2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アースアワー | トップページ | コペンハーゲン観光① »

2017年3月27日 (月)

コペンハーゲン・フリー・ウォーキングツアーズ

雨の予報の月曜日のニューヨーク。午後5時頃まで、一時止むときがあるものの、断続的に雨が降り続くようです。最高気温は17℃まで上がる予想。気温の上下が激しくて体調管理が大変ですね。

デンマークを旅行した際に、外務省が登録を推奨している『たびレジ』を初めて利用しました。その為、コペンハーゲン滞在中に起こったロンドンでのテロを受け以下の様な注意喚起メールが在デンマーク日本国大使館から送信されました。これから欧州を旅行する方は勿論、外国で生活する方全てに参考になると思いますので、以下に添付致します。
***************************************************
2017.3.24
在デンマーク日本国大使館

~海外安全情報(広域情報)~

(件名)
欧州でのテロ等に対する注意喚起

(内容)
【ポイント】
○欧州では,車両やナイフを用いたものを含め,各国でテロに対する注意が必要です。
○最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には安全確保に十分注意を払ってください。
○在留届の提出または「たびレジ」の登録を必ず実施してください。

【本文】
1.欧州では,車両や銃器,爆弾,ナイフなどを用いたテロ等が続発しています。事件発生地及びそれらの周辺国でも注意が必要です。
2月3日(現地時間),フランス・パリのルーブル美術館において襲撃事件が発生しました。3月18日には,パリのオルリー空港で,男が警戒に当たっていた兵士の武器を奪取し,警察官に射殺される事件が発生しました。また,3月23日(現地時間)には英国・ロンドン市内のウェストミンスター橋及び国会議事堂(ビッグ・ベンの通称で知られる観光地)で車両突入・襲撃テロ事件が発生しました。これらに加え,テロが発生した国やその周辺国で,テロの共犯者や拠点,テロの企図者等が摘発されています。こうしたことを踏まえ,これまでテロが発生していない国を含め,欧州ではいつテロが起きてもおかしくないとの認識を持つことが重要です。
(注)最近の主なテロ事件等(以下,すべて現地時間)
【2015年】
 ○フランス:パリでの国立競技場,レストラン,コンサートホールを狙った連続テロ事件(11月13日)
【2016年】
○ベルギー:ブリュッセルの地下鉄,空港での銃撃・自爆テロ事件(3月22日)
○フランス:ニースでの花火の見物客に対するトラック突入によるテロ事件(7月14日)
○ドイツ:ヴュルツブルク近郊の近距離列車における乗客襲撃テロ事件(7月18日)
○ドイツ:アンスバッハの野外音楽祭での爆弾テロ事件(7月24日)
○ドイツ:ベルリンのクリスマス・マーケットへの車両突入事件(12月19日)
【2017年】
○フランス:ルーブル美術館での襲撃事件(2月3日)
○フランス:パリ・オルリー空港での武器奪取事件(3月18日)
○英国:ロンドン市内のウェストミンスター橋及び国会議事堂でのテロ事件(3月22日)

2.以下のテロ対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努め,「ここは日本ではない」という意識を持ち注意を怠らない。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等,安全確保に十分注意を払う。
  (※)観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。また,車両突入の場合,ガードレールや該当などの遮へい物がない歩道などでは危険が増します。

3.在留届の提出または,「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

4.外務省のテロ対策パンフレットも併せてお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139 
***************************************************
さて、これからしばらくの間コペンハーゲン旅行の備忘録が続きます。その間はニューヨークの情報が全くないと思いますので、予めご了承ください。今回は、4日半しか滞在しなかったデンマークの首都コペンハーゲン滞在中に3回も参加した『コペンハーゲン・フリー・ウォーキングツアーズ』についてです。

005
新しい場所に旅行すると、ウォーキングツアーにのって簡単に歴史や謂れなどを学ぶようにしている我々。何故かは解りませんが、歩きながら喋っている人を見つつ説明を受けた方が内容が頭に入り易いので、乗り物に乗ってツアーを受けるよりは、歩きながら説明を受けることを好んでいます。

そのためよっぽど天候が悪いとか、日程に無理がある場合を除き、新しい都市に旅行計画を立てると先ずウォーキングツアーの内容をリサーチします。その際に各都市に展開しているフリー・ウォーキングツアーを利用することが増えてきました。
018
以前サバンナで利用したら、ガイドさんがとても良くて内容にとても満足したので、他の都市でも利用するようになったのです。そんな訳で、コペンハーゲンにもフリーウォーキングツアーがあると知って、夫と参加することを決めました。

フリーウォーキングツアーズは全世界の多くの場所で展開されているウォーキングツアーの仕組み。名前の通り原則無料で、予約も不要(団体客や時間外の特別ツアーを組んで欲しい場合は別)。HPに示されている集合場所に、集合時間に集まればOKです。
030
なお、ここからの情報は2017年3月26日現在の情報となります。参加を検討される場合には、必ずHPの最新の情報に従ってご計画ください。このブログの内容はアップデート致しません。

コペンハーゲン・フリーウォーキングツアーズは、①Grand Tour of Copenhagenと呼ばれる3時間掛けて市の中心部を詳しく説明するツアー、②Tour of Christianshavnと呼ばれるクリスチャンハウン島を中心にフリータウン・クリスチャニア(Christiania)の説明をしてくれる90分のツアー、③クラシカルツアー・オブ・コペンハーゲンと呼ばれるクリスチャン4世が建造した建物を中心に巡る90分のツアー、および④Pub Crawlと呼ばれる飲み屋巡りツアーの4種類を催行しています。
013
夜遊びができなくなって随分経つ我々が参加したのは①~③のツアー。グランドツアー・オブ・コペンハーゲンの待ち合わせは毎日午前10時、11時、午後3時の3回で、場所はシティーホール前の階段。ロゴの入った傘を持った人達が案内に立っていますので、直ぐ分ると思います。そこからガイドさん毎にグループを均等に振り分けてツアーが開始され。2時間位経った所で、1回トイレ休憩があります。
044
ツアー後に満足したら、自分が妥当だと思う金額をガイドさんにチップとして渡してツアーは終了。グランドツアーでは、その日の内であればツアーの終点であるニューハウンにあるパブでの1回目のオーダーが半額になる割引券と運河ツアーが10%オフになる割引券を貰えました。

加えて、個人的に質問したいことや、お勧めのレストラン、観光地や郊外の町なんかを教えて貰うこともできます。我々はガイドさんに教えて貰った郊外の漁港に出掛けて、とても楽しい時間が過ごせました。
027
②と③のツアーは同日に参加しました。クラシカルツアーは毎日正午にホイブロ広場(Højbro Plads)で待ち合わせ。時間は90分で、トーブハーレヌフードマーケット(Torvehallerne)で終わります。丁度午後1時半にフードマーケットで終わるので、人気のお洒落なフードマーケットでランチをすることも可能です。
057
このツアーには、観光地として人気のラウンドタワーやローゼンボー城の説明が含まれます。そして正午に行われる衛兵交代式を運が良ければ見ることが可能。丁度我々のツアーの日は女王陛下も皇太子も在宮されていたので、鼓笛隊の演奏に合わせて行進している姿を見物できました。
086
クリスチャンハウンツアーは、毎日午後4時にホイブロ広場(Højbro Plads)で待ち合わせ。ツアーが始まって間もなく徒歩で橋を渡ってクリスチャンハウン島に渡り。フリータウン・クリスチャニアの外で90分後に終了します。

フリータウン・クリスチャニアの住人は、団体客を歓迎しないためにツアーとしては中に入りませんが、歴史や注意点については説明がされますので、ツアー終了後に個々で中を散策することができます。
096
しかしながら私は大麻の匂いが大嫌いで、クリスチャニアの至る所で気軽に吸われているので臭いに耐えられず。しかも、クリスチャニアの住人は観光客が非常に嫌いみたいで、じとーっと見られている感じも居心地がすこぶる悪く。トイレを借りようとしたら釘が打ちつけられて開かなかったのもあって、早々に退散しました。
090
でも国の中に半ば自治区と化した小さな町があるなんて珍しいですし。印象的な尖塔で有名な救世主教会も観ることができて、面白いツアーです。加えてクリスチャンハウンは美しい運河の風景で有名ですし。コペンハーゲンの街を対岸から眺めるのも美しい眺めなので、十分楽しめました。

Copenhagen Free Walking Tours
ツアーの集合場所や集合時間に関しては、必ずHPにてご確認ください。

« アースアワー | トップページ | コペンハーゲン観光① »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/70057819

この記事へのトラックバック一覧です: コペンハーゲン・フリー・ウォーキングツアーズ:

« アースアワー | トップページ | コペンハーゲン観光① »