2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« メルクの町 | トップページ | ワッハウ渓谷船の旅 »

2016年9月 1日 (木)

メルク修道院

朝から雨の木曜日のニューヨーク。午後5時以降は所により雷雨になるそうなので、お出かけの際はお気を付け下さい。最高気温は27℃。太陽もあまり顔を出しそうもありませんし、少し涼しい日になるのでしょうか。

ハドソン川でフェリーとカヤックが衝突し5人が怪我をした事故を受け、水上の安全が議論に上がっています。確かに最近ウォータースポーツが流行っているようで、ハドソン川でカヤックやスタンドアップ・パドル・サーフィンを楽しむ人を多く見掛けますが、ハドソン川はニュージャージーとマンハッタンを行き交うフェリーだけでなく、観光フェリー、長距離客船が行き交う忙しい川なので何らかの対策を取らなければ、事故が再発しそうです。

ニューヨークに帰って今朝で3回目のラジオを聞いている訳ですが、連日トランプ大統領候補のニュースばかりで既にうんざりしています。これが11月まで続くのかーと溜息が止まらない気分です。そんな中、ミッドタウンにあるトランプタワーの前で8人の人が抗議の為に入口をブロックする形で座り込みをして逮捕されました。トランプタワーは人々がセルフィーを撮る場所としてすっかり定着中。先日はフリークライマーが建物の側面を上まで登って逮捕されていましたし、何かと注目の的です。
******************************************************************
さて、今回はウィーンから電車で1時間半程の距離にある郊外の街メルク(Melk)にあるメルク修道院(独:Stift Melk、英:Melk Abbey)についてです。
051
あまり教会や修道院に興味のない我々。有名な教会でも実際に中に入ると熱心に祈りを捧げる人達がいるので気が引けて入らなかったりします。メルク修道院も普段だったら入館したか分かりませんが、今回はコンビチケットに入館料が含まれていたので、お金を払ったんだから…位の気持ちで訪れました。が、想像を超える素晴らしさで訪れて良かったです。
053
修道院の設立は1089年に遡るそうですが、現在の建物は1736年に完成したとの事。12世紀に修道士校が設立されて後、その図書館は幅広い写本収集で名を馳せたそうです。
058
コンビチケットに含まれていたのは建物と庭への入場。窓口でチケットを購入すればツアーガイド付きの少し高いチケット等種類があるようでした。実際ツアーにのる人が多いらしく、館内に足を踏み入れると各国語のツアーが数珠繋ぎになっていてのんびり鑑賞という雰囲気ではありませんでした。因みにコンビチケットを窓口で実際のチケットに交換してもらう必要があるようで、その際に簡単な地図が貰えます。
057
入って最初の方は、どうやらアートの展示等がしてあるようでした。キリスト教信者であればぐっとくるような展示も多いのだと思うのですが、我々はふーんという感じで通り過ぎ(ガイドさんに説明して貰えば違うのかもしれませんね)。
065
しかしバルコニーに出た途端、あまりの美しい景色にテンションが上がりました。流石に世界遺産に登録されている景観だけあって、古い建造物と葡萄畑、河岸の緑が作り出す美しさは素晴らしかったです。
067
そこから図書館に足を踏み入れてまた言葉を失いました。天井に鮮やかなフレスコ画が描かれ、両側にぎっしりと古本が収納された部屋。両側には立派な地球儀が1つずつ置かれており、奥には公開されていない他の図書室につながる螺旋階段。もっと素晴らしいと感じたのは、この図書館は宗教に関係ない書物も広く収めていること。人類の叡智を集結してあるというところでした。この部屋は覚えていたくて自分用の絵葉書を購入した程感動しました。
063
その後順路を進むと教会が。少しだけ見学して辞するつもりだったのですが、丁度正午だったのでミサが始まり。『ミサ中は静粛に』という注意書きがあったので、動く訳にもいかず(ドアが音をたててしまいますし、動き回るのも禁止されていました)。
068
そのままミサが終わるまでの10分間粛々と後ろに立っていたのですが、これが大正解。パイプオルガンは美しいですし、ドイツ語の司教による説法は全然理解できないものの、全ての過程に耳を傾けていたら心がすーっと落ち着くような不思議な清涼感に襲われました。夫と2人で「なんだか凄くリラックスできたねー。」と言い合った程。2人とも日本で読経を謹聴するのも好きなのです、リラックスできて。
069
その後は広い庭を散策。フランス式にきちんと手入れが行き届いた庭園にはお洒落なカフェがあったり。どこら辺が?と問いたくなるオリエンタルガーデンは針葉樹の清々しい香りが楽しめたり。
078
でも個人的にはパラダイスガーデンと命名されていた、地中海風の庭が一番好きでした。庭の花々の向こうに遠くオーストリアの平地が望めて、絶景でしたし。個人的に隅から隅まで設計された全てが対称に造り込まれた庭より、自然の姿に近い庭の方が好きですし。藤(かな?)のトンネルも綺麗でした。
079
結局フェリーが出立するまでの時間を目一杯修道院で楽しみました。とてもお勧めのスポットです。
080
083
084
085
087

パラダイスガーデンは名に恥じない素晴らしさ。

077

夫と私の結論は多分これがあるからオリエンタルガーデンなんだよね?という見解…実際はどうなのでしょう?

073

どの方角に目を向けても美しい風景でした。

071
088
090
096
098
093

花も綺麗。

092

鎮守の森みたいです。

100

« メルクの町 | トップページ | ワッハウ渓谷船の旅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67292295

この記事へのトラックバック一覧です: メルク修道院:

« メルクの町 | トップページ | ワッハウ渓谷船の旅 »