2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« イーストハーレムのフレンドリーカフェ | トップページ | ハイラインの新たなアートスペースの紹介コーナー »

2017年2月28日 (火)

カーネギーホールでマスタークラスを見学

少し霞んでいるものの晴れている月曜日のニューヨーク。今日は雲が出るものの1日晴れの予報で、最高気温は12℃と過ごし易い気候になりそうです。明日は雨、明後日は雷雨、金曜日は雪の予報ですので、せいぜい楽しめる時に太陽を楽しんでおきましょう。

ニューヨークの周辺には3つの空港がありますが、大体の人はお気に入りの空港があってそこからの発着しかしないようにしているようです。かくいう我々もラガーディア空港は好きではないので、殆ど利用したことがありません。そうしたら全米の空港で時間通り着陸する確率が一番低い空港の1つに選ばれたというニュースが出ていました。やっぱり敬遠していたのには理由があったんですね。

昨日のオスカー授賞式で、ベストピクチャーの受賞映画の名前が間違って読まれたことが大ニュースになっています。なんでも専門会社が入念に準備をしているにも拘らず、封筒の取り違えが起こったのだとか。何故そのような問題が起きたのか、原因を究明中との事。私の周りではラ・ラ・ランドは「別に普通に楽しい映画って感じだけどねー」とフラットな感想しか聞きませんが、かといって糠喜びは可哀想です。
*********************************************************
さて、今回はカーネギーホールで先週5回に亘って開催されていたマスタークラス『Jonathan Biss Workshop』の1回を見学した感想です。
096
カーネギーホールには教育部門があり、ニューヨークの学校の生徒を招いて音楽に触れあってもらうプログラムを運営したり、出産したもののお子さんと上手く距離を縮められない新米ママに自作の子守歌を作ってもらい赤ちゃんとの心の交流を促したり、公学校の音楽教師を招いてクラスのヒントを見つけてもらったりと、種々のプログラムが行われています。

そんな多くの活動の一環として、既にプロとして活躍している音楽家を招き、若手音楽家/生徒さんを公開レッスンするというワークショップ/マスタークラスが行われています。今年は声楽家やピアニストを招いて数日間に亘ってプログラムが組まれているらしく。
095
内、ピアニストJonathan Biss氏が5日間に亘って世界中から集まったピアニストにレッスンをつけるプログラムの第2日目。3人の生徒さんにレッスンを付ける様を公開するマスタークラスを見学する機会を得ました。

クラスは全部で2時間半。3人の生徒が課題曲(ベートーベン、シューベルトもしくはブラームス)を弾き、その後30分~45分決められた時間内でレッスンを受けていました。
012
私は音楽の知識が全くありませんし、聞くのは好きでも曲名や作曲者の名前を覚えません。そんなに頻繁にコンサートに足を運びもしません。最近は腰が痛くて劇場の深い椅子に座っていられないので、映画やコンサートから足が遠のいていますし。

でもそんな全然知識が無い私でも(だからこそ?)レッスンはとても興味深かったです。Jonathan Biss氏が、「ここは同じ音が4回繰り返されてますね?繰り返しには絶対に意味があります。ただ何となく同じ音を弾いてはいけない」とか、「音符にしたら同じでも込められた意味合いは全く違う。既に作曲者はこの世にいないから、我々は精度の良い推測をしていく必要がある。」とか、「この曲は僕にとっては足掻いても足掻いても逃れられない悲劇性を表した曲なんだよ。でも貴方の演奏は美し過ぎてその足掻いている感じが伝わらない」とか、「間違いがない正確な演奏よりも、多少間違えても素晴らしい演奏を目指そう」とか、「主題が何回か繰り返される際には、クライマックスにあたる音に注目して。何回か繰り返しがある際には、絶対に少しの違いがある。その違いに込められている意味が絶対にある」とか、「ここは右手が主旋律を奏でていて目立つけれど、大事なのは左手の低音です。何故ならこの主題は苦しみだから」とか、「ピアニッシモは、音を最後まではっきり弾かなくて良いという事ではない。小さく音を鳴らす事と、柔らかい音を出す事は全く違う。この曲は深い悲しみを表現しているのだから、いくら小さな音でも音の輪郭が最後までクッキリしているべきで、しかも音には芯があるべき」とか、理論的な指導が続く、続く。
011
生徒さんの個性も聴いていておもしろかったです。生徒さんによっては指導を受けても受けても、全く演奏が変わっていないように聞こえる方もいて。先生の方から「何度もしつこく同じことを言って申し訳ないけれど、自分のスタイルを持つことと、自分の引き出しが1つしかないことは全く違う。自分のスタイルを持つことは素晴らしいけれど、引き出しは沢山持っていなければプロではないし、演奏の限界は知っておくべき。このレッスンが終わったら私が言ったこと全てを無視してくれて構わないから、一回失敗してみてくれない?」とまで言わしめたり。

他の生徒さんには、「次の展開を期待させては駄目。良い演奏とは、演奏家自身が『え?今何が起こったの?』と吃驚するような状態でなければ」と言っていたり。へぇ~と思う言葉が沢山でした。
049
以前、村上春樹氏著『小澤征爾さんと、 音楽について話をする』という本を読んだ際に、小澤征爾氏が演奏する楽曲を決めた後、2-3日書斎にこもってひたすら楽譜の勉強をするという記述があったと記憶しているのですが。それを読んだ時は、正直言って何のことを言っているのかピンと来ませんでした。でも、今回このクラスを傍聴することによって、全ての変調や音階の変化や音の繰り返し等から意味を読み取っていく作業の事か、と凄く納得したのでした。

あんまり面白かったので、ピアノを習っているボランティア仲間にもお勧めしておきました。チケットを購入しても$15でしたので、そんなに高価ではありません。傍聴していたのは、音楽の先生やピアニストを目指す若者が多かったように思います。

« イーストハーレムのフレンドリーカフェ | トップページ | ハイラインの新たなアートスペースの紹介コーナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/69750065

この記事へのトラックバック一覧です: カーネギーホールでマスタークラスを見学:

« イーストハーレムのフレンドリーカフェ | トップページ | ハイラインの新たなアートスペースの紹介コーナー »