2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 春のウエストヴィレッジの教会の庭 | トップページ | セントラルパークの藤2017 »

2017年5月 5日 (金)

藤が咲いたブルックリン植物園

雨が降り始めた金曜日のニューヨーク。今日は午後から激しい雨が降り、雷雨になる可能性もあるという予報です。最高気温は17℃。雨は明日の午前中まで残るそうで、明日は1日中降ったり止んだりのはっきりしない天気になりそう。お蔭で今日のボランティアはキャンセルされ、もう一つのボランティアもたまたま撮影に使われるので入れないそうで、思いがけず1日休みになりました。丁度凄く疲れていたので、今日は久し振りに家事だけしてのんびりと過ごせそうです。

火曜日の真夜中、ハーレムの146丁目付近でドイツから訪れていた観光客が性的暴行を受けたうえ、金銭を奪い取られる事件が起きました。犯人はまだ捕まっていません。いくらニューヨークが安全になったからと言って、女性が暗くなってから一人で移動するのは危険であることには変わりありません。気をつけます。

今週末は、地下鉄L線がブルックリンとマンハッタン間の運行を休止するそうです。2つのボローを移動するご予定のある方は、違うルートを検索しておく必要があります。
*********************************************************
さて、今回は2017年5月4日現在のブルックリン植物園(Brooklyn Botanic Garden)の様子を藤、桜、ライラック等の主な花を中心にご紹介します。
051

終わりかけとはいえ、桜、チューリップ、そして見頃を迎えつつあるアザレア(西洋ツツジ)が同時に楽しめる贅沢な季節。

052

チューリップはほぼ終わりで、オズボーン・ガーデンとテラスに少しだけ残っている位でした。その代りアザレアが燃えるよう。

059
054

イースタン・パークウェイから入って直ぐのオズボーン・ガーデンの藤棚も半分位は見頃を迎えており。あと半分はこれから咲くという感じでした。

055
061

アザレアと藤を同時に眺められる、贅沢な空間。

057
063

オズボーン・ガーデンに展示されているアーティストShayne Dark氏の『Tanglewood』。

119
187
186

楽しみにしていたブルーベル・ウッズ(Bluebell Wood:Hyacinthoides hispanica 'Excelsior'がびっしり植えられた林)は、半分くらい開花していました。もう少ししたら真っ青に染まると思われます。

065

ライラックの林は満開。辺り一帯が芳香に包まれていました。

070
072
077
080

濃い紫からピンク、淡い白に近い色まで、美しいラベンダー色のグラデーションが楽しめます。

092

バラ園の横。ライラック林と桜園を結ぶ通路にある2つの藤棚は特に見事。

087
083
082
090

丁度見頃を迎えていました。

094
115

チェリー・エスプラネード(桜の小道)の八重桜は半分くらい散っていて、ピンク色の地面と花が少しずつ楽しめました。

097
107

風が吹くと桜吹雪がハラハラと。

113
112
103
106

日本庭園とチェリーエスプラネードの間にあるボタン園(Tree Peony Collection)のボタン(ですよね?シャクヤクかも…)も満開です。

114
111

八重桜とボタンが一緒に楽しめる、オリエンタルな空間。

100

ボタン園の近くにも『Pickup Red』という作品が。

095
Brooklyn Botanic Garden
150 Eastern Parkway
455 Flatbush Avenue
990 Washington Avenue
Brooklyn, NY 11225
開園時間や行き方等の情報はHPにてご確認ください。

« 春のウエストヴィレッジの教会の庭 | トップページ | セントラルパークの藤2017 »

コメント

初めまして。コメントありがとうございました。
元々このブログを始めたのは、遠く離れて会えない家族や友達に元気に暮らしていることを伝えたいと考えたからでした。それが、他の離れ離れで暮らすご家族が、会えない大切な人の暮らす街を感じる縁となれているのであれば、そんな光栄なことはありません。
長い間頑張った自分へのご褒美旅、楽しく安全な旅行となるよう心よりお祈りしております。例年であれば、5月は観光にもってこいの良い気候に恵まれ易い時期ですが、確かに今週はなんだか涼しそうですね。でも、日陰が少ないマンハッタンでは却って過ごし易いのかもしれません。
息子さんとも久しぶりに時間を過ごされるのでしょうか。ニューヨークの街が、せいこ様にも沢山微笑みますように。

i初めまして。
1年半ほど前、息子のNY赴任をきっかけにNY情報を集めていたとき、Blogを偶然見つけました。
いつも、写真と共に街の細やかな情報が丁寧に書かれていて、楽しみにしています。
一度行きたいと思いながらも、なかなか行けませんでしたが、2年前に父を100歳で送りましたので、このあたりで一休みしようと、明後日から10日間NYへ旅行します。
美術館めぐりや、ミュージカル、コンサートはもちろんのこと、バラを育てたり、庭いじりも好きなので、頂いていた情報を参考に、主人と二人、あちこち廻ってきたいと思っております。
ブルックリン植物園も藤やライラックが見頃とのこと、ちょっと寒そうな天気予報ですが、楽しみにしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/70469428

この記事へのトラックバック一覧です: 藤が咲いたブルックリン植物園:

« 春のウエストヴィレッジの教会の庭 | トップページ | セントラルパークの藤2017 »