2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« コロナド観光 | トップページ | ラホヤ観光 »

2017年1月 6日 (金)

カブリヨ国定公園散策

日が昇った頃は晴れていたのに、段々と雲が多くなってきた木曜日のニューヨーク。このまま夜までは雨は降らないものの曇り、夜には軽く雪が降る所もあるとの事。明日は雪の影響で通勤に通常よりも時間が掛る可能性があると注意が促されています。現在気温は-2℃。最高気温も2℃と、暖かかった昨日から一転冬の気温になりますので、風邪などひかれないようご注意ください。

昨日ロングアイランド鉄道がブルックリンのアトランティックアヴェニュー駅で脱線する事故があり、102人が軽傷を負いました。しかしながら、今朝は通常通り運行しているようです。とは言え、ご利用の際には予め運行状況を確認した方が安全かもしれません。

トランプ次期大統領の就任式まで20日を切り、一時期は落ち着いていたフェイスブックの投稿も増えてきました。旅行中はホテルでTVが見れたのでCNNを見ていましたが、オバマ大統領の8年間を振り返る特集が多く組まれていました。私もクリスマスメッセージを見ながら、『来年からはトランプ大統領とその夫人からのメッセージになるのか…』と暗い気分に。ロケッツがショーをしたりと派手な就任式になるようですが、どうなることやら。
************************************************************
さて、今回はサンディエゴにあるカブリヨ国定公園(Cabrillo National Monument)散策の備忘録です。
124
カブリヨ国定公園は、1542年にスペインの探検家ファン・ロドリゲス・カブリヨがサンディエゴに上陸したことを記念する国定公園。ですが、中を探検できる洞窟、灯台、引潮時に歩ける潮だまりで有名なのだと思います。加えてハイキングコースも整備され、天気が良ければサンディエゴの街を一望できる眺望でも人気。
112
しかしながら我々が訪れたのは今にも降り出しそうな曇天。そして潮だまり探索を終えたら本格的に雨が降り出し、眺望は晴れの日ほど無く。ハイキング・灯台・彫像などは全く楽しめませんでした。かてて加えて洞窟は一般公開されていない時期だったので、潮溜まりを散策しただけでしたが、十分満足しました。
117
サンディエゴでは海岸線で遊んだり観光したりする人が多いので、潮の干満を頻繁にチェックしましたし、駐車場の料金所には必ずと言ってよい程潮の干満情報が書かれたホワイトボードが掛けられていました。引潮時には洞窟を探検できたり、岩場を歩けたりとできるアクティビティーがかなり増える海岸が多かったので、事前に引潮の時間をチェックしてから観光計画を立てるとより楽しめそうでした。
123
我々は行き当たりばったりで訪れたのですが、偶々割と引潮の時間で潮溜まりを観察することができました。ただ満潮時は水に浸かっている岩場でかなり足元が悪いので、それなりの格好/靴でお出かけ下さい。友達カップルは真冬なのにビーチサンダルでしたが…。
122
カブリヨ国定公園内には、駐車場が複数あります。ハイキングや展望台・灯台等行うアクティビティーによって便利な駐車場所が違いましたので、予め目的を決めて訪れた方が良さそうでした。
131
我々は雨がいつ降り出すか分からなかったので、取り敢えず一番の目的であった潮溜まりスポットがある下の海岸沿いにある駐車スポットへ一直線。天気が悪かったせいか、直ぐに駐車することができました。
144
因みに入場料は、一般車両は$10/台(バイクは$7/台、徒歩・自転車は$5/人)なのですが、友達カップルが国定公園のパスを保持していたので無料で入れてラッキーでした。
143
潮溜まりが観察できる海岸は、サンディエゴらしいむき出しの崖が作り出す美しい海岸線を楽しめる絶好のスポットでもありました。ずーっと続く海岸線が見れるだけでも、ニューヨークから遠くへと来たことが実感できました。
154
潮溜まりには、カニやイソギンチャク、小魚がいて観察ができます。何も動かしてはいけないのですが、近くでじっくり観察したり、写真を撮ったりして楽しめます。真後ろで岩に砕ける波を写真に収めようとしてずぶ濡れになっている人とかが居て危なっかしかったですが…。
113
ここら辺の海岸線は結構もろい砂が固まった岩でできているので、雨の次の日にキワキワに立つのはお奨めしません。また波が引くときは想像以上の力がかかるので、面白い写真を撮るのに夢中になるあまり沖に出過ぎるのも危険です。ご存知とはお思いますが…。
158
休みのせいか家族連れも多く、近くに居る子供達に友達が見つけた蟹やイソギンチャクを教えてあげたり。我々も童心に帰って存分に遊びました。
134

引潮時には陸上にある崖の中に隠れている蟹を発見。

140

引潮で陸にあるイソギンチャクは固い貝みたいに見えます。

146

潮溜まりのイソギンチャクは開いて花の様。友達は触って「粘着質だよー」なんて言っていました。

156_2

この潮溜まりの中にはハゼと小魚がいました。

160
141

面白い形に浸食された岩と石。

159

カメノテでしょうか?DASH島でリーダーたちが食べて美味しいと言っていた貝ですよね?

138

« コロナド観光 | トップページ | ラホヤ観光 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/69130433

この記事へのトラックバック一覧です: カブリヨ国定公園散策:

« コロナド観光 | トップページ | ラホヤ観光 »