2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ラホヤの小さなドッグパーク | トップページ | サンディエゴのヒルクレストにあるB&B »

2017年1月15日 (日)

ヒルクレストでのディナー

曇っている土曜日のニューヨーク。日中は曇り時々晴れの予報で、午後5時以降は雪が降る可能性があるようです。最高気温は2℃。冬らしい週末になるという予報は今のところ当たっていそうです。

ニューヨークタイムズが発表した『2017年に行くべき52か所』という記事を読みました。国だったり(カナダ、とか)都市だったり(オレゴン州ポートランド、とか)するのですが、日本からは『大阪』と『Ryukyu Islands』(内容は屋久島を主に念頭に置いているようですが、南西諸島のことかな?と思われます)が選出されています。それを見て、東京・京都・奈良・名古屋辺りはもう観光されている前提なんだなーと感慨にふけりました。確かにニューヨークにいると、そのあたりの都市(と金沢?)は訪れたことがある人が結構います。サウス・ブロンクスが選出されていたのが意外でした。確かに今年こそ訪れたいとは思っていましたが。
****************************************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴにあるヒルクレスト(Hillcrest)で食べた夕食の備忘録です。
095
先日ヒルクレストの風景を紹介しましたが、レストラン、カフェ、バーが充実した地区でした。昨日ボランティアをしていたら、お喋りしていたスタッフさんの1人がサンディエゴ出身で同じ時期にサンディエゴに居たことが判明(ついでにボランティア仲間の息子さんも同時期にサンディエゴを旅行して「3日間雨だった」とぼやいていたのだとか)。

「友達はどの地域に住んでるの?」と聞かれたので、「ヒルクレストだよ。私達もそこに泊まったの」と答えたら、「僕が昔住んでいたのもヒルクレストだよ!レストランが充実してて、活気があって、良いネイバーだよね」との回答。ダウンタウンは歩いていないので比較できませんが、確かに食事の選択肢が沢山あって徒歩でも楽しめる町でした。
096
何しろ4泊しかしなかったので、トライしたいレストラン全てを試すことはできませんでしたが、試した場所で気に入った場所を記載します。因みにインキーパーの女性は①アフガニスタン料理の『Khyber Pass』と②地ビールが楽しめる『EMPIRE HOUSE』もお勧めしてくれました。

友達カップル(と彼女達の同僚)のお薦めは、③sushiritto(お寿司とブリトーのハイブリット。太巻きみたいなものらしい)が食べられる『Rolled Up』と④種類豊富なバーガーが楽しめる『Burger Lounge』でした。
007
旅行中はサンディエゴにしては珍しい涼しさ+連日の雨+移動疲れでディナーは近場で勧められた場所で済ませたので、ネット上で凄く人気があるとか話題の場所とかではありませんので悪しからず。また、大晦日はやっぱり年越し蕎麦…と蕎麦を食べにいったので、そこも除外します。

メキシカン『Ortega’s』
ヒルクレストの中心的通りであるユニバーシティーアヴェニューに面しています。友達カップルもインキーパーの女性もお勧めだったレストラン。
037
ニューヨークには美味しいレストランが沢山あると思いますが、メキシコ料理はいただけないと感じている私。カルフォルニア辺りに住んだ事がある方は、ニューヨークのメキシカンにがっかりすることが多いのではないでしょうか?まぁ、メキシコ料理は歳をとってくるとそもそも頻繁に食べたいと思うような食事でもないこともあり、全然食べなくなっていました。
017
そんな訳でサンディエゴを訪れたら絶対に食べると決めていたのが、メキシカン。早速到着の夜に『オルテガ』で夕食しました。
016
店内はバーとレストランが混ざった『TGI Fridays』みたいな雰囲気。サンディエゴは全般的に土地が有り余っているのか、天井が高く、席と席の間隔があき、空間が贅沢に使われたお店が多い印象でした。我々が訪れたのは夕方だったので、お客が少なく余計にそう感じたのかもしれません。
018
トルティアが作り立てという感じで美味しかったのが凄く印象に残っています。量も多すぎず、味も濃すぎず、こってりしていなくて、素材の味を活かすような味付けで、中年日本人丸出しの我々でも美味しく食べきることができました。海が近いので魚介類を使ったメキシカンが多いのも、日本人には嬉しい限り。
019
店員さん達は、礼儀正しいですし、テキパキしていました。ビール×2本+メイン×2でUS$59.66(チップ+TAX込)でした。

Ortega’s

141 University Ave

San Diego, CA 92103

TEL: (619) 692-4200

メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

カジュアルイタリアン『La Pizzeria Arrivederci』
このピッツァリアもインキーパーさんお薦め。「何を食べても美味しいし、ボリュームもあるし、温かい雰囲気で、店員さんも凄くフレンドリーだよ」という推薦文句そのままのレストランでした。
161
同じ通りにレストランがあり、そちらは人が入りきれなくて通りで入店待ちしている人が居る位人気でしたが。ピッツァリアの方も大人数で集まって食事を楽しむ人や家族連れ等で賑わっていました。
156
店員さんはフレンドリーで、ワインの説明をテキパキとして好きそうなグラスをお勧めしてくれました。知識が無い私は、好みを伝えてワインを選んでもらえるととても助かります。
158
食事は家庭的で量が凄く多かったですが、素朴でくっきりと味が際立つ塩が攻めの按配で使われていて食欲をそそり、珍しく完食できました。奇を衒わない、お馴染みの味が美味しいほっとできるイタリアンって良いですよね。麺類は日本人の心を落ち着かせる作用がある気がします。
159
特筆すべきは、付け出しのバスケットに入ったパン。自家製じゃないかな?と思っているのですが、余計な物が入っていない、塩が効いているパンはとっても美味しく。物凄い量のパスタに怯んでいたにも関わらず、パンも食べてしまいました。
160
どうにも学生時代のLA周辺の印象が強い私は、カルフォルニア全般に対して「イタリアンが不味い」という偏見を持っていたのですが。今回少なくともサンディエゴに対してはその偏見を改めました。時代なのかもしれませんが…。但し、あくまで家庭料理ですから、洗練された本場の味みたいなのを求めていったらがっかりすると思います。
157
お値段は、ワイン1杯+ビール1杯+スープ+パスタ×2でUS$58.98(TAX+チップ込)とお値打ちでした。サンディエゴはニューヨークに比べて食費が安く済む印象でした。

La Pizzeria Arrivederci

3789 4th Ave, San Diego, CA 92103

TEL: 619-542-0293
メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

« ラホヤの小さなドッグパーク | トップページ | サンディエゴのヒルクレストにあるB&B »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/69245694

この記事へのトラックバック一覧です: ヒルクレストでのディナー:

« ラホヤの小さなドッグパーク | トップページ | サンディエゴのヒルクレストにあるB&B »