2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ウィーンで友人のサプライズ40歳誕生日パーティー | トップページ | ミュージアム・クオーター散策 »

2016年9月 7日 (水)

バート・フィッシャウの町

水曜日もどんよりと曇っているニューヨーク。今日は曇り時々雨の予報。昨日みたいに突然雨が降ったりするようですので、傘を携帯した方が安心そうです。最高気温は28℃。昨日同様移動すると汗ばむような気候になりそうです。

昨日ボランティア仲間と雑談していたら、「この数か月で6個のミュージカル/劇を観た!」と言っていました。彼女は大学を卒業してから試に西海岸で仕事しながら1年住んでみたものの、どうしても好きになれず。このまま安定した生活のために好きでもない土地に住むなんて嫌だ!と大好きなニューヨークに帰ってきたとのこと。

そしてニュージャージーに住むご友人のアパートに居候しながら、仕事と自分のアパートを探し。両方とも見つけて晴れてニューヨークに帰ってきて3週間。早速ボランティアを始めたそうです。その一方でミュージカル/劇の割引チケットが手に入るくじにも応募しまくり。6回も当たりを引き当てたというのだから驚きです。しかもその内1回はハミルトン!私なんて6か月近く応募し続けて全然当たらないのに!と、彼女の引きの強さに驚愕しました。

まぁ、何となくですが若い人&お年寄りは当たらいやすいのでは?と思うのですが(年齢を入力する欄があるので)。
******************************************************
さて、今回はウィーンから約1時間の電車の旅で到着するバート・フィッシャウ(Bad Fischau-Brunn)の町の風景のご紹介です。
014
この街には古くからある湧水をそのまま利用したプールがあり。友人が「冷たい水で泳いでリフレッシュしよう!」と連れて行ってくれました。プールの他にも、バレーボールのコートがあったり、マッサージスパがあったり、サウナがあったりという総合施設『Fischauer Thermalbad』です。
015
1日の殆どをプールサイドでのんびりと過ごしたのですが、可愛らしい建物が並ぶ小さな町の風景も少し楽しみましたので風景をご紹介します。また、夕食に入った凄く安くて美味しいホイリゲ(Heuriger)の様子も(名前は不明なので…)。
016
017

色鮮やかな家が並んでいて可愛かったです。オーストリアの特徴的な色は黄色だそうですが(おしっこ色と呼ばれるそう…綺麗な黄色なのに何故そのネーミング…)、緑色も綺麗。窓枠に置かれた花との対比も綺麗です。

018

メインストリートものーんびりしてます。木陰には椅子が置かれてます。

019

裏通りには立派な家が並んでいてお金持ちが住んでるのかな?という感じでしたが、メインストリートはお店や宿が並んでいるようでした。

020

木陰にはすかさず談話コーナーが。避暑地っぽいです。

021

特徴的な扉も。これが噂の黄色の壁。

022
023

トピアリーなのか、あちこちに真ん丸な木が。

033

マイ葡萄の木を持っている家が多いのでしょうか?

035
049
054

花や木の実も沢山。

037
039

町中を小川が流れているのですが、澄んでいて魚が泳いでいるのが見えます。きっと湧水が流れを作っているんですね。

041

その小川の真ん前にホイリゲがありました。場所からいって『Leeb Johann』かなぁ?と思いますが、メモを忘れました。安くて美味しかったのに…ごめんなさい。

042
043

屋内にも席がありましたが、勿論中庭の席に。
045
我々外人グループは白ワインと赤ワインをスパークリングウォーターで割ったスプリッツァーを。友達カップルは自家製ブドウジュースをスパークリングウォーターで割って。

046
徐々に日が傾く中で飲食するのは最高の気分。ホイリゲにはつきものらしい胡桃の木には実がなっていました。6人で飲み食いして〆てチップ込で60ユーロ弱と凄くお値打ちでした。食べきれなかったのでホイルを貰って、パンやパテ、コールドミートなんかを包んでお持ち帰り。翌日の朝食にしました。

048
満腹になった後は、少し高級な家が並ぶ住宅街を散策。
051
皆であーだこーだ人様のお宅を批評しながらする散歩は楽しかったです。お互いの国の住宅について情報を交換したりも。

055
のんびり話しながら歩いていたら電車の音が聞こえて、最後はダッシュする羽目に。1時間に1本しかないので、逃さずに済んで良かった…。

056_2
よく晴れた週末だったので、帰りの電車はとても混みました。皆バラバラに座ることに。夕暮れがとても綺麗でした。

« ウィーンで友人のサプライズ40歳誕生日パーティー | トップページ | ミュージアム・クオーター散策 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67387558

この記事へのトラックバック一覧です: バート・フィッシャウの町:

« ウィーンで友人のサプライズ40歳誕生日パーティー | トップページ | ミュージアム・クオーター散策 »