2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« チェルシー薬草園 | トップページ | テムズ南岸散歩 »

2016年9月30日 (金)

タワーブリッジとロンドン塔

朝から雨の金曜日のニューヨーク。今日も雨が降ったり止んだりを繰り返す予報です。最高気温は17℃。温かくして出掛けた方が良さそうです。

昨日午前9時頃、ニュージャージー・トランジット・コーポレーション(New Jersey Transit Corporation)の電車がニュージャージー州ホーボーケンの駅に到着する際に、プラットフォームに突っ込むという事故がありました。プラットフォームで電車を待っていた34歳の女性が死亡し。108人が怪我をするという大事故になりました。今朝PATHは運行しているようですが、事故があったプラットフォームは閉鎖されているため、NJトランジットはシャトルバスがホーボーケンとマンハッタンのバテリーを結んでいるとの事。通勤や移動でホーボーケンとマンハッタン間を移動される方は、予めルートや時刻表の変更の有無を確認し、時間に余裕を持って移動した方が良さそうです。

以下、在ニューヨーク日本国領事館から注意喚起E-mailが送信されましたので、内容をご確認ください(記事中死亡者数は3名となっていますが、1名だと思います。緊急送信したので、情報が錯綜していたのだと思われます)。
******************************************************************

2016年9月29日在留邦人の皆様
旅行者の皆様 当地報道等によれば,本日午前9時前ニュージャージー州ホーボーケン駅ターミナルにてNJトランジット列車番号1614号(Pascack Valley線。同日午前7時23分Spring Valley駅発)がホーボーケン駅ターミナルに衝突する事故が発生しました。右衝突により駅構内の建物が一部損壊し,3名死亡,100名前後が負傷しました。被害は先頭車両に集中している模様です。 本件事故に邦人が巻き込まれた等の情報をお持ちの方は当館領事部212-371-8222までご連絡下さい。 現場付近に滞在中の方は,現場に近づかないようお願いいたします。現在,NJトランジット,パストレイン等周辺の鉄道運航は停止している模様ですので,今後は各鉄道会社や報道機関が発出する最新の情報入手に努め,本件事故に巻き込まれないよう注意して下さい。 ******************************************************************
■ 本お知らせは,安全対策に関する情報を含むため,在留届への電子アドレス登録者,「緊急メール/総領事館からのお知らせ」登録者,外務省海外旅行登録「たびレジ」登録者に配信しています(本お知らせに関しては,配信停止を承れませんのでご了承願います。)。
■ 本お知らせは,ご本人にとどまらず,家族内,組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■ 在留届,帰国・転出等の届出を励行願います。
緊急時の安否確認を当館から行うために必要です。
以下のURLから所定の用紙をダウンロード後,FAXで(212)755-2851までご送付ください。

http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/02.html ******************************************************************
さて、今回はロンドンのシンボルの1つ、タワーブリッジ(Tower Bridge)周辺の景色をご紹介します。
120
夫の最終の仕事がタワーブリッジの近くだったため、待ち合わせをして一緒に夕方の散歩に繰り出しました。待ち合わせはロンドン塔(Tower of London)。地下鉄の駅前に古い城壁の一部が現れます。
122
正式名称は「女王陛下の宮殿にして要塞」(Her Majesty's Royal Palace and Fortress)。入場料が£25/大人もするので我々は入場しませんでしたが、英国王室の儀礼に使用される武器や宝物が収められており、それらを見ることができるとの事。
124
1086年頃完成し、1625年迄は国王の居住する宮殿として使用されていたというのですから歴史ある建物です。でもその後は、身分の高い政治犯を幽閉・処刑する場所として使用され。14世紀以降は、政敵や反逆者を処刑する刑場となっていたそうなので、若干おどろおどろしい気もしますが…。
128
世界遺産にも登録されていますので、世界遺産好きな方にとっては絶対に訪れたい場所でしょう。実際、地下鉄『タワーヒル』駅からロンドン塔、そしてタワーブリッジを結ぶ導線は観光客で溢れ、お土産物屋さんも沢山ありました。
127
131
134
136
テムズ川に出ると、タワーブリッジまで続く景色の良い遊歩道があり。凄い人出ですが、雄大なテムズ川と開けた空のお蔭かイライラせずに散歩を楽しめました。
137
139
タワーブリッジの橋桁の脇には階段があり、橋の上に上れます。
140
タワーブリッジ(Tower Bridge)はもう一つのロンドンの顔で、1894年に完成した跳ね上げ橋。橋が上がる時間がHPにて公表されているので、絶対に動く所を見たい場合には事前に調べて訪れる事をお勧めします。
142
が、調べずにプラッと訪れた我々が橋に上ったら、丁度可動橋が上がり始めたところで。歩きながら段々と上がる橋を眺めることができました。
143
当たり前ですが、橋が上がっている間は車も人もテムズ川を渡ることができません。こんな時、上部橋の展示室にお金を払って登っていれば、橋が上がる瞬間をガラスの床から撮影することもできますし、橋の可動を気にせず渡ることもできますね。絶景も楽しめる事でしょう。
149
152
橋からは気持ち良い景色を楽しむことができました。歴史ある街並みを見て回るのは勿論楽しいのですが、たまに空が広がる風景に身を浸せると安心します。
151
153
156
橋が下りて渡り始めたら、あっという間に南岸に着いてしまいました。ただ、川の上は風が強いのでご注意ください。上部橋でヨガをするなど面白そうなイベントもあるようですので、訪れる際には事前に調べると良さそうです。
145

« チェルシー薬草園 | トップページ | テムズ南岸散歩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/67738232

この記事へのトラックバック一覧です: タワーブリッジとロンドン塔:

« チェルシー薬草園 | トップページ | テムズ南岸散歩 »