2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ワシントンDCでの食事 | トップページ | 5月のグリーンマーケット »

2017年5月20日 (土)

ワシントンDCの観光あれこれ

なんだか曇っている土曜日のニューヨーク。午前7時前の現在は雨が降っていますが、本格的な雨にはならない様子。今日の予報は曇りで最高気温は18℃。でも午前10時過ぎから雲が切れ始めて太陽が顔を覗かせるみたいなので、暑すぎずお出掛け日和かも。

ここの所、毎日のようにやれ地下鉄が信号機故障で停まっているだ、やれメトロノース鉄道が脱線しただと、電車の路線変更やバスの代替運送が行われています。私はほぼ地下鉄を使わず、片道1時間半以内であれば歩く生活をしていますが。それでもたまに地下鉄を使う際には、必ず運行状況を確認する癖がつきました。ニューヨーク市からお知らせも届きますが、多すぎて追いきれませんし…。そんな中、オープンしたばかりの2番街を通る地下鉄の86丁目駅のエスカレーターが早速4基壊れているそう。まったく・・・。

タイムズスクエアでの事件を受け、歩行者天国の周りにバリアが設置されました。全ての歩道を守ることはできなくとも、少なくともタイムズスクエアや34丁目のグリーリースクエア周辺、23丁目のフラットアイアン前、等の道の真ん中にある歩行者天国部分は守ってくれると安心できますよね。人通りも多いですし、観光客もわざわざ足を運ぶスクエアですし。
******************************************************
さて、長らくのお付き合いありがとうございました。今回でワシントンDCの備忘録は終了です。今回は今まで書き損なった旅の徒然特集です。
026

私の腰の調子が悪かったので、安いバスではなく今回の旅では往復アムトラック電車を利用しました。電車はユニオン駅(Union Station)に到着するのですが、この駅舎自体が1907年10月27日にオープンしたという歴史ある建物。

168

1983年に大幅な改修をしたのに、2011年の地震で屋根を中心に建物が傷んでしまい。また修復をして、2016年春に現在の姿になったばかりとの事で、とても堂々とした、アメリカの首都の玄関として相応しい建物でした。バスで訪れる方も、わざわざ足を運ぶ価値がある建物です。

030

タクシーをやむを得ない場合以外は使わないので、旅行では公共交通機関に頼ります。DCでは、地下鉄とバスを駆使すれば何処にでも行けると言われていますし、実際他のアメリカの都市に比べればかなり車なしでも活動がし易い街なのですが。地下鉄を利用する為にはSmarTrip® cardsというプリペイドカードを購入することが義務付けられており。$2カード自体にお金を払わなければいけなかったり、1日無制限に使えるカードをUS$14.5で買わなければいけなかったり。1日往復1回しか使わない、しかも3日しか滞在しないのでは勿体なく感じました。

165

そんな私達が毎日お世話になっていたのが、DC Circulatorという赤い車体のバス。乗車時にUS$1/人を支払うだけで良いですし、観光客が訪れるような場所は大体カバーしているのでとても便利でした。お蔭で2人合わせて1日目は$2。2日目は$4。3日目は$6しか使いませんでした。

002

サーキュレーターバスに乗ると、路線図やバス停が記された冊子がありますので貰っておくと大変便利です。バス停はこんな感じ。

035

今回の旅行では民泊を利用したのですが、部屋を貸し出してくださった大家さんが特にお勧めしてくださったのが、アメリカ議会図書館(The Library of Congress)の見学。詳細に調べていなくて、「じゃあ、日曜日の午後時間があるから訪ねてみようか」なんて思っていたら、無料ツアーの催行日は月曜日~土曜日まででした。残念。

061

ロングウィークエンドを利用した旅行では、時間がなくて無料で楽しめる美術館・博物館を見ることができなかったのも残念でした。特にHirshhorn Museumで開催されていたYAYOI KUSAMA:Infinity Mirrors展を見れなかったのはとても悔しかった…。家主さんはThe National Museum of the Americanもお勧めしてくれました。できればDCを再訪して、今回見そびれた諸々を楽しみたいものです。

034

首都は花も豊か。時間がなくて訪ねることができませんでしたがUnited States Botanic Gardenも綺麗なのだそうです。植物がお好きな方は是非。ここで働いていた庭師さんと話したのですが、ワシントンDCの庭師の方々は皆政治に興味が強く。しょっちゅう議論したり、植物学と政治学のダブルメジャーの学位を取得していたりと、政治に積極的にかかわろうとしていた人が多かったそう。集会に参加したり、意見を送信したり。へぇと感心して聞きました。

175

中年夫婦の旅行ではとてもそんな元気はありませんでしたが、ナショナルモールは夜になるとライトアップされて非常に幻想的なのだそう。綺麗な写真を撮ることに拘っている方は訪れていると良いかもしれませんね。ただ、治安については都度念入りに確認する必要があるかも。

032

私が学生の頃のDCは、ナショナルモールを少し外れるととても治安が悪い、荒れた都市だった印象が強く残っています。それだけにBlack Broadwayと呼ばれていたUストリート周辺を今回散策してみたかったのですが、時間が足りず。オバマ大統領も訪れたBen’s Chili Bowlで食事したかった…。是非リベンジしたい地域です。

011
040
041

DCはストリートアートはそれほど多くない印象でしたが、パブリックアートは結構ありました。至る所にあったポールのようなアートは、確かテレグラムか何かの、昔の通信に使われていた器具を残すためにアートとして活用しているとガイドさんが説明してくれたと記憶しています。

036

こちらもパンダにアーティストが思い思いの絵を描くパブリックアート。シリーズで多くのアーティストが参加したプロジェクトだそうですが、私が見たのはデュポンサークルのスパニッシュステップにあった1体のみ。

044

045
デュポンサークルにある使われなくなったトラム駅を利用したパブリックアート。

099

ジョージタウンにあった北斎風の壁画。

103
127

イースターのウィークエンドだったので、ウサギやひよこ、卵の飾りつけがあちこちに。

017

« ワシントンDCでの食事 | トップページ | 5月のグリーンマーケット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/70621246

この記事へのトラックバック一覧です: ワシントンDCの観光あれこれ:

« ワシントンDCでの食事 | トップページ | 5月のグリーンマーケット »