2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アセラ・エクスプレスの旅 | トップページ | 魔女狩りの町セイラムでウォーキングツアー »

2016年8月 2日 (火)

ボストンの邸宅美術館

曇っている火曜日のニューヨーク。今日は1日晴れ時々曇りの予報で、日中降水確率が15%の時間帯があります。折り畳み傘を携行した方が安心そうです。最高気温は24℃。昨日も感じましたが、なんだか少し夏のピークは過ぎたみたいな気温ですね。

本日未明、ブルックリンのベッドスタイヴァサント地区で路駐していた車の中で男女2名が拳銃で撃たれる事件がありました。ドライバーの男性は死亡、女性は命には別状がないとのこと。犯人は車に歩み寄り、いきなり発砲したようです。まだ前後関係も何も分っていないとのこと。ベッドスタイヴァサントは知り合いのご家族が物件を購入して住んでいる場所。二家族共最近赤ちゃんを迎えたばかりなので、地域の治安が回復してくれるよう祈るばかりです。

昨日一緒にボランティアをしていたスタッフさん達は2人ともポケモンGOに夢中でした。スマートフォン片手に歩き回ったり、お互いにゲットしたモンスター(?)を見せ合ったり。先日レストランなどの評価サイトを覗いたら、店舗情報にいつの間にか「近くにポケモンスポットがある」という項目が追加されていて驚きました。凄い影響力ですね。
*******************************************************
さて、これから数日はボストン旅行の備忘録となりますので、ニューヨークの話題はありません。予めご了承の上お進みください。今回はボストンにある邸宅美術館『イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館』(Isabella Stewart Gardner Museum)です。
031
ボストンに午後到着してから友人に会う予定にしていたのですが、彼女の急用で会えず。急遽行きたいと思っていた『イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館』にグリーンEラインの地下鉄(トロリー?)に乗って出掛けました。

この美術館は、ボストン美術館 (Museum of Fine Arts, Boston)にもほど近い場所にあります。フィランソロピストで美術品コレクター、芸術家のパトロンとして著名なアメリカ人女性イザベラ・スチュワート・ガードナー氏が、夫の死後、2人の夢であった美術館を建造したもの。15世紀ヴェネツィアの大邸宅を模して一から建造され、1903年に開館したそうです。随分歴史ある美術館なんですね。
022
現在は歴史ある3階建てのギャラリーの前に、レンゾ・ピアノ氏がデザインした近代的なコンサート、講義、家族・地域向け学習講座など多種多様な活動を行ったり、オフィスがある多目的スペースが増設されています。レンゾ・ピアノ氏の作品はニューヨークにも数多くあるので、なんだか縁を感じます。

残念ながらギャラリーの2階は改装中で訪れることができなかったのですが、2階に飾られていた絵画は1階に展示されていました。時間もあまりなく、じっくり作品まで観ることができなかったのですが、建物自体の美しさと、季節の花が咲き水が流れる中庭の美しさを楽しめただけでも満足でした。
026
ニューヨークのクロイスター美術館に雰囲気が似ていました。大きすぎず、スペースそのものを楽しめましたし。宗教や祈りみたいなものを感じる美術品やスペースが多い所も。
029
加えて古い建物好きな私は、使われているガラスが少し歪んでいるのがとても好ましく。日本のクラッシックホテル等にも使われている、古い時代のガラスを通してみる少しだけセピアがかった中庭の風景も素敵でした。

ここは非常に気に入ったので、機会を改めて夫と共にゆっくり訪れたいと感じました。従業員の方達も凄くフレンドリーで、接すると気持ちが明るくなるようでした。
025
途中喉が渇いてしまったので、新館にあるカフェで一休み。きちんとした食事をするレストランのようで気が引けましたが、飲み物だけでもOKとの返事だったので案内してもらいました。

ガラス張りで明るい日差しが差し込むサンルームのような空間が気持ち良く。庭の緑を眺めつつ休憩できて、得した気分でした。残念ながら現在はお手入れ中で締め切られていましたが、普段はお庭を散策できるそうです。メンバーの方が、「とても綺麗な庭なのよ」と仰っていました。
028
ボストンは結構な回数訪れているにも関わらず、こんなに素敵な美術館を知らずにいたなんて…と非常に残念です。是非再訪したいと思います。

Isabella Stewart Gardner Museum
25 Evans Way
Boston, MA 02115
開館時間等の詳細は美術館のHPにてご確認ください。

« アセラ・エクスプレスの旅 | トップページ | 魔女狩りの町セイラムでウォーキングツアー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/66811782

この記事へのトラックバック一覧です: ボストンの邸宅美術館:

« アセラ・エクスプレスの旅 | トップページ | 魔女狩りの町セイラムでウォーキングツアー »