日本のゲーム会社がヒットを飛ばしたようで嬉しい限りですね。
*********************************************************
さて、今回は週末に出掛けたニューヨーク郊外への日帰り電車の旅についてです。
012
どうにも時差ボケが抜けず、眠り過ぎたり眠れなかったり。倦怠感も抜けず、なんとか月曜日からの本格始動に向けてしゃっきりしたいと思い「何処かに出掛けたい!」と朝起きぬけに夫に一声掛けたら。早速日帰りできる場所を調べた夫が、メトロノース鉄道のハーレム線沿いにあるカトナ(Katonah)を見つけてくれました。
031
カトナはニューヨーク州ウエストチェスター郡にある町。マンハッタンのグランドセントラル駅からメトロノース鉄道のハーレム線に乗って約1時間で到着します。メトロノース鉄道の券売機で往復の鉄道チケットとカトナ美術館の入館料がセットになった『Katonah Museum of Art Getaways』パッケージが$25.25/大人で販売されています。
036
カトナに着くと、駅前にレストラン、ダイナー、本屋、ブティック、カフェ等が並んだ商店街があります。我々が訪れたのは日曜日だったので半分位のお店は閉まっていましたが、レストラン、ダイナー、ピッツァリア、カフェは1軒を除いて全て営業していました。
001
そこで一番賑わっているように見えた、映画に出てきそうないかにもアメリカのダイナーといった風情の『KR Cafe』でランチ。両隣にお子さんにしっかり食事のマナーを教えているお父さんと落ち着いた熟年カップルが其々座られており、写真を撮るのは憚られたので写真はありませんが美味しかったです。お店の人達もリラックスした接客ながらもツボは押さえていてフレンドリーでしたし。トイレも綺麗でした。
034
本当は『Reading Room』というカフェが気になっていたのですが、当初は見つけられず。後ほど散歩している際に既に閉店したお店を見掛けたのですが、普通の一軒家を利用して営業されているようでとても可愛かったです。次は是非試してみたいと思います。
003
町をそぞろ歩くと、緑が多く素敵な図書館があったり、至る所にベンチが置かれていたりでゆっくりしたペースが素敵でした。店名は忘れてしまいましたが、女性の服飾品を置いているブティックのセレクションが私好みで、思わずチュニックを購入しそうになりました。インドで染められた麻やコットンの素敵な服が揃っていました。ちょっとしたプレゼントを探すにも良さそうな小さな商店街です。
015
食事が終わったら旅の目的である『Katonah Museum of Art』へ。この美術館は2つの展示室とショップ兼セルフサービスのカフェ。そして子供達がアートと触れ合える部屋と屋外の展示場があるだけの小さな小さな美術館。ゆっくり歩いても駅前から約15分で到着。美術館迄は歩道が整備されています。
021
無料のミュージアムツアーも用意されていましたが、我々はのんびりと展示を楽しむだけに留め。入館から約40分で鑑賞を終了しました。それでも豊かな木々に囲まれた静かな空間で楽しむアートは格別。貧血気味で立って鑑賞していると気分が悪くなってしまう私にはピッタリのサイズ感でした。
014
我々は満足した展示でしたが、たまに地元の高校生の作品を展示したりするようですので、出掛ける前に展示内容を確認した方が良さそう。常時展示は無いそうです。
011
美術館と駅を往復する道沿いには沼があったり、可愛らしいパグ犬がワンワン吠えながら追いかけてくる家があったり、トナカイ(?)の風見鶏(?)があったりと、洗練された田舎の風情を楽しめます。
008
アートもショッピングも自然も食事も楽しめるマンハッタンからの小さな旅。丸々1日根詰めて遊びたくはないけれど、何処かには出掛けたいという時にお勧めです。
006
030

踏切を見たり音を聞いたりすると、ペンシルバニア州で過ごした高校時代を思い出して懐かしい気持ちに。

009
029

途中高速道路を超える高架近くで沼が両側に出現します。

026
016
022
023

緑に囲まれながらアートを鑑賞できます。

013

美術館の向かいにはアメリカ国旗に囲まれた郵便局(?)。

035

使われてはいないでしょうが、町中には馬を繋ぐ杭も。

033

« よく効く酔い止め薬 | トップページ | 日本徒然 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/66569359

この記事へのトラックバック一覧です: カトナ美術館への日帰り旅行:

« よく効く酔い止め薬 | トップページ | 日本徒然 »