2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ウィーンでの食事2016 その④ | トップページ | ウィーンでの徒然 »

2016年9月16日 (金)

ブラチスラヴァでの食事

綿菓子のような雲がモクモクと浮かぶ快晴の金曜日のニューヨーク。ラジオでは「今日は美しい1日になります!」と晴々と宣言していました。今日の最高気温も23℃。湿度も低そうですし、気持ち良い1日になりそうです。

昨日の午後5時頃。ペンシルヴァニア駅近くで男がいきなり勤務中でもない警察官に大包丁で切り掛るという事件がありました。警察官は直ぐに拳銃で反撃。犯人も警察官も命に別状はないそうで、2人とも病院で治療を受けて回復に向かっているとの事。現時点では動機は不明。ラッシュアワーに主要駅の近くでこういう事件が起こると怖いですね。

52丁目にある高層ビルから、建築家の男性が落下して死亡するという事故が起きました。なんでも42階で膝まずいて測量をしていた際に、立ち上がって眩暈を起こしたとみられるそう。まだ本当に事件性はないのか捜査中のようですが、もっと建設中のビルで安全性に留意して欲しいものです。
*****************************************************
さて、今回はウィーンから日帰りで訪れたスロバキアの首都ブラチスラヴァ(Bratislava)での食事の備忘録です。

なにしろ日帰りで6時間位の短い滞在で、初めて訪れたのであまりのんびりと食事を楽しむ時間もありませんでしたが。なんとなく街全体の物価がウィーンよりは安かった気がします。1人10ユーロも出せば、かなり豪華なランチができそうでした。

団体客に人気の郷土料理レストラン『Zichy』
旅行中はメモを取らないので、写真を頼りにお店を突きとめているので100%自信が持てませんが…(ご覧の通りパラソルで店名が隠れていたので)。多分、Zichyというレストランに入ったのだと思います。
115
このレストランの目の前でトロリーバスのウォーキングツアー部分が終了し。ガイドさんが、「このレストランは少し高いけれど、スロバキアの伝統料理が味わえます」と紹介してくれたのです。ちょっと薦め難そうだったのでガイドになる際に勧めるように念を押されているお店の1つだったように感じましたが(他にも橋の袂にあるショッピングモールやUFO展望台については言うように義務付けられていたように感じました)。
111
ガイドさん曰く、ブラチスラヴァの決められた地域(官庁が近い地区)ではランチを安く抑えねばならない法律があるそうで(値段は忘れてしまいましたが6ユーロ以下だったような?)、少し港に近い方まで歩けば安く食事が楽しめるというアドバイスだったのですが。
112
ウォーキングツアーの終わった所から始まる裏道を通って旧壁や教会を見に行きたかったこと、今回の旅行では街を散策することに重点を置いていて食事には特に拘っていなかったことから。探す時間が勿体ないので、素直に薦められるがままこのレストランに入ることに決めました。
113
我々は外のパラソルで食事をしたのですが、店内には日本人団体客の方が食事を楽しんでらっしゃいました。我々が出た時も、違う日本人団体客が入店されていたので、日本の旅行会社の御用達なのだと思います。確かに郷土料理が万遍なくランチから用意されていましたし、ちょっと広めで清潔な店内で旧市街に位置しており。とても便利なレストランだと感じました。ただ、旅行先で日本人に囲まれて食事するのは・・・という方には向いていません。
114
食事は、これまたガイドさんお奨めのスロバキアの国民食である『ハルシュキ』(halski)を注文。ハルシュキはマカロニ&チーズのスロバキア版といった感じ。但しパスタがマカロニではなくて水団みたいな歯ごたえのあるニョッキです。凄くお腹にたまって全ては食べられず。

夫は名前を忘れてしまいましたが、ボルシチ風のシチューを注文。これもスロバキアの郷土料理なのだそう。ウィーンでよく出てくるグラーシュ(Gulasch)と同じルーツを持つシチューなのだと思いますが、ブラチスラヴァでは蒸しパンみたいに見えるパスタ(ポレンタやアメリカのグリッツに近いもの)が添えられているのが面白いです。

空気が乾燥していて、旧市街なので車も通らず。とても気持ち良く食事を楽しめました。トイレも綺麗。現金で支払ったので定かではありませんが、ビール等全てひっくるめて20ユーロ位だったと記憶しています。

Zichy Restaurant Bratislava

Ventúrska 9

Bratislava 81101
殆ど情報がありませんが、FBページはこちら

シシィのお気に入り?歴史あるカフェ『Kaffee Mayer』
日本大使館の並びにある1750年代からこの場所にあったという歴史あるカフェ。ガイドさんは「エリザベート皇后が愛したカフェとして有名です。シシィの肖像画が店内に飾られています。」と仰っていたと記憶していますが、そのような記述は見つけられないので・・・どうでしょう?でも、確かに肖像画は飾られていました。
088
我々が入店したのは午後のお茶の時間。フラヴネ-広場に面したテラス席には人が沢山いましたが、店内はがらんどう。お蔭でウェイターさんが全くもって注文を取りに来てくれず、立っているウェイターさんを呼びに行ってもガン無視され、あまり接客態度が良いとは感じませんでした。
143
トイレは地下にあるのですが、多くの観光客がトイレだけ使っているように感じました(外の席にちゃんと座っていたのかもしれませんが)。ただ、重厚なインテリアの店内は静かにクラシック音楽が流れ、優雅な気分に浸れます。
146
ケースには綺麗なケーキが並びとても美味しそうでした。お土産にこのお店のお菓子を購入しようとかとも思ったのですが、全然店員さんが来てくれないので断念。コーヒーに添えられていたキャラメル味のクッキーが美味しかったので残念。
144
ドリンクのみ注文したのですが(実際何を頼んだのか忘れましたが、キャラメル味のメランジェだったような…)、ホットを注文したのにストローが刺さっていて一瞬コールドと間違えたのかと思ったのですが。触ってみると温かく、でも熱くは無いのでストローで飲めるという不思議な状態で出てきました。これがスロバキアでは普通なのでしょうか?
145
夫のコーヒーも美味しかったそうで、往年の華やかしかりしブラチスラヴァを感じられる空間もあいまり、接客が最悪でも結果的には楽しめました。値段はウィーンのちょっと高級なカフェと同じくらいだったと記憶しています。

Kaffee Mayer

Hlavné námestie 4

811 01 Bratislava 1
全てスロバキア語で書かれているみたいなので全く読めませんが…美味しそうなケーキの写真と住所等は確認できるので。念のためお店のHPはこちら

« ウィーンでの食事2016 その④ | トップページ | ウィーンでの徒然 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67526103

この記事へのトラックバック一覧です: ブラチスラヴァでの食事:

« ウィーンでの食事2016 その④ | トップページ | ウィーンでの徒然 »