2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« NoHoのオーガニックレストラン | トップページ | サンディエゴで年越し »

2017年1月 1日 (日)

サンディエゴ到着

2016年12月30日は友達カップルの住むサンディエゴで一緒に年越しをするために、ニューヨークから移動していました。

サンディエゴは、カルフォルニア州のメキシコとの国境にある気候の良い街として有名。ニューヨークからは、飛行機で約6時間。時差は-3時間です。
012
今回は少しケチった事と、マイルを貯めたかった事、友達が空港まで迎えに来てくれると申し出てくれていた事もあり常識的な時間に到着したことが重なり、珍しくニューアーク空港からの出発になりました。

去年JFKからサンフランシスコに飛んだ際に大変な混雑だったので、今回も覚悟して早めに空港に到着したのにあっさりとセキュリティーを通ることができました。空港が違うから?今年はカレンダーが変で、クリスマスとお正月が週末に当たるので繋げてしまった人が多かったから?謎です。兎も角、空港でのんびり朝食を摂って、雑誌を読む余裕がありました。
010
今回はアリゾナ州フェニックスで乗り換えもしました。空港に降り立ったら、凄く暑くて吃驚。空港の建物も横に長くて、空間の使い方が贅沢。レストランが沢山あって、シーズキャンディーのお店があるのが『あー西海岸に来たな!』という気分を高めてくれました。

乗り換えの待ち合わせは1時間もなかったので、ターミナル移動をして、少し休んだら直ぐ搭乗。この時期にしては珍しく2本共に遅延がなく時間通りにサンディエゴ国際空港に到着するという奇跡の様にスムーズな移動でした。
013
フェニックスからサンディエゴまでは1時間半弱の短い移動。でも、フェニックスとサンディエゴは-1時間の時差がありました(すなわち、ニューヨークとフェニックスは-2時間の時差)。フェニックスからのフライトは、同じアメリカン航空でも趣が全然違い。

フライトアテンダントの方々はとてもフレンドリーだし、お客さん同士も偶々同じ列になったというだけでお喋りが弾んでいて。フライトの間中ぺちゃくちゃと話していました。私達の座っていた辺りを担当してくれていたフライトアテンダントの方が、離陸の時には赤いハイヒールの靴を履いていたのですが、ドリンクをサーブする辺りから黒いペタンコ靴に履き替えていて。お客さんが「赤い靴はどうしたの?」と聞いたら、「ヒールがある靴を履かなくちゃいけない規則なの。でもフライト中は危ないし、14時間あんな靴を履いてたら足が辛くて仕方ないから履き替えてるの」との事。「えー、規則なの?なんだか時代錯誤だね?」、「マスカラと口紅もマストなのよ!?」、「そりゃ、前時代的なだけじゃなく、性差別的だね…」なんて会話も交わされていました。確かに酷い規則だ…。
015
サンディエゴの空港で荷物を受け取り、建物の外で友達を待っている時に、後ろに座っていた派手シャツにジャケット、中折れ帽を被った紳士が通り掛ったのですが、「良いお年を!」とわざわざ挨拶してくださって、土地柄の違いを感じました。

昨日はあまりに疲れていたので、友人にはホテルに送ってもらうだけで別れ。近くにあるメキシコ料理のレストランに出掛けただけで、夜6時に爆睡。朝の6時頃まで寝ていました。あぁ、歳をとると旅行に出かけてもハードに遊ぶことができません。
008
今日はサンディエゴには珍しい、1日雨、夕方からは雷雨という予報。嵐を呼ぶ女っぷりを発揮しそうです。そのため、計画していた事ができなそうなので、美術館ででものんびりしようかな?と考えています。

日本はもう新年を迎えましたね。旧年中は大変お世話になりありがとうございました。新年が皆様にとって良い年となりますように。

« NoHoのオーガニックレストラン | トップページ | サンディエゴで年越し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/69067338

この記事へのトラックバック一覧です: サンディエゴ到着:

« NoHoのオーガニックレストラン | トップページ | サンディエゴで年越し »