2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ミュージアム・クオーター散策 | トップページ | ウィーンでの食事2016 その② »

2016年9月 9日 (金)

オーストリアでの食事2016 その①

曇りの金曜日のニューヨーク。今日は午後所により雷雨になるとラジオでは注意を促しています。昨日は予報に反してよく晴れていましたが、今日はどうでしょうか?昨日もかなり暑かったですが、今日はもっとムシムシと暑くなるとの事。これだけ暑い日が続くと雷雨来そうです…。暑さと湿気、雷雨にご注意ください。

ニューヨークの路上でランダムにインタビューした人達の写真と言葉を載せる人気ブログ『Humans of New York』がヒラリー・クリントン候補のインタビューをして話題になっています。社会が女性に持つダブルスタンダードについて語っていて、とても興味深かったです。周りにもヒラリーが嫌いな理由として「彼女の夫が嫌いだから」という人が居るのですが、それってフェアじゃない!とその度に思う私です。そう言うと、「だって彼女がビルを裏で操ってたんじゃない」と返されたりするんですが…。ご興味がある方はご一読を。

今週頭に在ニューヨーク日本国総領事館からレターが届いていたのを忘れていました。ジカ等についてお知らせが掲載されていますので、以下添付致します。
****************************************************
2016年9月6日
在留邦人の皆様
旅行中の皆様
       在ニューヨーク日本国総領事館

※本メールは,安全対策情報を含む総領事館からのお知らせとして『パークアベニュー299』の名称で皆様に情報を発信しています。

   パークアベニュー299 第32号

●最近相談を受けた詐欺被害(未遂を含む)事案
○ネット掲示板を介しての中古家具買い取り時の詐欺
在留邦人の方が不要となった家具をネット掲示板で売りに出したところ,とある男性から家具を買い取りたいと持ちかけられました。その男性は家具の費用よりも多額の金額が記載された小切手を在留邦人の方に郵送し,「秘書が誤った金額で送付してしまった。この小切手はそのまま入金して,家具代との差額をすぐに自分に送金して欲しい」と言ってきました。実際はこの小切手は偽物で,小切手の額と家具代との差額を騙し取ろうという詐欺行為であることが判明しました。この手口では,相手から受け取った小切手を口座に入金すると,一時的に小切手に書かれた金額が口座に振り込まれた状態となりますが,銀行側により偽物の小切手と判明したところで,銀行から連絡があり,小切手の金額が口座から差し引かれてしまう上に,差額支払いのために送金した金額も差し引かれてしまいます。
物品の売買等で,代金として小切手を受け取った場合は,小切手が口座に確実に入金されるまで,物品の引き渡しや今回のケースのような差額の送金を控えてください。また,ネット掲示板等を通じて面識の無い第3者と物品の売買等の取引を行う際は,相手の住所や電話番号等の人定事項を確認するよう心掛けてください。

●ジカウイルス感染症関連情報
○海外安全情報(感染症スポット情報)「米領プエルトリコにおけるジカウイルス感染症の流行:公衆の保健上の緊急事態宣言(妊娠中又は妊娠予定の方は可能な限り渡航をお控え下さい。)」
8月12日,米保健福祉長官が,当館管轄のプエルトリコにおけるジカウイルス感染症の現在の流行が妊婦及びジカウイルスに感染した妊婦から生まれる子供にとって,公衆衛生上の緊急事態であると宣言しました。米保健福祉長官の緊急事態宣言を受け,外務省では,8月14日(日本時間)に感染症スポット情報を発出し,8月13日には当館より在留邦人の皆様へ緊急メールを発出しました。在留邦人の皆様におかれましては,特に妊娠中又は妊娠予定の方はプエルトリコへの渡航を可能な限り控えて下さい。既に滞在中の方は,スポット情報を参考に蚊に刺されないための対策を行ってください。
※感染症スポット情報「米領プエルトリコにおけるジカウイルス感染症の流行:公衆の保健上の緊急事態宣言(妊娠中又は妊娠予定の方は可能な限り渡航をお控え下さい。)」
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/p/oshirase/2016/August-13.html

○中南米等におけるジカウイルス感染症の流行(妊婦及び妊娠予定の方は特にご注意ください)
外務省は8月31日にジカウイルス感染症に関する海外安全情報(感染症危険情報)を更新しました。
※外務省海外安全ホームページ
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?infocode=2016T128
また,8月19日にフロリダ州知事が同州のマイアミビーチ市内で国内感染によるジカウイルス感染症の感染者が5人確認されたと発表したことを受けて,外務省は8月21日に以下の海外安全情報(スポット情報)を発出しました。
※スポット情報「米国・フロリダ州におけるジカウイルス感染症の発生(妊娠中又は妊娠予定の方は可能な限り渡航をお控えください)(その2)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id={%countrycd%}&infocode=2016C208
最新のジカウイルス感染症の発生国・地域については,米国疾病予防管理センター(CDC)のウェブサイトでご確認ください。
http://www.cdc.gov/zika/geo/index.html

●カナダに入国(空路)の際の電子渡航認証(eTA)の取得の義務化
カナダ政府は,2016年秋までとしていた電子渡航認証(Electronic Travel Authorization(eTA))の取得義務の猶予期間を,本年9月29日までとしました。9月30日からは,カナダ入国査証(ビザ)の取得が免除されている国籍者(日本人も該当)が航空機(空路)でカナダへ入国(トランジットを含む)する際はeTAの事前取得が必要になりますので,ご注意ください。なお,詳細はカナダ政府のウェブサイトにてご確認ください。
カナダ政府ウェブサイト: http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta.asp

●平成28(2016)年度後期用教科書の配布について
平成28年度後期用教科書の申し込みを9月23日(金)(当館必着)まで受付中です。申し込み予定の方はお早めにお手続きください。申し込みができるのは,当館管轄地域内に居住し,在留届を提出している長期滞在の児童生徒です。ただし,日本人学校,日本語補習校に在籍している方については,学校からの配付となりますので,申し込みすることはできません。申し込み方法については,以下のリンクからご覧ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/f/03.html

●秋の「一日領事館」開催について
当館では,本年10月,PA州フィラデルフィア,NY州バッファロー,PA州ピッツバーグ,NJ州パラマス,NJ州プリンストンにて秋の「一日領事館」(領事出張サービス)を実施いたします。是非ご利用ください。詳しくは以下のリンクからご覧ください。なお,旅券(パスポート)の仮申請は各地開催日の2週間前までに申請してください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/ht/1day_ryouji_2016_fall.html

●在外公館における「パスポート申請書ダウンロード」の先行運用開始のお知らせ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/download/top.html

●当館休館日(2016年9月~11月)
10月10日(月) Columbus Day
11月11日(金) Veterans Day
11月23日(水) 勤労感謝の日
11月24日(木) Thanksgiving Day
11月25日(金) Day After Thanksgiving Day
12月以降の休館日は当館ホームページをご確認ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/l/02.html

******************************************************************
■本お知らせは,安全対策に関する情報を含むため,在留届への電子アドレス登録者,「緊急メール/総領事館からのお知らせ」登録者,外務省海外旅行登録「たびレジ」登録者に配信しています(本お知らせに関しては,配信停止を承れませんのでご了承願います。)。
■本お知らせは,ご本人にとどまらず,家族内,組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■在留届,帰国・転出等の届出を励行願います。
緊急時の安否確認を当館から行うために必要です。
以下のURLから所定の用紙をダウンロード後,FAXで(212)755-2851までご送付ください。
 http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/02.html
***********************************************************
さて、今回はオーストリアでの食事の備忘録の1回目です。

オープンサンド『Trzesniewski』
ウィーンを訪れる際には常宿にしているペンションはシュテファン寺院の目の前。その為、ウィーンに到着して疲れ切っていた夜に軽く夕食を済ませる為に、閉店直前の空き始めたTrzesniewskiを訪れました。
027
このオープンサンド屋さんは、ウィーンっ子の友人が「ウィーンで一番美味しい!」と太鼓判を押しており、お客さんを連れて行くお店の1つ。観光のついでに寄りやすい立地ですし、ビールも飲めます。
024
我々もここのサンドイッチは大好き。酸っぱくてサッパリしているサンドが多いので、疲れている胃にも優しく感じます。1つずつが小さいので色んな味を楽しめるのも嬉しい。今回訪れたら、英語でサンドイッチの種類が書かれたボードが置かれて観光客にも優しい仕様に変更されていました。
025
このお店の極小ビールジョッキは、ちょっと飲みたいけど疲れている・・・という旅行中の状態にピッタリのサイズだといつも思います。
026
Trzesniewski

Dorotheergasse 1

1. Bezirk

1010 Wien
ドイツ語のみなので全然読めませんが、お店のHPはこちら

メルクの昼食
メルクでの昼食は、目抜き通りにあったカフェに入って簡単に済ませました。お店の外観を撮影したので情報を見つけられると思ったのですが、何故か店が特定できず。宿の1階にあるレストランが多そうでしたが、入店したお店もそうだったような?目抜き通りの真ん中辺りにあるお店です。
102
クルーズを控えてお腹には入れたいものの、たらふく食べたいという感じでもなく。メニューを見ていたら、ヴァッハウ渓谷 (Wachau)名物のアプリコットを使った『アプリコット・ダンプリング』なる料理が薦められており。興味を惹かれたので夫と注文してみました。
049
一人2個ずつの物を注文したのですが、満腹になり少し残しました。1つで十分だった気がします。因みにこのお菓子はメルク~クレムスに向かうフェリーの上でも提供されていましたので、船上で試すことも可能です。食感的には蕎麦がきみたい。素朴で甘すぎないお菓子でした。
050
このレストランで「お会計お願いします」とドイツ語で言ってみたら、べらべらーっとドイツ語で返されて困るという一場面も。「あー、えっとなんて?」と英語で聞き返したら、ウェイターさんが茶目っ気たっぷりに「ドイツ語で言われたから、ドイツ語で返すのが礼儀かと思ってさ。現金かカードかって聞いたんだよ」と英語で。
048
そこから英語で少し会話を交わしたので、良い思い出になっています。

シュテファン寺院近くのレストラン『WRENKH』
このレストランは、宿で借りたガイドブックに『野菜のメニューが豊富』と記載されていた為に、既に疲れ始めた胃に優しい食事をと選択。クレムスからウィーンに帰る電車の中で予約をしてみたら、当日でも予約できました。

ご兄弟で経営されているお店ということで、接客してくださった男性は経営者の1人なのかも?英語が堪能で、英語で問題なくメニューの説明を受けたり、注文をしたりできます。
229

ビールの説明を受けていたら、私が大好きなホワイトビールがあると言われて2人ともそのビールをオーダー。

230
窓が開け放たれていて冷房が効いていないので、気持ち良く食事を楽しめ。ノイズレベルも低めだったので、リラックスして会話も楽しめる良いレストランでした。常宿からも近いので、これからウィーンを訪れる度に通いそうな気がします。
231

オーストリアのグラスワインも楽しめますし。

233

野菜中心のメニューが多かったです。

232

でもステーキなどお肉も用意されていましたので、ご安心を。

現金で支払ったのでいくらだったか忘れてしまいましたが、高すぎず、安くなくといった感じだったと記憶しています。(70ユーロ位だったかな?)

WRENKH
Bauernmarkt 10, 1010 Wien
メニューや営業時間、予約等はお店のHPにて。

« ミュージアム・クオーター散策 | トップページ | ウィーンでの食事2016 その② »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67418418

この記事へのトラックバック一覧です: オーストリアでの食事2016 その①:

« ミュージアム・クオーター散策 | トップページ | ウィーンでの食事2016 その② »