2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 高校以来。久し振りのロンドン | トップページ | ロンドン最終日 »

2016年9月20日 (火)

ロンドン2日目

ロンドン2日目は曇り。2人して寝坊したので、夫は急いでシャワーを浴びて、朝食を超特急で食べて、ミーティングに出掛け。私も計画していたよりは1時間遅れてしまいましたが、10時にはホテルを出て1日観光をしていました。
001
本日計画していた所は全て訪れる事ができて満足だったのですが、地下鉄の移動に思ったよりも時間が掛るのに驚きました。地下鉄マップで見て想像するよりも+10分~20分位掛った印象です。夫に「ロンドンは地下鉄の駅と駅の間隔がニューヨークよりも離れてるんだね?想像したよりも移動に時間が取られるから驚いた」と感想を漏らしたら、「いや、距離が離れてるんじゃなくて、ニューヨークの地下鉄よりも遅いんだよ」と回答が。確かに路面電車並みにゆっくり走っている気がします、言われてみれば。
002
でも、設備はロンドンの方が非常に整っている印象です。改札も電子式のカードで入退場ができますし(Suicaみたいなタッチ式)、プラットフォームには次の電車の行先、到着予定時刻が明記されていますし、車内にも電光掲示板で行先と急行か各駅停車かの表示と次の停車駅の表示がされていますし。特に便利だと思ったのが、プラットフォームごとに全ての停車駅が明記されていること。初めてでも、自分の目指している駅が書いてある方のプラットフォームで待っていれば良いので、一目瞭然でした。
003
ニューヨークだと上りか下りかの表示しかないので、土地勘が無い人はどちらに乗れば良いか全然分かりませんし。車内に電光掲示板があるのも一部路線のみですし。プラットフォームの電光掲示板も試験的に一部路線で導入されたばかり。よくヨーロッパから訪れた観光客の方々に「IT大国の中心都市のくせして、なんでこんなに中世みたいなシステムなんだ!」とか文句を言われるのですが(私に言われたってという感じですが、誰かに言わずにはいられないんでしょう)、今回ロンドンを訪れて、まぁ、そうなるよねと深く納得した次第です。
004
英語がアメリカ英語とイギリス英語で違うのも面白く感じます。私は英語の発音が凄く悪いのでニューヨークでも頻繁に通じないことがあり。ロンドンでは尚更通じないのではと危惧していました。また、イギリス英語の聞き取りも苦手なので、何言っているか分からないのでは?とも心配していましたが。今のところは想像していたよりも数倍スムーズにコミュニケーションが図れるので驚いています。色んな訛りの英語が飛び交う時代なので、皆さん発音が悪い英語に慣れてらっしゃるみたい。そして私もオーストラリアから来たボランティア仲間&クラスメイトのお蔭で耳がイギリス英語に慣れていたみたいです。
006
そんな中でも色々な発見はあり。先ず『地下鉄』を指す英語。ニューヨークでは(そして、多分アメリカ全土でも)Subwayと呼びますが、イギリスではtubeと呼ばれています。ではsubwayはなんだ?となる訳ですが、どうやら『地下道』を指すようです。今日地下鉄の駅からV&A博物館に直結する地下道があったのですが、その表示が『subway to museum』になっていました。あぁ、なるほどと納得。確かにそっちの方が道理に適っている気がします。

地下鉄繋がりで発見だったのは、『各駅停車』の呼び方。ニューヨークでは「Local」と表記されていますが、ロンドンでは「all stations」。こちらもなるほど、という感じ。
007
トイレは、ニューヨークでは一般的に『bathroom』と呼ばれることが多いのですが、ロンドンで使うと一瞬意味が分からないみたいです。試に『restroom』と『lady's room』を続けざまに言ってみたのですが、『レディーズ・ルーム』で初めて反応がありました。夫のアドバイスは「シンプルにトイレって言った方が通じると思うよ」との事。そうします。

受け答えで、「lovely」と返ってくるのも、映画や本の中でしか接したことが無かったので凄く新鮮。慣れていないせいか、男性が「lovely」って言ってくるとなんだか可愛らしい気がして困ります。頭が勝手に直訳してしまうんですよね、きっと。ただ単に、「どうも」、とか「いいですね」、位な意味合いでしょうに。
008
ロンドンの至る所で接する人たちが、とーっても親切で、フレンドリーなのも驚いています。勝手にお高く留まってるのかな?とか思っていたので、ニューヨークなんて目じゃないくらいの親切、懇切丁寧、フレンドリーな接客に感心しきり。昔からこんな感じだったのでしょうか?それとも移民を多く受け入れて、共生する知恵として社会全体が変わったんでしょうか?あー、これはニューヨークがぶっきらぼうだ、冷たいとか言われちゃうわけだな…と思ったり。

ニューヨークと違って碁盤の目になっていないので、道に迷って大変でしたが。そこかしこに地図が描かれた道標が置かれているのがとても便利でしたし。観光客に優しい街ですね。ニューヨークが真似できる要素が沢山あると感じました。

« 高校以来。久し振りのロンドン | トップページ | ロンドン最終日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67575977

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン2日目:

« 高校以来。久し振りのロンドン | トップページ | ロンドン最終日 »