2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« スピタルフィールズ・マーケット | トップページ | チェルシー薬草園 »

2016年9月29日 (木)

チェルシー薬草園のツアー

朝からはっきりしない空模様の水曜日のニューヨーク。今日は日中一雨くる予報ですが、風が出てきましたし、雲も垂れ込めてきたので、そろそろ降るかもしれません。最高気温は21℃。今がピークで、夕方にかけてどんどん気温が下がっていくようですので、羽織り物が必要になりそうです。

今晩から土曜日にかけて、ゆっくりと移動する雨雲が上空に停滞するために、涼しく、雲が垂れ込め、雨も沢山降る予報です。紅葉が一気に進みそうですが、雨が降っていたら楽しめませんね。日曜日は晴れるのでしょうか?

今朝は朝早くからボランティアが入っていたので、帰宅してからのブログです。10月一杯までボランティアでバタバタしそうですが、11月に入れば少し落ち着くと思います。旅行疲れが抜けないままに連日ボランティアに勤しんでいるので、体が重くて仕方ありません。なかなか疲れが取れないのが歳だなぁ~と感じます。
*********************************************************
さて、今回はロンドンのチェルシーにある薬草園『チェルシー薬草園』(Chelsea Physic Garden)のツアーについてです。
011
ロンドンに行くに当たって一番行きたかった場所が2か所閉まっていたと書きましたが。全てが閉まっていたわけではなく、シェイクスピア・グローブ座とチェルシー薬草園は訪れる事ができました。
015
チェルシー薬草園は、一番近い地下鉄サークルラインおよびディストリクトラインの停まるスローン・スクエア駅(Sloane Square station)からでも徒歩で20分掛ります。かなり離れていますが、1回しか曲がり角が無い、比較的わかりやすい場所にあります。
019
入口は細い脇道に面しています。駅から歩く太い道に面しているのは出口のみで、入ることはできませんのでご注意ください。とは言え、私は職員さんが目の前で出口から入って行ったため、てっきり入口だと勘違いして続けて入ってしまい。職員さんに正しい入り口を教えて貰って、入場料を支払いました。
030
現在の入場料は£10.5/大人で、入場料にツアー料金が含まれています。ホームページには全くツアーの情報が載っていないと思います。少なくとも私は見つけることができず、薬草園を訪れて、入り口で無料ツアーについて教えられて初めて知りました。

029_2

集合場所は創始者の像の前。

ホームページに記載が無いので、ツアーのスケジュールが定かではありませんし、暖かい季節しか催行されていない気もしますが。私が訪れた9月中旬は、午前11時半。午後12時半からツアーが行われていました。もしかしたら、その後にもあったのかもしれませんが…。
026
私が薬草園に到着したのが午前11時近くだったので、11時半まで一人で園内を見て回ってからツアーにのりました。ツアーガイドさんはボランティアの方で、1時間の予定が1時間10分位になりました。

063
ツアーでは、毎年変わる薬草園のその年のテーマについて(今年は『香り』に焦点を当てているそう)、薬草園の歴史、創始者の志、実際に植物から作られている薬、昔は薬だと信じて飲まれていたものの現在では毒性があると解っている植物の説明があり。
049
その後、『人類の為になる植物を』という志で始められた植物園なので、薬以外にも役に立つものは育てようと拡張され植えられた、食用、飲用に使われている植物が集められているセクションの説明。少ない予算で運営されている施設だからこその工夫や、ボランティアが全てシャベルで堀ったという池をはじめとする手作りの庭の説明。
058
植物の命名法がどうやって現在の形に統一されたかという歴史や。大航海時代に珍しい品種の植物をどのようにイギリスに運んで、土地に根付かせるために工夫をしたか。等々、濃い内容の、聴きごたえのあるツアーでした。
057
私の様に全く知識が無い人でも勉強になって楽しめましたし。植物に造詣が深い方でも(こそ?)非常に興味深く聞けるツアーではないかと感じました。ただ見て回っても面白いように説明板がそこかしこに設置されており、自分一人で見て回っても十分楽しめましたが。ツアーにのった方が数倍楽しめますので、どうせ訪れるのであればツアーにのることをお勧めします。
079
尚ツアー中はずっと野外でじっとしていることになるので、観光をしている時より寒さが堪えます(テムズ川が近いせいかもしれません)。観光をする服装にプラスα羽織り物や巻物を追加した方が良いかもしれません。

Chelsea Physic Garden

66 Royal Hospital Road

Chelsea

SW3 4HS

LONDON
開園時間等の詳細はHPにてご確認ください。

« スピタルフィールズ・マーケット | トップページ | チェルシー薬草園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67712644

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー薬草園のツアー:

« スピタルフィールズ・マーケット | トップページ | チェルシー薬草園 »