2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 9/11から15年 | トップページ | ウィーンでの食事2016 その④ »

2016年9月15日 (木)

ウィーンでの食事2016 その③

快晴の水曜日のニューヨーク。今日は午後所により雷雨になるかもと言っていましたが、今のところ大丈夫そうです。朝晩は随分涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑いです。

2019年にマンハッタンの14丁目とブルックリンを結ぶ地下鉄Lラインが18か月に亘って改装工事の為運転が停止されることが決まっていますが。当該地下鉄線で通勤している人がスムーズに通勤できるよう、地下鉄工事期間中は14丁目におけるバス以外の一切の車両の通行を禁止する案が浮上しています。また、14丁目以南に自転車レーンを設け、自転車による移動をし易くもするとの事。確かにバスは時間が読めないので通勤には向かなそうです…。

昨日は風邪をひいて寝込んでいました。2つボランティアをする予定だったのに、当日キャンセル。気を付けていても月に1回は寝込んでしまいます。今朝は朝早くからボランティアに勤しんでいたので、帰宅して午後遅くの更新です。まだ調子が悪いので、今日はさっさと寝ます。
*************************************************
さて、今回はウィーンでの食事の備忘録の3回目です。ニューヨーク生活と銘打っているにも関わらずダラダラ続いて申し訳ありません。

シュテファン大聖堂近くのパン屋『Backerei Arehur GRIMM』
いつもは常宿にしているアパート近くにあるチェーン店『Ströck』で朝食のパンを調達していましたが。今回1日だけ朝に比較的余裕がある日程があったので、ずっと気になっていた古くからの製法を守って手捏ねで作っている歴史あるパン屋さん『Backerei Arehur GRIMM』に足を運びました。
008
宿から借りた観光ガイドブックに載っていたので、他にも日本人の女性が買い物をしてらっしゃいました。が、他には誰も居らず静かな店内でした。お店の周りも古い街並みが並び、良い雰囲気で朝の静かな散歩にもぴったり。裏道で地元の人達がベンチで集って、ドリンクを飲んで涼んでいたのも面白い光景でしたし。飾らないウィーンを垣間見れました。
009
店員さんはあまり英語を話されませんでしたが、指さしして注文すればOKでした。そして会計はレジを見せてくださったので、支払いも問題なしでした。
011
今回自分達へのお土産はほぼ購入しませんでしたが、グリムでカウンターに並んでいた乾パンのようなお菓子を購入。帰宅しておやつに食べましたが、けしの実がついていたり、胡麻がついていたり、プレーンな物だったり薄く焼いたクラッカーのようなお菓子が香ばしくてとても美味しかったです。次回ウィーンを訪れても是非買って帰りたいと思ったお菓子でした。
012
ただ、パンは普通に美味しかったという感想。私は味音痴なので、チェーン店のパンとの違いがよく分かりませんでした…というか、個人的にはStröckのパンの方が好きだったかも…。
043
Backerei Arehur GRIMM
Kurrentgasse 10, 1010 Wien
ドイツ語で書かれているので全然読めませんが、お店のHPはこちら

文人が集ったカフェ『Café Central』
たまたま移動中に通り掛かり、確かガイドブックに載っていた有名なカフェだと思い出したため休憩がてら入店。我々が訪れた際には、広い店内はほぼほぼ観光客で埋まっていたと思います。
072
豪華な店内は一見の価値ありでしたが、地元の人達に混じって休みたいといった時には向かなそうでした。それにしても豪華な内装とショーケースに並ぶ煌びやかなケーキ・スイーツ類を見てるだけでも楽しいカフェでした。
074
ウィーンの友達カップルは、「有名なカフェに行くと、ウェイターさん達が有名店なんだってことを態度で念押ししてくるでしょう?」と言っていましたが、このお店はまさにそんな感じ。呼ばないと何もしてくれないので、コーヒー一杯で長時間粘り易いとも言えますが。

オーストリア観光局のページでは、『アルトゥール・シュニッツラー、ペーター・ アルテンベルクなどを常連客とした伝説的な文人カフェには、 今も当時の雰囲気が漂い、訪れる人々に深い印象を与えます。 ウィーン料理、自家製トルテ類、ピアノ音楽も人気を集めています。』と紹介しています。
073
店内に入ると、ウェイターさんが好きな場所に座るよう指示くれましたが、空いているテーブルはほぼなく。暫くうろうろと歩いていたら、別のウェイターさんが「あそこが空いてます」と声を掛けてくれました。色んなタイプのテーブルがあるので、好みの場所を探すのも楽しそう。
071
我々はお腹が空いていなかったのでドリンクを飲んだだけでしたが、流石に美味しかったです。小さなヌガー(かな?)が添えられていたのも、いかにもと言う感じで良かった。他のカフェに比べれば高かったと記憶していますが、場所代と考えれば納得できる範囲の値段設定でした。トイレも非常に綺麗でした。

Cafe Central

Ecke Herrengasse/Strauchgasse
1010 Wien
お店のHPはこちら

« 9/11から15年 | トップページ | ウィーンでの食事2016 その④ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67499442

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンでの食事2016 その③:

« 9/11から15年 | トップページ | ウィーンでの食事2016 その④ »