2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« コンサバトリーガーデンの藤2017 | トップページ | 春のチャネル・ガーデンズ »

2017年5月 8日 (月)

ホイットニー美術館のビエンナーレ2017

晴れている月曜日のニューヨーク。今日は段々と雲が出てくるものの、1日晴れる予報。現在は8℃ですが、最高気温は14℃まで上がる予報です。とは言え、相変わらず涼しい日が続きそうですので、温かい格好でお出かけ下さい。

昨日から体調を崩してダウンしていますので、今日はさくっと本題に。
***************************************************
さて、今回は2017年3月17日~6月11日まで開催されているホイットニー美術館のビエンナーレ(The 2017 Whitney Biennial)を見てきた感想です。
038
何時も書いているのでご存知だとは思いますが、私は近代アートは好きなもののあまり現代アートが得意ではありません。なのでメトロポリタン美術館やMoMAには足は運んでも、ニューミュージアムには殆ど足を向けることがありません。
032
でも、一番好きなアーティストがジョージア・オキーフであり、夫がホッパーが好きなので、ジョージア・オキーフの作品を一番沢山所蔵しているホイットニー美術館にはたまに訪れます。今回は近所でボランティアをしている人達を美術館が招待してくださるという感謝イベントが開催されたので、夫と2人でお呼ばれして無料で展示を楽しんできました。
031
以前はアッパーイーストに在ったので、遠くてわざわざ感があったのですが。現在はミートパッキング地区、ハイラインの南端にあるガンズボート出口の直ぐ西側に移動したので、個人的に訪れやすくもなりました。
035
新しいホイットニー美術館は、ハドソン川に面している立地を生かした、窓が多く風景を作品の一部の様に取り入れた建物も素敵で。8階~5階にあるテラスに出ると、彫像や映像作品と共にローワーマンハッタンの景色を楽しむ事が出来るのも魅力。
036
屋上を緑地化してパーティーしている人々や、ハイラインを上から眺めたり、ニューヨークのシンボルみたいなウォータータンク(水道塔)を見たりしながら、遠く自由の女神やワールドトレードセンター、エンパイアステイトビルなんかも一緒に見れて、別の角度からニューヨークらしさを満喫できます。
044
毎年ホイットニーのビエンナーレは賛否両論、意見が真っ二つに分かれる印象があります。好きな人は大好きで、嫌いに人は大嫌い。あまり中間意見を聞かないという感じ。今年も例外ではなく、面白い作品を褒める評論家がいると思えば、作品テーマに批判が集中したり。相変わらず話題に事欠かない展示です。
039
今年で78回目連続して開催されているアートの祭典で歴史もあるだけに、注目も集まるのでしょう。今年はあまり説明を読まず、感じるままにアートを見て回ると決めてビエンナーレを見たら、結構楽しめました。
034
特に3Dで水辺の植生を細胞レベルから語っている映像作品や、鏡で延々と部屋の様子が続いて映し出される作品が、現実とバーチャルの境が曖昧になっている現代の世相や、情報が次々と拡散されて元の形が見えなくなっている状況に警鐘を鳴らしているように感じられて記憶に残っています。実物の部屋は天地が逆になっているのに、眺めている鏡に映った世界は見知った世界で、それが際限なく再生されているのが怖く感じられました。なのに目の前には、窓から見える美しいハドソン川の夕景。
041
かと思えば、有機的な植木が並ぶ部屋が紫色にライトアップされて、不思議な安らぎの空間を演出しているアート作品があったり。一枚の厚板から解けないパズルのように組み合わさった木の輪っかを削り出した、ひたすら原始的な作品もあったりして。
037
気付けばディナーの予約時間になってしまい、半分を見損なう位2人で楽しんでしまいました。現代美術も小難しいという先入観を捨ててみれば結構楽しいのかも、と思えたビエンナーレでした。

Whitney Museum of American Art
99 Gansevoort Street, New York, NY 10014
開館時間や入館料についてはHPにてご確認ください。
毎週金曜日の午後7時~9時半までは随意の金額で入館できます。

« コンサバトリーガーデンの藤2017 | トップページ | 春のチャネル・ガーデンズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/70501232

この記事へのトラックバック一覧です: ホイットニー美術館のビエンナーレ2017:

« コンサバトリーガーデンの藤2017 | トップページ | 春のチャネル・ガーデンズ »