2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 春のハイライン | トップページ | 藤が咲いたブルックリン植物園 »

2017年5月 4日 (木)

春のウエストヴィレッジの教会の庭

よく晴れている木曜日のニューヨーク。ですが、午後3時頃から曇り始めて、日付が変わるころには雨が降り出す予報です。明日は雨。時には雨脚が強まったり、雷雨になったりするようですので、済ませられる用事は今日中に済ませておくと良さそう。土曜日も雨が残る予報です。最高気温は16℃。昨日は結構涼しく、夕方には寒い位でしたので、今日も温かめの格好をしようと思います。

2017年5月4日から9月4日まで、メトロポリタン美術館にてコムでギャルソンの創始者である川久保玲さんの『Rei Kawakubo/Comme des Garçons: Art of the In-Between』展が開催されています。とても話題になっているので、あまり服飾に興味がありませんが足を運んでみようかな?と思っています。
*********************************************************
さて、今回は大好きなウエストビレッジにある教会の庭『St. Luke in the Fields』の春の様子をご紹介します。ここに添付した写真は全て2017年4月24日に撮影したものです。多分、現在はチューリップは散ってしまったと思いますので、ご了承の上ご覧ください。
019

最近はずっと閉鎖されていた、教会に併設されている学校側の門が開いていました。さつきや八重桜が綺麗に咲いていたので、子供達が校舎内に居る間だけ、校舎の門を閉めることによって庭側は開放してくださっていたのだと思われます。

020

枝垂桜は散ったか見れなくなっていたのか解りませんが、見当たらず。八重桜は満開でした。花水木も綺麗。

021

シャクナゲが見頃を迎えようかというところ。

024

教会の庭はチューリップが満開。

022
023
041

水仙やムスカリ、ハナニラ(でしょうか?)等と一緒に。

026
027

この日は暖かかったので、ベンチで読書を楽しむ方が。ランチ時はいつも混み合いますが、朝は静かです。

028
039
038
035

セクションによって色合いの違うチューリップが植えられているので、ぐるりと廻るのも楽しかったです。

040

お気に入りは紫と黄色の組み合わせ。チャーリーとチョコレート工場を思い出しました。

030

コブシ?木蓮が開いた物?植物は何時まで経っても分かりません・・・。

029

まだクラブアップルも咲いていました。

031

満開の八重桜。

032

長い間閉鎖されていた芝生の広場が、狭くなったものの開放されていました。まだ芝生は生えそろっていませんでしたが、これからまた寛げるのかもしれません。楽しみです。

033
034
芝生の広場だった場所の一部を閉め切られた庭にして、そこに無くなってしまった桜の並木に植わっていた桜を移植しているようでした。まだ作業中だったので、どうなるか分かりませんが、来年からはこの一角で桜が楽しめるのかも。
036

ニューヨークで春になるとあちこちで見かけるハナズオウ(レッドバッズ)はここにも。

037

花水木も花は咲いていませんでしたが、花みたいな総苞が華やか。

025

名前を知りませんが、釣鐘型の青い花が綺麗です。

043

アセビでしょうか?

044

お庭の煉瓦壁にチョークのメッセージ。

045

The Church of St. Luke in the Fields

487 Hudson Street

New York, NY 10014
お庭のHPはこちら

« 春のハイライン | トップページ | 藤が咲いたブルックリン植物園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/70466560

この記事へのトラックバック一覧です: 春のウエストヴィレッジの教会の庭:

« 春のハイライン | トップページ | 藤が咲いたブルックリン植物園 »