2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ヒルクレストでのディナー | トップページ | サンディエゴ周辺でのランチ »

2017年1月15日 (日)

サンディエゴのヒルクレストにあるB&B

朝から快晴の日曜日。昨日の午後は雪が降りましたが、地面に雪が残っている場所があるもののアスファルトの上は融けて無くなっているように見えます。このまま1日晴れて、最高気温は5℃まで上がる予報。昨日よりは少しだけ寒さが和らぐようですが、寒いことには変わりないので温かくして出掛けます。

スタンフォード大学に続き、ハーバード大学も無料のオンラインコースを始めた事が友達の間で話題になっています。ハーバードが始めたのは無料の『デジタルカメラ入門』コース。ご存知の通り、このブログを始めてから沢山写真を撮るようになったので、時間を見つけて受講してみようと思います。
********************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴにあるヒルクレストという地区で泊まったB&B『Hillcrest House Bed & Breakfast』の感想です。
025
ベッド&ブレックファーストに泊まると、オーナーさん達と言葉を交せて思いがけず訪れている土地について学ぶことが多いと気付き。昔はプライバシーが保てなそう、知らない人達と話していると気疲れしそうと敬遠していたのが嘘のように、最近はB&Bに泊まることが多くなっています。

サンディエゴ旅行でも、友達カップルが住むアパートの近くに評判の良いB&Bがあると教えて貰い。迷うことなく4日間滞在することにしました。
027
『ヒルクレストハウス・ベッド&ブレックファースト』は、ヒルクレストの中心的通りであるユニバーシティーアヴェニューから少し入った場所にある、一軒家を利用した宿。ニューヨークから訪れたからかもしれませんが、夜はとても静かで暗いと感じました。騒音や灯りが気になる方でも問題なく休息できると思われます。と言っても、我々は離れのような部屋に泊まっていたので、母屋にある部屋の状況はわかりませんが。

小さな宿なので、部屋毎に内装や設備も違います。私は書き物をするので文机がある部屋が希望だったのですが、既に予約されていて断念。実際に泊まった部屋はジャグジー付風呂とキチネットが付いたダブルベッドの部屋。十分な広さがあり、とても快適でした。
029
特に滞在中サンディエゴには珍しい涼しさだったし、雨に濡れることも多かったのでお風呂は予想以上に有難く感じました。腰痛にお風呂はとても良く効くのですが、毎日お風呂に浸かったお蔭で元々調子が芳しくなかった腰を痛めるのが、帰宅してからにできたのでは?と思います。旅先で腰を傷めたら散々だったので、本当に良かった。

朝食は午前8時半~10時まで。母屋のリビングにビュッフェが用意されており、自由に食事を楽しめます。冬はできませんでしたが、気候が良い季節には入り口前のポーチで食事を楽しむ事もできそうでした。
001
ビュッフェは然程種類が多くなく、シリアル&グラノラ、ヨーグルト、フレッシュフルーツ各種、ゆで卵、トースト、手作りマフィン。ドリンクに牛乳、オレンジジュース、コーヒー、紅茶(ティーバッグ)が用意されています。

インキーパーは、オハイオからサンディエゴに移り住んで2年という若い女性。彼女が毎日手作りしたマフィンが温かい状態で置かれています。毎朝挨拶して雑談を交わし、質問があれば答えてくれます。
038
他のゲストの方達とも挨拶を交したり、朝食について教えて貰ったり。何となく言葉を交わせるだけでも、心が解れる気がします。日本からの旅行であれば、アメリカ人の方と会話を楽しむチャンスがとても作りやすい環境だと感じました。現地の方と言葉を交せた方が、思い出に残る旅行になる気がしますので、この宿はうってつけです。

サンディエゴを発つ飛行機が朝だったので、早朝宿を後にした我々。その旨をインキーパーさんに予め伝えてあったのですが(鍵の受け渡しについて質問したため)、持ち帰りの朝食が作れると仰るので二つ返事でお願いしました。
001_2
母屋のリビングの冷蔵庫に入れておいてくれると言うので早朝取りに行ったのですが、リンゴ・オレンジ・グラノラバー・ヨーグルト・手作りチョコレートチップクッキー・イチゴが入った豪華な紙袋。お蔭で午後6時に帰宅するまで、機内食もない移動をこの食料と少しのスナックでしのげました。

加えて紙袋に手書きのメッセージがあり、それを見てちょっとハッピーに。こういうひと手間がまた滞在したいって思わせてくれます。
001_3
母屋のリビングにはペットボトルの水も置かれていて、自由に貰う事ができます。そのため滞在中はこのペットボトルの水で日中も夜も過ごすことができ、殆どドリンクを買う必要が生じませんでした。

宿から1分歩けばレストラン・カフェ・バーが並ぶユニバーシティー・アヴェニュー。5分も歩けば市バスのバス停。ヒルクレスト自体大きな町ではないので、町の西端にある宿から東の端までゆっくり歩いても30分掛りません。気取らない地元の人の為の店から、お洒落なカフェ、ホールフーズまで一通りの物が揃っています。
002
人気があるラーメン屋や和食の居酒屋。カジュアルなお寿司屋なんかもありましたので、和食が恋しくなっても大丈夫ですし。中華やタイ料理なんかもあるので、毎日パンだとちょっと…という方でも安心。実際夫が胃が疲れてアジア系が食べたいと希望したため、タイ料理で夕食しました。安心の味で普通に美味しかったです。

B&Bだと連泊だと毎日は清掃しないという場所もありますが、ここは毎日インキーパーの女性自ら清掃もしてくれて、安心・清潔。気持ち良く過ごせました。無料のWiFiは安定していて、凄く早くはないものの宿の通信速度としては良い方でした。お蔭でブログも安心して書けましたし、調べ物もすいすいできました。
030
リビングには観光パンフレットや地図なんかが置かれていました。インキーパーの女性に相談すれば、お勧めの観光スポットなんかも教えて貰えると思います。

次回サンディエゴを訪れる際にも、この宿に泊まりたいと思った居心地の良い場所でした。因みに空港までは約15分。UBERで$7弱。配車依頼をしてから到着までの時間は午前5時45分頃で約10分でした。ご参考まで。

Hillcrest House Bed & Breakfast

3845 Front Street

San Diego, California 92103

Email: info@hillcresthousebandb.com

Phone : (619) 990-2441
詳細はHPにてご確認ください。

« ヒルクレストでのディナー | トップページ | サンディエゴ周辺でのランチ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/69249791

この記事へのトラックバック一覧です: サンディエゴのヒルクレストにあるB&B:

« ヒルクレストでのディナー | トップページ | サンディエゴ周辺でのランチ »