2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« カールス教会前でタンゴ | トップページ | メルク修道院 »

2016年9月 1日 (木)

メルクの町

1日中曇っている水曜日のニューヨーク。今日の最高気温は31℃ですが、その割には暑さが厳しく感じませんでした。空気が乾燥しているから?それとも風が吹いているから?午後9時以降は降水確率が15%なので、もしかしたら雨がぱらつくのかもしれません。

アイスクリームを盗んではコーナーストアに売りさばく事件が報じられていましたが、3人の犯人の顔写真が公開されています。警察はこれらの人物に注意をするよう呼びかけています。なんでも3か月で700個以上のアイスクリームを盗んだのだそうで。いやぁ~、暫くの間小さなお店でアイスクリームを購入するのは控えた方が良さそうです。

ジカウィルスに対する注意が改めて促されています。既にニューヨーク市だけで505件の感染が確認されており、内51件が妊婦さんだとのこと。また渡航すべきでない国にイギリス領ヴァージン諸島も追加されました。これ以上感染が広がらないこと、ニューヨークの蚊を介した感染が発生しないことを祈るばかりです。

本日は朝からボランティアでブログどころではなく、帰宅してから書いているのでこんな時間です。肉体労働しすぎて、手に力が上手く入りません…。
***********************************************************
さて、今回はウィーン旅行中に日帰りで訪れたメルク(Melk)の町のご紹介です。ニューヨーク生活と銘打っているブログですが、これから暫くの間ウィーン旅行の話題が続きます。ニューヨークの情報は全くありませんのでご注意ください。
011
4年前友人の結婚式に参列する為にウィーンを訪れた際にワッハウ渓谷ドナウ川クルーズをしたかったのですが、10月はシーズンオフで断念。今回は丁度8月でシーズン真っただ中だったので、今度こそクルーズを楽しみました。
003
オーストリア政府観光局公式サイトで情報を収集。OBBのkombiticket - Wachau Ticketが便利そうだということでチケットを購入しました。本当はオンラインで購入しようとしたのですが、購入画面になるといきなりドイツ語に。よく解らないのでドイツ人の宿のご主人に助けを求めたのですが、サイト自体がよく分からないので駅で直接購入することを勧められ。結局Landstraße/Wien Mitte駅の窓口に足を運んで購入しました。53ユーロ/人です。
012
コンビチケットには、①ウィーンからメルクへの鉄道、②メルク修道院の入場料、③メルクからクレムスへのフェリー、および④クレムスからウィーンへの鉄道、が含まれています。窓口でチケットを購入したら時刻表が書かれたパンフレットもくれて便利でした。
014
が、そのパンフレットの出発時刻、HPで事前に調べた出発時刻およびホーム番号と、実際当日に駅の電光掲示板で確認した出発時刻とホームが違っていましたので、ご注意ください。ウィーンの電車は時刻表通りに出発するので時間に余裕を持ってお出掛けを。また駅のトイレも有料(50セント)ですので、コインの持ち合わせをお忘れなく。お店やインフォメーションで聞いても断固として小銭への両替を拒否されました。
013
コンビチケットで推奨されていた電車はウィーン中央駅(Wien Hauptbahnhof:窓口では英語でメインステーションと説明してくれました)を午前8時55分に出発する便。この便は途中のSt.Pölten Hbfで乗り換えが入りました。メルクに着いたのは1時間半後。
017
メルクは駅を一歩出たら特徴のある可愛らしい家並みが並ぶ、小さいけれど魅力的な町でした。通りの至る所に歴史を説明する説明板があるので、歴史や由来を学びながらそぞろ歩きが楽しめます。
021
世界遺産に登録されているメルク修道院が小高い丘の上に立っているのが、町のどこからでも見えたり。メルク修道院に向かって上り坂となる高低差のある2本の道路に面した面白い造りの家があったり。ジブリの映画に出てきそうでした。
019
020

メインの石畳の通りにはレストラン、カフェ、お土産物屋がずらり。

022

噴水があったり。

024

マイ葡萄棚がある家があったり。

025

メルク修道院に向かっては細い坂道があったり。

026

こんもりとまぁるい木の木陰で女性がお喋りを楽しんでいたり。

027

いかにもヨーロッパの地方の観光地といった風情の街並みだったり。

028
035

町の中心はやっぱり教会のあるスクエア。

031
034

メルク修道院をドナウ川側から仰ぎ見ると、こんな断崖絶壁の上に建っています。

029

フェリー乗り場の近くにあるドナウ川の支流には跳ね上げ橋が。下には鴨が泳ぎのどかな風景でした。ここで沢山のサイクリストが休憩中でした。ドナウ川に沿ってずっとサイクリング道が続き、サイクリングのメッカみたいでした。

040

歴史ある建物も沢山。

038
039
041

メインストリートと平行に走る、少し高い位置にある道には歴史ある建物が並んでいました。

037

« カールス教会前でタンゴ | トップページ | メルク修道院 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67281446

この記事へのトラックバック一覧です: メルクの町:

« カールス教会前でタンゴ | トップページ | メルク修道院 »