2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ハーバード大学のオフィシャルウォーキングツアー | トップページ | チャールズ川の散歩道 »

2016年11月17日 (木)

MIT博物館

今日も晴れ渡っている木曜日のニューヨーク。ラジオでは「秋の美しい1日になるでしょう」と高々と宣言していました。最高気温は17℃の予報。朝晩は冷えますが、日中は過ごし易そうです。

今日はトランプタワーで安倍首相とトランプ氏が会談することが大きなニュースになっています。ラジオでも日本にいる専門家とスカイプを繋いで大きく取り上げていましたし、地元ニュースでも話題になっています。今日はトランプタワー周辺には近づかない方が良いかもしれません。いつにも増して、物々しい警備が行われそうです。それについては、昨日会談をしたニューヨーク市長のデブラシオ氏が文句を申し立てたようですが。

今年に入ってからヘイトクライムが31%も上昇したことがニュースになっています。今回の選挙戦は本当に悪い影響があったんですよね、多分。トランプ氏が次期大統領に決まったことによって、人種差別や女性蔑視、性的マイノリティー迫害や移民排斥に関しても過半数が承認を与えたと勘違いした人達がヘイトクライムを起こさないよう願います。
*****************************************************************
さて、今回はケンブリッジにあるマサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)の博物館についてです。
073
ハーバード大学でウォーキングツアーを終えた後、MIT工科大学の博物館を覗くことに。ハーバード大学からマサチューセッツ工科大学までは徒歩で20分位でした。ずっとマサチューセッツアヴェニューを歩いて行くのみ。途中人気のベジタリアンレストランで昼食もとり、元気もチャージ。

MIT博物館は、MITの卒業生たちが発見した発明を中心に紹介がされています。入場料は$10/大人で、我々は約1時間半で見学を終えました。
075
博物館の展示内容が定期的に変わるのかは不明。我々が訪れた時には、ロボット技術とホログラムの技術を中心に展示が行われていたように感じます。ロボット技術がどのようにして発展してきたのか。何が課題なのか。課題をどのようにクリアしたのか。分かりやすく説明してあります。

課題ごとに展示があるので、歩いて見る内に課題が1つ1つクリアされていく過程が理解できて興味深かったです。でもお子さんには少し難しいかも?ロボットが動く様は興味深そうに見ていましたが、展示の説明文は全然読まずにスルーしていました。お子さんには難しい英語だったように思います。
058
単調なゼンマイの動きを利用して、複雑な動きを再現するアート作品のセクションは割と研究から離れてアートの様に楽しめましたし。子供達はこのセクションは大喜びで見ていました。

ホログラムのセクションでは、イマイチ仕組みが上手く理解できなかったり。最先端の発明を紹介するセクションではその偉大さがよく飲み込めなかったり。自分の無知さ、頭の悪さが邪魔をして100%楽しめた気がしませんが…。それでも、理系がからっきしの私でも十分楽しめる程度に噛み砕いた説明・展示でおもしろかったです。
067
貧血もちの私でも楽しめる範囲の広さで、たまに椅子に座って映像を見るセクションもあるので立ちっぱなしでもありません。1階のロビーにもソファーがあるので、観光で足が疲れている人や貧血もちの方でも安心して見て回れます。

MIT Museum
265 Massachusetts Ave., Bldg N51, Cambridge, MA 02139
開館時間や場所などの詳細は博物館のHPにてご確認ください。

« ハーバード大学のオフィシャルウォーキングツアー | トップページ | チャールズ川の散歩道 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/68470578

この記事へのトラックバック一覧です: MIT博物館:

« ハーバード大学のオフィシャルウォーキングツアー | トップページ | チャールズ川の散歩道 »