2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« コペンハーゲンでのランチ | トップページ | コペンハーゲンでのディナー② »

2017年4月 7日 (金)

コペンハーゲンでのディナー①

今にも降り出しそうな金曜日のニューヨーク。昨日は凄い雷雨でしたね!ずぶ濡れになりました。今日は正午頃、午後2時頃、午後7時頃と雨が降り、1日中降ったり止んだりする予報ですが、どうでしょうか。少なくとも大雨にはならないようなので、折り畳み傘を携行するだけで良さそうです。最高気温は10℃。太陽があまり出ないようなので、気温よりひんやりするかもしれません。

今朝はシリアへのミサイル攻撃のニュースでもちきりです。沢山の子供達が空気を求めてのたうちまわる様は確かに凄くインパクトがありましたし、化学兵器の使用は断固として認めないという姿勢が大事だという意見も強かったのですが。とは言え、議会の承認を得ない形での突然の攻撃だった為、憲法上許容される攻撃だったのかという議論が巻き起こっています。シリアをこのまま放置していいわけはありませんし、でも軍事行動がエスカレートするのも…。難しいですね。こうなってくると、北朝鮮に対しても突然強硬な手段に出る可能性も出てくるという意味でも、心配な気がします。

薬物(ヘロインなどの違法薬物や痛み止め等の薬)の過剰摂取による死亡件数が50%の伸びをみせたそうです。病院に行くと、お医者さんが直接薬局にオンラインで処方箋を送信して、特定の薬局から薬を買わなければいけなくなったり、薬剤の取り扱いが厳しくなった事は肌で感じていましたが。それでも死亡件数が劇的に増えているんですね。ちゃんとした統計が取られていないため問題を把握しにくいなど、色々な障害があり取り組みが遅れているそうです。問題が山積みのニューヨークです。
*******************************************************
さて、今回はコペンハーゲンで食べた夕食の備忘録の1回目です。

旅行中あまり食に力を入れていないので、いつも割と行き当たりばったりですが。今回コペンハーゲン滞在中、夜強い雨が降ったり、強風が吹いていたりと、とかく天候が悪く。歳で移動疲れが抜けなかったこともあり、滞在先のニューハウン周辺で簡単に済ませることが殆どでした。

本当は色んな地区を見たかったので、ちょっと遠いレストランに足を延ばせたらいいな…と思っていたのですが、とてもそんな元気はありませんでした。

デパ地下のデリ『Meyers Deli』
コンゲンス・ニュートー広場(Kongens Nytorv)に面し、地下鉄駅とも直結したデパートの地下にあるフードコート。ニューヨークのグランドセントラル駅にある『GREAT NORTHERN FOOD HALL』を経営するClaus Meyer氏のデリです。
022
カウンターで食べ物&飲み物を注文して、自分で運ぶカジュアルなスタイル。その割には立派な値段がしますが、味もレストランみたいにしっかりしていました。

ベーカリーセクションとフードセクションにカウンターが分かれていたので、フードセクションでディナーになりそうなしっかり目の料理とシナモンロール。そしてビールを注文。ランチも食べ損ねていて、ディナーと兼ねるLuner状態だったので多めに注文したのですが。お腹一杯になって、シナモンロールは持ち帰りました。
023
メイヤーさん経営のベイカリーやデリは、コペンハーゲンの街で沢山見掛けました。適度にカジュアルで、でも美味しいので便利そう。このフードコートでの食事も質・量共に満足しました。

このシナモンロールが特筆すべき美味しさでした。夫も凄く気に入って、「これ美味しいね」とコメント。私に至ってはあのシナモンロールが食べたいなーと思い出す位気に入りました。グランドセントラル駅に買いに行ってみようかな…と画策中です。同じ味のシナモンロールが売られているのでしょうか?

Meyers Deli

Kongens Nytorv 13

1095 Copenhagen

Denmark
英語だと詳しい場所等の情報は見つけられませんでしたが、メイヤーズデリのHPはこちら

デンマークの伝統料理屋『Restaurant Skindbuksen』
この日は土砂降りの大雨。急遽遠出を取りやめ、近場で食事ができそうな場所を探してこのレストランに駆け込みました。コンゲンス・ニュートー広場(Kongens Nytorv)を少し入ったところ、ストロイエと並行する道にあり便利な立地でした。
148
このレストランの隣にコペンハーゲンで一番古いと謳っているバーがあり。このレストランも1728年から経営している、歴史あるレストランらしかったです(確かコペンハーゲンで2番目に古いと書いてあったような)。
145
土砂降りの中を訪れたので、ウェイトレスさんが「来てくれて嬉しいわ!すっごい雨よね!」と歓迎してくださり(次の日も地元の人達に「大変な時に来ちゃったね」とか凄く言われたので、春先雨が多いコペンハーゲンでも珍しい土砂降りだったみたいです)。タップのビールについて説明してくれたり、英語のメニューでもよくわからない事について説明を加えてくださったり。会話も楽しめるレストランでした。
143
結局、夫は地元で人気だという『ツボルグ(Tuborg)』の生ビールを。私は同社のイースターの時期にしか飲めない季節限定生ビールを注文。とても美味しくて気に入りました。
144
伝統的なデンマーク料理が味わえるという事でしたが、アメリカに比べると量が多すぎない印象が強かったコペンハーゲンにおいて、このレストランだけは物凄い量の食べ物が出てきました。メイン一皿でも残してしまう位の量だったので、前菜やデザートは無理だと思います。
147
メニューに『デンマーク風ハンバーガー』というものがあり、「アメリカとかのハンバーガーと何が違うんだろうね?」と2人で不思議がり、ウェイトレスさんに質問。回答は「私も何故ハンバーガーって書いてるのか解んないんだよね。要はハンバーガーに挟まっているパテと同じものが食べられるっていうことで、バンが無いの。パテのみの料理。」という説明。試に頼んでいると、予想通り懐かしい日本のハンバーグが出てきました。デンマーク料理って結構ドイツの影響が強かったのでしょうか?
146
私が注文したシチューは、思っていたのと全然違ってあっさりした肉じゃがみたいな料理でした。どちらも特筆すべきではないものの、懐かしいような素朴な味で美味しかったです。

確かメイン2皿とビール2杯でDKK300ちょっとだったと記憶しています。行き当たりばったりで入った割には、会話と食事が楽しめるこじんまりしたレストランでした。

Restaurant Skindbuksen

Lille Kongensgade 4

1074 Copenhagen

Denmark
お店のHPはこちら

« コペンハーゲンでのランチ | トップページ | コペンハーゲンでのディナー② »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/70185295

この記事へのトラックバック一覧です: コペンハーゲンでのディナー①:

« コペンハーゲンでのランチ | トップページ | コペンハーゲンでのディナー② »