2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

グリニッジヴィレッジの台湾風味付きかき氷屋

霞がかっている金曜日のニューヨーク。今日は夏らしく暑くムシムシした天候になる予報で、夜雨/雷雨が降る可能性があるとの事。最高気温は31℃。熱中症にお気をつけください。

今朝はドイツ連邦議会が同性婚を認める法案を可決したことが大きなニュースになっています。メルケル首相も可決に一票投じたそうで、フェイスブックのウォールは喜びの声に溢れています。まだ上院の審議が残っているそうですし、憲法上問題がある可能性が残っているそうなので、本当に施行されるかは解らないそうですが、大きな一歩ですね。

何故か風邪をひいてしまったようで、扁桃腺が腫れて過去2日間家事をするほかは寝込んでいたのですが。本日は外せないボランティアが入っており、なんとかやり遂げねば。でも、どうにも体調が悪くて困っています。気を付けているのに、どうしても体調を崩してしまうので、おちおちボランティアもいれられません。体が丈夫な人がとても羨ましいこの頃です。
************************************************************
さて、今回は何時の間にやらグリニッジヴィレッジにできていた台湾風味付きかき氷屋『NY Frost Factory』です。
058
こう暑くなってくると、ボランティアで疲れ切った時に自分へのご褒美で冷たいデザートが食べたくなります。新しいお店を試すのが好きなので、ボランティアの移動で通る道筋に何かないかと検索を掛けたところ、とても評判が良かったのがこのNYフロスト・ファクトリーでした。

このお店は『Snowdays』と同じ、台湾風デザート店。味が付いたシャーベットとアイスクリームの中間の様な食感の氷をかき氷にして、その上にトッピングを乗せてくれます。
057
ベースの氷の味を選び、トッピングを選び、最後にふりかける無料のトッピングを選んで注文するシステム。ただ私の様に面倒くさがりの為に、予め3つが組み合わせられたメニューが黒板に書いてあるので、そこから注文することも可能です。

お店は小さく、イートインできるテーブルは3つしかないので、休日や夕方はワシントンスクエアパークまで持って行って食べたりする必要があるかも。私は平日の開店直後(正午)とダイクマーチの後友達と訪れたのですが、たまたま2回とも直ぐに座ることができました。
064
とても量が多いので、1人で食べるとお腹一杯になります。Snowdaysに比べると氷自体が甘いような気がします。でも他のお店では見たことが無い、上にトッピングされているポッピング・ボバ(Popping Boba)と呼ばれる、中にジュースが閉じ込められているゼリー状の物(ボバと言う位だからタピオカ?食感だけでいうとイクラみたいです)の食感が面白く、なかなか美味しかったです。アメリカ人やオーストラリア人の方達も皆「これ美味しいー!」と気に入っていました。

氷にトッピングだけならば$5代で済むので、お手軽でもあります。黒板のトッピングまで組み合わせられているメニューは$8弱です。

NY Frost Factory

106 Macdougal St

New York, NY 10012
メニュー、営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2017年6月29日 (木)

2017年6月4週目のハイライン

薄曇りの木曜日のニューヨーク。今日は1日こんな空模様が続くようです。雷雨は明日になったんですね(サイトによっては土曜日&日曜日)。最高気温は28℃。湿度は少し高めのようです。

来週は火曜日が独立記念日でロングウィークエンドになる方も多いと思いますが、土・日は天気が崩れそうです。行楽のご予定がある方はお気をつけください。

歩いて通える場所にあった夫のオフィスが、電車通勤する場所に移ってから数週間。思ったよりもトラブルなく通勤できているようでほっとしています。オフィスからの景色も良いみたいで、今までと違ってとても静かな環境で、なかなか快適そう。最近電車のトラブルが多く何かと心配ですが、このまま安全に大きなトラブルなく通勤できるよう祈るばかりです。
**************************************************************
さて、今回は先週のハイライン(The High Line)の様子をご紹介します。
003
004

プライドマーチがある週だったので、普段にも増してハイラインの周りにあるアパートにレインボーフラッグが目立ちました。

005

蝶々や蜂が好きな花が一斉に花開いたせいか、ハイラインも花粉を運ぶ虫たちで一杯。蜂にアレルギーがある私は、念のため薬を持ち歩いています。Veronicastrum virginicum(アメリカクガイソウ)は先週花咲きました。

006

チェルシーグラスランドの辺りは、勢いよく草が伸び腰丈ほどになっています。

007
008
025
026

10番街の広場からチェルシーに出る辺りはアスチルベ『ビジョン・イン・ピンク』(Astilbe chinensis ‘Visions in Pink’ )が鮮やか。

009
010
011

ハイラインはニューヨーク市の公園とはいえ、その運営・管理費は(見回りをする警備の方の給料を除き)ほぼ100%NPOであるフレンズ・オブ・ハイラインが賄っています。その為寄付だけに頼ることは難しく、稀にイベントスペースとして貸し出しをしています。先週は蒸留酒のブランドがとても豪華なパーティーを開いていて、花で飾られた通路がそれは見事でした。一見すると豪華な結婚式の様に見え、実際「結婚式ですか?」という質問が後を絶たなかったとの事。

014
016
017

トランプ政権を批判するディスプレイをしているアパート。いつも黒山の人だかりでなかなか写真を撮る機会に恵まれませんでしたが、やっと撮影。対抗するためにか、近くにある高級コンドミニアムの壁には、プーチン大統領が冷ややかな顔でハイラインを行き交う人を見つめている肖像画が飾られていて、何度通ってもヒヤリとします。

019
039

これらの花も先週花咲きました。名前を失念してしまいましたが…。

021

赤花松虫草(Knautia macedonica ‘Mars Midget’ )は花盛り。

022
028

Echinacea purpurea ‘Vintage Wine’(ムラサキバレンギクですか?)とEchinacea purpurea ‘Virgin’(エキナセア『バージン』) も綺麗です。

029
030
034

Stachys officinalis ‘Hummelo’は、ハイラインの色んなセクションで楽しめます。

035

Clematis ‘Gipsy Queen’(クレマチス『ジプシー・クイーン』)がまた咲き始めました。

038

リアトリス(Liatris spicata)は2週目を迎えました。下から上に咲く花が多い中、この花は上から咲くんですね。

037

アメリカン・インディアンがお茶として飲んでいたというスマックの雌花の種。ハイラインのガーデナーさん達は、皆さんでハーブティーにして楽しんでいるそうです。赤くなっています。

043

14丁目の公園で若者向けのプライドイベントが行われていました。初めて見ました。

033
031

人でごった返す夏のハイラインも午前8時代に訪れればご覧の通り。

040

ハドソンヤードのカルチャーシェッドもかなりできてきました。

032

2017年6月28日 (水)

トイレのジェンダーレスが浸透中

快晴の水曜日のニューヨーク。昨日はボランティアに向かう際に雨に降られ、半袖では涼しい位でしたが、今日は全く雨の心配はなさそう。最高気温は26℃と昨日と同じ位ですが、湿度が昨日よりは高そうなので、比較すると快適ではないかもしれません。でも十分過ごし易そうな1日に見えます。

昨日は地下鉄Aラインが脱線事故を起こし、34人が負傷。線路内に修理が必要な線路の部品を保管していたことが事故の原因とのこと。只でさえ老朽化で故障が多いんですから、線路内に物を放置するなんていい加減な事はしないで欲しいものです。事故の影響が本日も残っているそうなので、お出かけ前には地下鉄の運行状況を確認した方が良さそうです。
***********************************************************
さて、今回はフラットアイアンにあるエースホテル(Ace Hotel New York)で見掛けたトイレの表示のご紹介です。
066
トランプ政権になってから各地で揺り戻しがありますが、ニューヨーク州は『自己の性認識に従ったトイレの使用』を認める方針がそのまま採用されており。あちらこちらでその旨が掲出されているトイレを見掛けるようになりました。

個室のトイレは男女の別を撤廃しているトイレが多いですし。沢山の個室が用意されている公衆トイレの入り口にも、『座って用を足す形の便座のみがあります』と『立ったまま用を足す便座+座って用を足す便座があります』というような便座の形状を説明した表記のみになっている場所もありました(大学です)。

先日のプライドマーチを見物中トイレを借りるために入ったエースホテルの個室のドアには写真の様な表記がありました。今となっては性別で分かれていることになんで拘っていたんだろう?という気がします。
092

2017年6月27日 (火)

先週のセントラルパーク

晴れている火曜日のニューヨーク。朝方は雨が降っていましたが、すっかり上がりました。雷雨になるかも…と言っていたので、出社時間までに晴れて一安心です。今日は最高気温は26℃と少し低めですが、湿度が高いようなのでムシムシするかもしれません。

今朝は最高裁判所がトランプ政権が推し進めていた入国制限を条件付きで認める判決を出したことが大きなニュースになっています。アメリカに既に住んでいる方、VISAを持っている方、アメリカ企業に勤めている方、アメリカに親戚がいる方は入国できるとされているので、入国拒否されるのは旅行者のみとなりますが。そもそも入国審査官の判断に任される部分が大きいので不確定要素があることや、旅行者といえども入国を拒否するのは信教の自由を侵しているという意見が飛び交っています。経済にも悪い影響がありそうですね…。
***********************************************************
さて、今回は先週のセントラルパークの風景をご紹介します。
007
腰の調子がどうにも悪いので、先週時間を作って4時間程セントラルパークを散歩しました。その際撮影した写真です。
002

紫陽花が満開。

004

平日の午前8時頃だと、有名な並木道であるザ・モール(The Mall)も人が少な目。

005

ベセスダテラス(Bethesda Terrace)も人が疎ら。

006

いつもはピクニックを楽しむ人が多い丘も静か。一面シロツメクサが咲いて綺麗でした。

008
012

晴れていると貯水池は心が晴々とするような風景です。

009
010
011

貯水池を巡るランニング道脇には、初夏の花が咲いています。

013

貯水池の北、コンサバトリー・ガーデンの南に広がる広場であるノース・メドウに4つの蝶々が好む花を沢山植えたガーデン『The North Meadow Butterfly Gardens』が出現していました。ボランティアさん達が管理しているそうです。

014
015

人々の憩いの場というだけでなく、エコシステムにも貢献しているんですね。

026

コンサバトリーガーデンは、緑が深くすっかり初夏の風景。

034

修繕が終わったイギリス庭園のフランシス・バーネットを記念して造られた噴水が涼しげ。周りではデッサンに励む人々が木陰で絵筆を振るっていました。

017
019
020
021
022
023
024
027
028
029
030
032
033
035
036

イングリッシュガーデンは、植物の種類が豊富で何度訪れても飽きません。

041

クラブアップルの並木は丁度良い木陰にベンチがあるので、涼みつつ読書する人や子供達と語らう親御さんたちが、ゆったりした時間を楽しんでいました。

039
040

フランス風庭園も整備が終わったようです。

042

2017年6月26日 (月)

プライドマーチ2017

快晴の月曜日のニューヨーク。今日は雲が出てくるものの1日晴れる予報。最高気温は26℃で湿度は低めになるようなので、比較的過ごし易い夏の日になりそうです。明日は午後雷雨になる可能性があるそうなので、済ませられる用事は済ませておくと吉かも。

プライド関連のイベントはテロ等もなくつつがなく終了してほっとしましたが。この週末中にブロンクス、ハーレム及びイーストニューヨークで発砲事件が相次ぎ、死者が10人近く出たとの事。まだ犯人はいずれも捕まっていないそうなので、早急な解決を願います。それにしても銃規制が全く進みませんね…。
*************************************************
さて、今回は2017年6月25日(日)に開催されたプライドマーチ(The March)です。
088
私は今までずっとプライドパレードと呼んでいましたが、今年からNYCプライドマーチがテレビ中継されることになったことについて、友人が「何とも言えない気分なの。元々このマーチは抗議デモであってお祭り騒ぎじゃないんだから、TVで興味本位で流されることに対して複雑な気分があるの。でも反面、参加したくとも参加できない人が沢山居て、遠く離れていても雰囲気を味わえるのは嬉しいことだし。まだカミングアウトしてなくて、悶々と孤独に悩んでいるLGBTQの人がTVでこんなにも沢山の仲間がいることに気付いて勇気づけられるかもしれないしねぇ~」と話していた事で初めて『マーチ』が正しい呼称だと知りました。でもパレードと呼ぶ人も多いので、この日がただのお祭り騒ぎだと思っていなければいいですよね、多分。
087
去年は、たまたまビザの取得の為の日本一時帰国がプライドに重なってしまったため、NYCプライドに参加できなかった我々。その前の年までは、毎年マーチはウエストヴィレッジで見物していたのですが、去年友人がミッドタウンで見物したら、人が少なくて見やすかったというので、今年は一緒にミッドタウンに集合しました。
062
ウエストヴィレッジだとマーチの先頭が到着するのが午後1時位なので正午頃集まっていましたが。ミッドタウンは正午のスタート直後に到着してしまうので、場所取りの為には午前11時15分頃には陣取っておく必要があります。
042
そんな訳で出遅れた私達の為に、友達が場所取りをしておいてくれたので、柵に掴まって最前列でマーチを見物しつつ、マーチする人々を応援することができました。
022
先ずは、例年通りバイクの集団がやってきて、見物人が一斉に「フォー!!!」と雄叫びを挙げてマーチがスタート。辺りはバイクがエンジンをふかす重低音と、人々の甲高い叫び声、笛の音とガソリンの匂いに包まれて、しょっぱなから凄い熱気です。
012
今年のグランドマーシャルに『The American Civil Liberties Union』が入っており、先頭集団でやって来たので、友人と大盛り上がり。マーチしている人達とハグしたり、記念撮影したり、一頻り大騒ぎして。
013
その後は、暫く政治家が続くので「そりゃ政治家のサポートだって必要だけどねぇ…」、「LGBTQ団体と交互とかにできないのかな…」とか、「ずっとサポートしているチャック・シューマーとかは良いけど、他の政治家は『支持を表明した方が分が良さそう』みたいな感じでいきなり出てきたから、どうにもねぇ…」とか愚痴り合い。
034
政治家が過ぎてから、やっと一緒にダンスしたり、ハグしたり、ハイファイブしたり、「フォー!!!」とか「ハッピー・プライド!」とか声を掛け合って、沿道の見物人とマーチする人々が一丸となって盛り上がりました。
075
2年前は日本語で書いたプラカードを掲げた集団がマーチしていたので今回も楽しみにしていたのですが、見ることができませんでした。いらっしゃったのに見過ごしてしまったのか、参加していなかったのか…。
006
今年のパレードは、抗議色が特に強く。現在トランプ政権が推し進めようとしている保険制度の撤廃に対する抗議や、去年オーランドで起こった銃撃の被害者を悼む葬列の様な団体、黒人に対する警察の暴力に対する訴え(ブラック・ライブス・マター関連の訴えはとても多く見られました)、銃規制を訴える団体など、騒ぐのではなくシーンと見送った後に拍手を送る場面が多く見られました。
031
私達は午前11時半~午後4時までパレードを見物していたのですが、まだまだ終わる気配が無く。結局立ちっ放しで足が棒の様だったので、友人とその友達に分かれのハグをして、途中で帰宅しました。
055
去年は夜8時でも、ウエストヴィレッジではマーチがまだまだ行われていたという事だったので、今年も長丁場だったのでしょう。友人は8時間見続けても終わりまで観ることができなかったそうです。
111
プライドを祝う花火も見に行きたいところでしたが、疲れすぎてギブ。部屋から見ることができたのでラッキーでした。アイフォンのカメラは夜景に弱いので、まともに写っていませんが…とても豪華でした。
083
相変わらずニューヨークの街と一体化できるような、得難い経験でした。警察犬が沿道を行ったり来たりして、爆発物の取り締まりをしてくれていましたし。警察官が1ブロックに1人は居て警備にあたってくださっていたので、本当に有難かったです。
086
私達のブロックの警察官の方は、マーチしていた人達と私達の写真を撮影もしてくださって、フレンドリーで素晴らしかったです。ありがとうございました。事件も起きず無事に楽しませてもらって、感謝です。
097

2017年6月25日 (日)

ダイクマーチ2017

雲があるものの晴れている日曜日のニューヨーク。最高気温は27℃で夏らしくパレードにピッタリの1日になりそうです。

昨日添付するのを忘れてしまいましたが、金曜日に在ニューヨーク日本国総領事館からテロに対する注意喚起のE-mailが届いていました。以下に添付致します。今日のプライドパレードも十分気を付けて楽しみたいと思います。

本日(6月23日)の報道によれば,過激派組織「イスラム国」(IS)系列の通信社「ナシル通信」(Nashir News Agency)は,メッセージアプリ「テレグラム」を通じて,米国でのテロ攻撃を呼びかけ,武器としてナイフや車両を使うよう勧めたとあります。

在留邦人,旅行者の皆様におかれては,最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払っていただくよう改めてお願いたします。

6月13日に外務省が発出した海外安全情報(広域情報)「ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)」を以下に掲載いたしますので,テロ対策の参考としてください。

海外安全情報(広域情報)ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)
2017年06月13日
●イスラム過激派組織ISILがラマダン期間中のテロを呼びかける声明を発出しています。
●5月27日(土)から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

1 6月12日,イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,ラマダン期間中のテロを呼びかける声明を発出しました。ISILは,2015年及び2016年にも同様の声明を発出しています。同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。
今年についてもラマダン開始後,多数のテロが発生しており,そのうちイラン,仏,オーストラリア,英国,フィリピン等での事件については,必ずしも関与は明確ではないものの,ISILが犯行を主張しています。

2 5月27日(土)から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。
 (※)ラマダン月の期間は目視による月齢観測に依拠するため,上記日程は直前に変更されることがあります。

3 近年,ラマダン月に多くのテロが発生していることを意識し,以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)金曜日に注意する。金曜日はイスラム教徒が集団礼拝を行う日であり,その際,モスク等宗教施設や群衆を狙ったテロや襲撃が行われることがある。本年のラマダン月については,6月2日,9日,16日及び23日が金曜日に当たる。
(3)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(4)上記(3)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(5)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
●不測の事態の発生を念頭に,会場の出入口や非常口,避難の際の経路等についてあらかじめ入念に確認する。
●周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める。
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●爆発,銃撃の音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

5 海外滞在中の安全対策については,「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」も参照してください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

(参考広域情報・スポット情報)
・ラマダン月のテロについての注意喚起(2017年05月22日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C107.html
・イラン:テヘランにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(更新)(2017年06月08日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C129.html
・オーストラリア:メルボルンにおけるテロ事件発生に伴う注意喚起(2017年06月06日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C125.html
・欧州でのテロ等に対する注意喚起(更新)(2017年06月06日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C124.html
・英国:ロンドンにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(更新)(2017年06月04日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C122.html
・フィリピン:マニラのリゾートホテルにおける銃撃事件(2017年06月02日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C119.html

(問い合わせ窓口)
○外務省
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311
・領事サービスセンター
(内線)2902,2903
・領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
(内線)3047
・領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
(内線)5139
・外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/ 
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 本お知らせは,安全対策に関する情報を含むため,在留届への電子アドレス登録者,「緊急メール/総領事館からのお知らせ」登録者,外務省海外旅行登録「たびレジ」登録者に配信しています(本お知らせに関しては,配信停止を承れませんのでご了承願います。)。
■ 本お知らせは,ご本人にとどまらず,家族内,組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■ 在留届,帰国・転出等の届出を励行願います。
緊急時の安否確認を当館から行うために必要です。
以下のURLから所定の用紙をダウンロード後,FAXで(212)755-2851までご送付ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/02.html
■ 在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
TEL:(212)-371-8222 FAX:(212)319-6357
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/
facebook: https://www.facebook.com/JapanConsNY/
twitter: https://twitter.com/JapanCons_NY
*********************************************************
さて、今回は2017年6月24日(土)に行われたダイクマーチ(The New York City Dyke March)です。
050
ダイクマーチは、レズビアンやトランスジェンダーの女性達の権利を守り、存在を示すために行われる、言論の自由を謳った合衆国憲法修正第1条に基づく抗議マーチ。パレードではないため、組織する団体が手を繋いで道を塞いで歩く人々を通してくれます。
055
毎年プライドパレードの前日の夕方行われるこのマーチが友人にとってはとても大切で、参加するのを非常に楽しみにしています。その為、私も体調と時間が許す限り参加しています。
062
因みにご存知だとは思いますが、ダイク(Dyke)はレズビアンの方々を指す蔑称なので普段は絶対に使ってはいけない単語です。が、自分達を指して自信の念を込めてダイクとこの日は呼んでいるようです。
076
マーチはブライアントパークから始まり、ワシントンスクエアパークで終了します。例年は午後5時に始まって、終点のワシントンスクエアパークに着くのが午後7時頃だったのですが。
080
今年は車でのテロを警戒してか、行進する人々が広がらないように狭い範囲にまとめて歩かせるようにしていたようで、なかなか進まず。飛行機が遅れてマンハッタン到着がマーチ開始に間に合わなかった友人も、我々が5番街のブライアントパーク前で足止めをされている間にホテルに荷物を落として合流できました。
084
途中フラットアイアン等を見ながら5番街をひたすら歩いて行くのですが。友人が偶々友達と久し振りの再開を果たしたり。職場の同僚とおち合って話したり、ととても楽しそう。その度に紹介されたり、「久しぶり~」と私達も声を掛け合ったり。
091
今年は初めて太鼓隊の傍で行進することができたので、迫力満点の演奏を聞きながら楽しく歩けました。例年の如く、沿道にあるオフィスで働いている人々もレインボーフラッグを振ってサポートをしてくれたりもして、皆で手を振り返したり。
092
結局足止めされる時間が長かったので、終点に着いたら午後7時半といつもより長く行進していました。でも、今年は5番街がずっと日陰だったので歩くのは楽だった気がします。そして例年に比べて参加者が多かった気が。
094
ワシントンスクエアパークに着いたら、何度もお会いしたことがある友人の同僚と彼女のフィアンセと合流。彼女達は近々結婚する予定らしく、式の事やらドレスの事やらを話しているのを微笑ましく聞き。
096
暑くてしんどかったので、皆で台湾風味付きかき氷(shaved ice)のお店に移動して、そこでもお喋り。フィアンセの女性はオーストラリア人で、世界中を旅してきた強者だったので、色んな話が聞けて楽しかったです。
087
1日が終わったらぐったりでしたが、夫も「楽しかった!」とニコニコだったので良かった、良かった。今日もパレードを存分に楽しみたいと思います。

2017年6月24日 (土)

希望の為に歌って!のストリート・ピアノ2017

朝から激しい雨が降る土曜日のニューヨーク。結構な降り方で浸水注意報も出されていますが、午前10時頃止んだあとは太陽が顔を覗かせる予報です。今週末はプライドウィークエンドなので、天気が回復することを願うばかり。

勝手に6月最終週末は来週だと思い込んでいましたが、今週なんですね!今朝初めて気付きました。来週末だと思い込んでいたプライドパレードも今週末!どうりで街が盛り上がっていたわけです。昨日の夜ボランティアから帰ったら、友人から連絡が来ていて、「明日何処で落ち合う?」とか書いてあったので、?とはてなマークが頭を飛び交っていました。今朝調べて連絡しようと思っていたのですが…。彼女がフライトに乗る前に急いで連絡しなくちゃ、という訳で現在少し焦っています。

今日はボランティアも入っているので、朝からバッタバタ。そんなこんなで、早速主題にいきます。
************************************************************
さて、今回は2017年6月25日までニューヨーク市内の各所に設置されているピアノ『Sing for Hope Pianos』です。
003
毎年6月、ニューヨーク・ミュージックマンス(New York Music Month)に合わせてかニューヨーク市内各所にアーティストがアートを施したピアノが設置されます。設置期間が終了した後は、ニューヨーク市内の公立学校に寄贈されます。

ピアノは野ざらしの状態で通りに置いてあるので、好きな時に好きな人が演奏することが可能。たまにピアノに合わせて抜群の歌唱力で歌い上げている人がいるそうですが、私はまだ遭遇したことがありません。
052
今年はセントラルパークのザ・モールとウエストヴィレッジで見掛けました。ウエストヴィレッジのピアノでは、男性がとても楽しげに演奏をしていて、周りのベンチで音楽を楽しむ人達がいました。

ピアノで歌い上げる人に出会いたいものです。

2017年6月23日 (金)

レインボーに染まる街

曇っている金曜日のニューヨーク。午後には雷雨になる予報が出ていますので、お出かけの際はお気をつけください。

在ニューヨーク日本国領事館から安全についてのE-mailが届いていましたので、以下に添付致します。

○6月21日午前(現地時間),ミシガン州のビショップ国際空港で,警察官1名が刺される事件が発生しました。6月22日,外務省は今回の事件を受け,以下のとおり海外安全情報(スポット情報)(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C143.html)を発出しました。特に空港利用の際は周囲に注意してください。


1 6月21日午前(現地時間),ミシガン州フリント市内のビショップ国際空港で,警察官1名が刃物で刺される事件が発生しました。容疑者は既に拘束されていますが,犯行時に「アラー・アクバル」と叫びながら警察官を何度も刺していたとされ,テロの可能性もあるとして関係当局が捜査中であると報じられています。

2 6月27日頃まではイスラム教のラマダン及びラマダン明けの祭(イード)が続きます。イスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)がラマダン期間中のテロを呼びかける声明を題していることもあり,米国に渡航・滞在される方は,不測の事態に巻き込まれないよう以下の対応に努めてください。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
公共交通機関,観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(3)上記(2)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(4)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道等では危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出する等,人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
●不測の事態の発生を念頭に,会場の出入口や非常口,避難の際の経路等についてあらかじめ入念に確認する。
●パニック状態となった群衆の中で負傷するおそれもあり,周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

3 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

4 なお,テロ対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

■ 本お知らせは,安全対策に関する情報を含むため,在留届への電子アドレス登録者,「緊急メール/総領事館からのお知らせ」登録者,外務省海外旅行登録「たびレジ」登録者に配信しています(本お知らせに関しては,配信停止を承れませんのでご了承願います。)。
■ 本お知らせは,ご本人にとどまらず,家族内,組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■ 在留届,帰国・転出等の届出を励行願います。
緊急時の安否確認を当館から行うために必要です。
以下のURLから所定の用紙をダウンロード後,FAXで(212)755-2851までご送付ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/02.html
■ 在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
TEL:(212)-371-8222 FAX:(212)319-6357
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/
facebook: https://www.facebook.com/JapanConsNY/
twitter: https://twitter.com/JapanCons_NY
********************************************************
さて、ニューヨークは6月中プライド(LGBTQの人々とその文化を認識する運動)を祝っていますが、クライマックスは(来週末)今週末のパレードやパーティー。そのため、段々レインボーフラッグが溢れ、プライドに向けて街が盛り上がってきました。今回はその様子をご紹介します。
140

これはプライドとは関係ありませんが。ウエストヴィレッジにあるブック・マークのサイン。プライドの色に似ていますよね。

048

一昨日通ったら、プライドフラッグが追加されていました。プライドを意識したトートバッグ等も販売されていましたので、プライドでニューヨークを訪れる方はお土産を探しに覗いてみるといいかもしれません。

045

毎年この時期になるとプライド限定モデルを発売するメーカーも増えてきました。

059
060
063

クリストファーパークとストーンウォール・インの周りはレインボーフラッグで溢れています。

061
062

オーランドのゲイバーで銃が乱射され49名が犠牲になった事件から1年。その日はストーンウォール・イン前で追悼集会が行われました。

018
017

モダンなインテリアのお店『West Elm』の店先にはこんなサインが。調べるとThe Human Rights Campaignと組んでマグカップを制作し、店内で販売。収益をLGBTQコミュニティーの権利を守るための活動に寄付しているとの事。

009

ヘルズキッチンの店先は、レインボーフラッグで埋め尽くされていたり…

010

巨大なフラッグが掛っていたり…

001

サンドイッチボードにメッセージが書かれていたり。

017_3

チェルシーでもこんなメッセージが。

017_2

ユニクロだって意思表示。

045_2

街の本屋さんだってコーナーを作っています。

053

銀行は宣伝を兼ねてプライドの旗をアレンジ。
051

2017年6月22日 (木)

夏至の日は音楽で祝おう

よく晴れている木曜日のニューヨーク。今日は晴れ時々曇りの予報で、最高気温は27℃。湿度も低めみたいですので、気持ち良い1日になりそうです。

今日はルイジアナを中心にハリケーンが襲来しており、既に1人がお亡くなりになったとの事。今回のハリケーンは強風ではなく、豪雨が問題なのだそう。沿岸や川沿いの方は特に注意が必要。これ以上犠牲者が出ませんように。
*********************************************************
さて、今回は2017年6月21日(水)にニューヨーク全域で約1,000件のコンサートが開催された『Make Music New York』です。
069
なんでも毎年夏至の日に、ニューヨーク市にある5つのボロー全域の歩道や公園等で1,000にも上る小さな無料コンサートが開催される音楽の祭典なのだとか。何となく名前は聞いた事がありましたが、毎年ボランティアに明け暮れていた事もあり、あまりはっきり認識していませんでした。
049
が、今年は気に入ってボランティアの移動時に足を止めているコミュニティーガーデン『LaGuardia Corner Gardens』でミニコンサートが行われるのをフェイスブックで知り、足を運びました。
050
そうしたら、そこに行くまでにもブリーカー通りで10世紀の聖歌の様なものをコーラスで歌っているグループに遭遇。私は宗教アレルギー気味なくせに宗教音楽は大好きで、声楽のCDをよく聴いたりもするので、2曲道端で歌に聞き惚れました。時間だったので、後ろ髪をひかれつつコーラスを後に。
070
ラガーディア・コーナーガーデンでも、夕食の予約の関係で15分しか音楽を楽しめませんでしたが、管楽器を中心に構成されたバンド演奏は迫力満点でご機嫌な音楽。緑に囲まれて音楽を楽しめて至福の一時でした。
071
2人とも腹ペコだったので夕食を早めに入れていて、全部楽しめなかったのが残念。それになんで今まで楽しまなかったんだろう…と後悔しました。

2017年6月21日 (水)

NYCウェイブ・ウォーク

快晴の水曜日のニューヨーク。夏至の今日は最高気温が31℃まで上がって暑くなる予報です。1日概ね晴れるそうですが、午後4時頃雷雨に見舞われる可能性があるとの事。お出掛けの際には熱中症対策と雷雨対策をお忘れなく。

6月はミュージック月と銘打って無料のコンサートが沢山開催されているニューヨークですが、夏至である今日は特に沢山のイベントが開催されます。音楽と夏の陽気を楽しむ絶好の機会ですので、何かイベントを見つけて足を運ぼうかな?と思案中です。
****************************************************
さて、今回は2017年6月21日までニューヨーク市のあちこちに54個の波をテーマにした彫像が飾られているイベント『THE LA MER WAVE WALK』についてです。
026
毎年6月8日は国連が定める世界海洋デー(World Oceans Day)。海の環境保全と与えられる恵みに感謝することを目的として定められた日みたいです。
030
私は全然その存在を知りませんでしたが、ハドソンリバーパークを散歩していたらウェイブウォークと書かれた彫像があったので調べて、初めてこの彫像が54個設置されている物の1つだと知り。その過程で世界海洋デーについても初めて読んだので、このイベントはそれなりの成果を上げているのかもしれません。
034
ビッグエッグハントと同じく、其々の彫像は著名なアーティストによってデザインされており。ヴィヴィアン・ウエストウッド氏の作品など、全ての作品は期間終了後オークションにて売却され、収益は海洋保全のため寄付されるとのこと。
010
ウエストヴィレッジを散策したり、コロンバスサークルを歩いたりして、少しだけ彫像を見てきたので、ごく一部ですがご紹介します。
011
012
013
015
016

コロンバスサークルには計6個の彫像が飾られています。

019
020

アメリカン・フォークアート美術館の前にも。

022

2017年6月20日 (火)

雷雨のちダブルレインボー

晴れ間が覗いている火曜日のニューヨーク。今日は雲が出ることはあるものの1日晴れる予報(と書いてる傍からにわか雨が降ってましたが)。最高気温は28℃まで上がるようですが、湿度は昨日よりも低い予報なのでそこまでムシムシしないのでしょうか。いずれにせよ、熱中症対策は怠らない方が良さそうです。

今朝はトランプ大統領が議会を通そうとしている予算案が話題になっていました。高所得者の納税額を下げる代わりに、各種保障をカットする案なのだとか。只でさえ困っている人が多いのに、どうするつもりなんでしょうか。不法移民問題ももっと議論をして、不確定要素を減らしていく努力が必要だと感じます。何はともあれ、話し合いに民主党もいれるべき。議論が尽くされる事を願います。

ブルックリン植物園がフルーツのピクルスの作り方を紹介していました。日本のフルーツ酢とも違って、その日の内にフルーツの方を食べる為のレシピとの事。1回試してみたいと思います。
********************************************************
さて、今回は昨日の雷雨とその後に出た2重の虹です。
003

午後5時頃強い風雨が。雨脚の強さに景色が全く見えません。

007
009

暫くすると、一旦雨が止みました。

011_2

その後もう一度雷雨になり。

016_2

午後8時過ぎに急に晴れたと思ったら、東の空にダブルレインボーが出現。

017

ワン・ワールドトレードセンターの上空にもうっすらと3つ目の虹らしきものがあったのですが、色までは識別できず。

018

あっという間に消えてしまう事が多い虹ですが、昨日は長い時間クッキリと見えていました。

022_2

そのため、段々と空が色を変えて…

026_2

青が深くなり…

028

茜色が混ざり始め…

032

すっかり夕焼けに覆われるまで虹が見えていました。

030_2
033

嵐の後の綺麗な夕焼け。

023

2017年6月19日 (月)

今週のセントラルパークの風景

薄曇りの月曜日のニューヨーク。今日は午後雷雨になる可能性が高いそうなので、用事はなるべく午前中に済ませるが吉。最高気温は29℃。湿度もとても高そうなので、ムシムシと暑い1日となりそうです。ニューヨーク市から浸水注意報が送信されましたので、以下に添付致します。

Notification issued 6/18/17 at 5:00 PM.  The National Weather Service has issued a Flash Flood Watch for New York City starting 12:00 PM tomorrow, 6/19, until 4:00 AM, 6/20.  Excessive runoff from rainfall may cause flooding of urban areas, highways, streets, and underpasses, as well as any other drainage areas and low-lying spots.

Do not drive your vehicle or walk into areas where the water covers the roadway; the water depth may be too great to allow you to cross safely.  If you lose power and have a disability or access needs, or use Life Sustaining Equipment (LSE) and need immediate assistance, please dial 9-1-1.

For the latest weather information, please visit www.weather.gov/nyc.

ロンドンでまたテロ事件が起きたことが大きなニュースになっています。犯人は捕まったそうですが、まだ聴取をしていないので動機は不明ですが、今まで起こってきたテロ事件の仕返しだとみられるとの事。でも今回犠牲になっているのは、過激派ではない一般のイスラム教徒のため怒りの声が上がっています。負の連鎖を断ち切る努力が必要ですね…。言うは易し、ですが。
***********************************************************
さて、今回は週末に散歩したセントラルパーク風景をご紹介します。
020
023
022

セントラルパーク動物園の北側に土着の植物で構成される草地を再現するプロジェクトが進行中との事。綺麗な花が咲いていて、本当に何処か田舎の野原みたいな一画になっていました。

026

バードウォッチングも楽しめるセントラルパーク。今日は大き目の鳥が悠々と枝で休んでいました。アカオノスリ(Red-tailed Hawk)でしょうか?

029

コンサバトリーウォーター(Conservatory Water)では今日もボート遊びをする人々が。

028

そしてコンサバトリーウォーターに面して座しているアンデルセン像で、6月~9月までの毎週土曜日の午前11時~正午まで読み聞かせが開催されているという看板が出ていました。お子様と如何でしょうか?アンデルセンの童話が好きなので、お子さんがいらっしゃる方が羨ましい…。

030

貯水池前の薔薇と紫陽花。

033

ベルヴェデーレ城(Belvedere Castle)を北側から望む。

034

昨日で『ジュリアス・シーザー』の公演が最後だったのに、結局くじ引きに当たりませんでした。残念!

035
036

新しいTVドラマでしょうか?シェイクスピアが劇作家になる前の物語『Will』の宣伝が劇場の周りで行われていました。面白いペイントを施した顔にコスチューム姿の人々が、バンド演奏をしていたり、トートバッグを配っていたり。即席のバーまで登場していました。

037
038
039
040
043
044

045

046
047

048
049
051
052
053

シェイクスピアガーデン(Shakespeare Garden)は夏の生命力に溢れた様子。

054

セントラルパークは少しずつ花が増えている気がします。

055

暑い日だったので、西側の木陰の道を散歩。

056

ウエストサイドに抜ける石橋の下を潜ります。

031

途中ランチでアッパーイーストサイドにあるタイレストラン『Pye Boat Noodle』へ。汗をかき過ぎたせいか軽く肉離れみたいになっていたので、凍らせたライチジュースでミネラル補給。お蔭で回復しました。

057
058

隅々まで手入れが行き届いています。

059

2017年6月18日 (日)

先週のハイライン

雲に覆われ高いビルの上が見えない日曜日のニューヨーク。昨晩もう一雨くるのかと思いきや、降らなかったので残ってしまったのでしょうか。予報ではもう少し太陽が出る印象だったのですが、なんだか今にも降りそうです。昨日もかなりの土砂降りでしたが、今日も正午頃雷雨になる予報です。びしょ濡れにならないようにお気をつけください。最高気温は27℃。今日もムシムシと暑そうです。

友人がテキサスに出張しているのですが、現在サンディエゴを始め南の方は熱波が到来しており、昨日はなんと華氏105℃(摂氏40.5℃)!オクラホマに住んでいる女性が「毎年夏の間1回は涼しい地域に来て体を休ませるの」とニューヨークに来ていて驚いた事があるのですが。確かに40℃と比べればニューヨークは随分涼しいですよね。いやぁ~、夫の仕事が北部で良かった…。

今週末はオレゴン州ポートランドとウィーンでプライドパレードが開催されているそうで、フェイスブックがプライドのレインボーフラッグで埋め尽くされています。ニューヨークも再来週ですね。楽しみです。
****************************************************
さて、今回は先週のハイライン(the High Line)の様子をご紹介します。
013
春から秋に掛けては週に3日は通り抜けるハイライン。信号に捕まらないので、凄く混む時間帯でなければ地上よりも早く移動が可能です。しかも道路を歩くよりもかなり空気が綺麗なこともリサーチ結果として発表されていました。
020
そんな訳で毎週変わりゆく景色を楽しんでいるのですが、2週間体調を崩して殆ど家に籠っており。先週久し振りに歩いたら、咲いている花や草の勢いが全然違って、風景が一変していました。
033
そこで今回は先週のハイラインの風景のご紹介です。
002

ハドソンヤードの建設が急ピッチで進んでいます。「アメリカでは珍しい速さの大規模プロジェクトだよねー。なんだか上海とかドバイみたい」と近くに住む男性がコメントしていました。

009

アキレア『テラコッタ』(Achillea ‘Terracotta’)の鮮やかな黄色。

010

2週間前は咲き始めだったラベンダー『マンステッド』(Lavandula angustifolia ‘Munstead’)が満開。

011

ナデシコ(Dianthus carthusianorum)やゼラニウム(Geranium ‘Patricia’)のピンクが目立つ11番街の橋。

012

ハイラインには数種類のスモークブッシュが植えられています。

014

Eremurus himalaicus(フォックス・テール・リリー)が咲くと夏の訪れを感じます。名前の通り狐のしっぽみたいでアクセントになりますよね。

016

ムラサキバレンギク(Echinacea purpurea ‘Fatal Attraction’)も綺麗。満開になると花びらが反り返る様が好きです。

017

ハイラインは、デザインだけでなくエコシステムまで考えて設計がされています。蝶が好きなヤナギトウワタ(Asclepias tuberosa)も咲き、沢山の蜂や蝶が飛び交っています。

018

ひっくり返ったみたいなバレンギク(Echinacea pallida ‘Hula Dancer’)。フラダンサーという名前はシルエットが似ているからでしょうか?

019

食べると美味しいサービスベリーがたわわに実っています。

022

ノコギリソウ(ですか?アキレア:Achillea filipendulina ‘Parker’s Variety’)の鮮やかな黄色。

044

プライド月間を祝してサンドイッチボードも登場。ハイラインのシルエットにプライドのレインボー。このロゴが素敵なので、Tシャツを購入しようと計画中です。

025

Rosa ‘Sally Holmes’と
026
Rosa ‘Ausorts’が満開。芳香が漂っています。

027
Dalea purpurea(パープルプレーリークローバー)の紫のようなピンクのような色は目を惹きます。

028
ネギ坊主みたいな楽しい花。

031
Knautia macedonica ‘Mars Midget’(クナウティア・マケドニカ)は、まだ元気に咲いています。

030
073
この季節は下から上へと徐々に咲いてゆく花が多いのも面白いです。

074
034
035
チェルシーグラスランド。
037小学生のグループを沢山見掛けます。

038

10番街のスクエアにはAstilbe chinensis ‘Visions in Pink’(アスチルベ?)のピンク。

039

咲き始めると鮮やかな紫ピンク色の花ですが、今週は極一部しか咲いていませんでした。

040

2009年にオープンしてから8年間弱で随分と木が成長しました。

043

14丁目~15丁目の水場も稼働しています。暑い日に通るとほっとするスポットです。

067

ハイラインでは、なるべく殺虫剤を使わない害虫駆除を目指しています。その一環として、学校の教育を担当する部署が、近所の学校の子供達と数百匹(確か500~600匹と言っていたような…)のテントウムシを放したという話を聞きました。都会で暮らす子供達に虫が怖くない事を体感してもらうと共に、エコシステムについても考えてもらう事が目的との事。よく見ると、ハイラインの草花にテントウムシが。害虫を食べてくれているのでしょうか。

071

16丁目の分岐も背の高い草に覆われています。

076
078

春、目を楽しませてくれた花達は綺麗な実に。

080

よく見ると珍しい形の葉っぱ。

077

Magnolia virginiana var. australis(ヒメタイサンボクでしょうか?)が強い香りを放っています。

065

ガンズボート周辺は林になっていて涼しげ。

046

Oenothera pilosellaは鮮やかな黄色。

045 068

2017年6月17日 (土)

ブルックリン植物園の薔薇園2017

今にも降り出しそうな土曜日のニューヨーク。今日は1日曇る予報で、時々雨が降るかもしれないとの事。午後2時頃と10時頃、雷雨に見舞われるかもしれないそうなので、外出の際にはお気をつけください。最高気温は24℃。昨日みたいに少しムシムシするのでしょうか。

マンハッタンのレノックスヒル(60丁目~77丁目とイーストリバー~パークアヴェニューで囲まれた地域)で、7人の人がレジオネラ症と診断されたそうです。現在ニューヨーク市が感染者が出た周辺の空調の水を検査中とのこと。90歳代の方が1人お亡くなりになったそうで、怖いですね。
****************************************************
さて、今回はやっと足を運んだブルックリン植物園の薔薇園(The Cranford Rose Garden)の風景のお裾分けです。これらの写真は2017年6月14日現在の様子です。週の後半はとても涼しかったので、あと数週間は十分楽しめると思います。
081
083
・・・といった傍から、子供菜園の入り口にあった薔薇のアーチ。
093
ここからは薔薇園の様子です。
096

098
099

100
101
103

104
105

107
108

109
110

112
113

114
115

111

2017年6月16日 (金)

フェルトでできたコンビニエンスストア

重く雲が垂れ込める金曜日のニューヨーク。今日は正午前から雨が降り始め、午後強く降る可能性があるとのこと。明日は午後雷雨になる可能性があるそうなので、ピクニックは日曜日にした方が良さそう。最高気温は22℃。昨日は日陰に居ると結構涼しく、パーカを羽織っていましたが、今日はどうでしょう。

ロンドンにある公営住宅の火事で、少なくとも17人が死亡、45名の行方が分からなくなっている事が今朝も大きく取り上げられていました。ニューヨークの公営住宅も、雨漏りがしているのに全然修理がされないことや、何か月もガスの供給が無いこと等が度々取り上げられていて、管理が行き届いてない印象が強くあります。これを機に、管理体制を今一度見直してくれることを強く望みます。
****************************************************
さて、今回は2017年6月6日~6月30日までハイライン近くのスタンダードホテルの向かいで開催されているアート展『8 'TILL LATE』です。
067
このアートはたまたま前を通りかかった際に不思議に思い。近くの人に聞いてみたら「アートらしいよ」と教えて貰い。その日は行列ができていたので諦め、日を改めてボランティアのついでに訪れました。
041
アートとは言え、外から見ると何なのかよくわかりません。以前この場所にあったコーナーストア(なんでも少しずつ揃うコンビニエンスストア)に因み、イギリス人アーティストのLucy Sparrow氏が作った、本物そっくりの商品を模したフェルト作品が並んだコーナーストアとの事。
068
看板からレジ、ガチャガチャ、クーラーボックスからカウンターで寛ぐ猫やエロ本まで。本物さながらに造られた実在する商品が、フェルトで細かく創られて並んでいます。
059
それらの商品は実際に購入することが可能で、凄い勢いで売れていました。実際日曜日に通り掛かった際にはぎっしり並んでいたショーウィンドーの商品が、水曜日時点ではすっかすか。店内の棚も半分位は空になっていました。

コンビニにあるような商品は大体揃っています。野菜や果物&肉、パンやシリアル、缶詰類や日用品、お菓子&や雑誌、冷凍食品やアイスクリーム。なんだか懐かしくなるラインアップです。
060
わざわざ観に行くほどでもないかな…と個人的には感じましたが、近くに用事がある際には少し遠回りしてみる価値はある気がします。アーティストは、世界中何処も似たような景色になって、同じような店が並び。個人商店が潰れて、個性や地域の特色が失われていく現状に危機感を抱いて、この展覧会を企画しているとの事。
061
既にロンドンでは成功を収め、今回アメリカで初めての展覧会とのこと。フェルトの作品だけでなく、フェルト作品を撮影して作った絵本やステッカー、マグネット等も販売されていました。どんどん作品が減っていくので、ご覧になりたい方はお早めに。

8 'till late
69 Little West 12th Street, New York, NY 10014
6月30日迄の毎日午前8時~午後8時まで。

2017年6月15日 (木)

ブルックリン植物園のメンバーの夕べ

雲一つない快晴の木曜日のニューヨーク。夕方雲が出てくるものの夜までは1日晴れて気持ち良い天候になる予報です。最高気温は22℃。夜半から明日に掛けて天気が崩れ、土曜日も午前中から雨、午後には雷雨になる可能性があるそうなので、今日中に太陽を楽しんでおきたいところです。

昨日の午後2時15分頃、ブルックリンのアトランティックアベニュー駅近くで発砲事件が起こりました。発砲は地下鉄駅構内で発生した口論に端を発しているとの事。被害者は足首を打たれて病院に搬送されたそうですが、口論していたグループに居たかは不明。犯人は現在も逃走中です。アトランティックアベニュー/バークレーセンター駅は、ブルックリンの主要ターミナル駅。以前は毎週お世話になっていました。真昼間に主要ターミナル駅近くで起こった事件だけに怖いですね…。早く犯人が捕まることを祈るばかりです。無用な口論に巻き込まれないように気をつけましょう。

昨日は朝からロンドンで起こった大火事のニュースが大きく取り上げられ。今日は野球を楽しんでいた議員さんが銃撃を受けた事件が世を騒がせています。毎日気が滅入るニュースばかりです。
***********************************************************
さて、今回は2017年6月14日~9月6日までの数週間おきの水曜日の夕方、ブルックリン植物園(Brooklyn Botanic Garden)がメンバーに解放されるイベント『Members’ Summer Evenings』に足を運んだ話題です。
092
ブルックリン植物園のメンバーは、年間3回足を運べば大体元が取れます。入園が無料になる火曜日はボランティアで行くことができませんし。土曜日の午前中は夫の用事が入っていることが多く、結局いつも入園料を払っていることに気付き。今年は植物について少し知識を深めることを目標としていることもあり、夫と2人でメンバーになりました。
102
メンバーになると1年間無制限に入園することができるほか、園内のショップで割引を受けられたり、メンバー限定イベントに参加することができたりします。そんな特典の1つに、夏の間だけ通常は午後6時に閉園してしまう植物園に午後8時半まで滞在することができる『メンバーズ・サマー・イブニング』というものがあります。
091
その日は夕方閉園後も園内を楽しめるだけでなく、普段は禁止されている飲食を持ち込んでのピクニックも指定された場所であればOK。ピクニック好きのニューヨーカー達には魅力的なイベントです。
084
我々も平日は足を運べない夫と植物園を楽しむ滅多にないチャンスですし。3週間前に薔薇が開花してから、体調を崩し全然訪れる事が出来なかった薔薇園を楽しむ絶好の機会でもあったので、現地集合で夕方の植物園を楽しんできました。
086
ボランティア仲間から聞いてはいたのですが、メンバー限定といっても凄い人。にも関わらず、ピクニックを許可されているのは、桜並木のチェリー・エスプラネードとオズボーンガーデンの芝生部分のみ。
089
でも、やっぱり皆さん生のバンド演奏があり、カクテルバーが設置され、薔薇園が目の前にあるチェリー・エスプラネードでピクニックを楽しみたいので、あっという間にブランケットで埋まっていました。ピクニックをしたい方は、午後6時少し前に到着しておくことをお勧めします。私は午後5時50分に到着しましたが直ぐに入園させてくれましたし、桜並木に着いた時には既にピクニックをしている人達がいました。
087
イベントによって違うようですが、昨晩は園内のカフェも営業時間を延長していたとの事。「ピクニックを持ってお出掛けください」とか招待状に書かれていたので、すっかりカフェは営業していないと思い込んでいました。残念…。足を運ぶ前に、その日の営業状況についてはご確認ください。カフェは午後6時で閉店してしまう日もあるそうです。
094
そんな訳で、丸1日立ちっ放しでボランティアをした後、直接向かってくたくたでしたし、朝ごはん後何も口にしていなかったので空腹だったこともあり、私達はお目当ての薔薇園をくるっと散策して1時間もせずに帰りました。
085
しかしながら、薔薇のピークは過ぎていたものの非常に綺麗でしたし。午後6時から20分位は人も少なくゆったりと散策できましたし。昨晩はカラッとして涼しく、とても気持ち良い気候で気分ものびのびしましたし。たまには夫も定時に退社して息抜きするのも大事ですし。とても良い気分で植物園を後にしました。
090 ボランティアが無い日があれば、是非ピクニックもしたいですし。そうでなくとも、また散歩を楽しむ為だけにでも足を運びたいと思います。次には、カクテルも飲んでみようかな?

昨晩は生のジャズバンドが演奏をしていたのですが、ダンスを楽しむ為かカップルで19世紀風に着飾ったり、目立つ装飾のついた帽子を被っていたり、奇抜なファッションをしたりしてパーティーを満喫している人々もいて目にも楽しかったです。
088
勿論、家族連れも沢山でした。お子さん向けの工作テーブルが用意されていたりもするようです。メンバーの方はご家族で訪れても楽しめそうです。

2017年6月14日 (水)

ハドソンリバーパークのコンポスト

盛大に曇っている水曜日のニューヨーク。朝起きた時は曇っていると思っていたのですが、あれよあれよという間に霧に覆われ。強い雨が降ったと思ったら、もう止みました。午前中は雨が残る所もあるようですが、午後には晴れて良い気候に恵まれるそうです。最高気温は26℃。少し過ごし易い1日になる予報です。

ニューヨーク交響楽団(NEW YORK PHILHARMONIC)が毎年ニューヨークの各ボローの公園で開催する無料コンサートシリーズが本日始まります。初日の今日はセントラルパークのグレートラウンが会場。地面は少し湿っているかもしれませんが、屋外音楽日和になりそうですね。私は一回行って懲りてしまいましたが、その際に最後に打ち上げられる花火を見なかった事を残念に思っています。足を運ばれる方は音楽と共に花火まで楽しめますように。花火についてのお知らせを以下に添付致します。

Notification issued 6/13/17 at 12:00 PM. There will be a fireworks display for the New York Philharmonic tomorrow, 6/14, at 10:30 PM at Cherry Hill in Central Park.

To view this message in American Sign Language (ASL), العربية, বাঙালি, 中文, Français, Kreyòl Ayisyen, Italiano, 한국어, Polski, Pусский, Español, اردو or ייִדיש : http://on.nyc.gov/1Nz0wNX.

***********************************************
さて、今回はハドソンリバーパーク(Hudson River Park)でコンポストの受付が行われている話題です。
008
ハドソンリバーパークは、ハドソン川に面してバテリーパークから59丁目まで伸びる細長いグリーンウェイです。ランニング道やサイクリング道があるので運動する人も多いですが、のんびりと散歩が楽しめる川沿いのスペースが広がっています。
004
ハドソン川と対岸のニュージャージー、そして広がる空の景色が楽しめるハドソンリバーパークは私達のお気に入りの散歩道の1つなので、先日も歩いたところ。小さな庭園みたいな場所ができているのに気付きました。
002
その傍には『コミュニティーコンポスト』という垂れ幕が掲げられており、野菜くずなどを持ち込めば、土に還して公園内の花壇等で使用すると説明が書かれていました。残念ながらHPで調べると、該当ページの準備ができていないのか説明が全く出てきません。
003
しかし、垂れ幕に書かれている説明では午前7時~午後7時までコンポストする有機物を持ち込めると記載があります。受付場所は当該HPが表示されれば明記されるみたいですが、現在のところは定かではありません。
001
そこで駄目で元々と取り敢えずコンポストの表示がされていた44丁目付近にある小さな庭の様な所に午前8時頃行ってみたら、書かれていた通りの茶色のごみ箱が置かれていました。チェルシーの辺り(33丁目位?)でもコンポストのサイトを見掛けましたし、ピア40や24丁目付近にも受付場所があるみたいです。ご自宅の近くを散歩してみるとコミュニティーコンポスト・サイトを見つけられるかもしれません。
007
HPに受け付けている物と入れてはいけない物が明記されるようですが、現在はアップされていません。垂れ幕によると受け付けているのは、果物と野菜くず、コーヒーの粉とフィルター、ティーバッグ、米・パスタ・パン・シリアル、卵とナッツの殻、植物(乾燥花や切り花)。反対に受け付けていないのは、肉・魚・魚介類の食べかす(骨)、チーズ等の乳製品、脂肪分・油。グリース、プラスチック・金属・ガラス、ステッカー、ティーバッグのホッチキス、あらゆる素材のバッグ。要は有機物にステッカーがついていたら剥がして持って来いという事ですね。また堆肥にする物を入れてきた袋も、茶色の受付容器には入れてはいけないということでしょう。

006
また垂れ幕には毎日午前7時~午後7時まで受け付けていると書かれていますが、週末散歩した際には茶色の収集容器が置かれていませんでしたので、平日持ち込んだ方が安心な気がします。
005
環境に配慮しようと思っても、なかなかベランダの無い小さなワンルームアパートで、自分でコンポストしようという所までは思えませんでしたが。生ごみ分ゴミが減らせて、焼却する際に火力を弱めてしまうという茶葉やコーヒーを外せるとなれば、大分罪悪感が減る気がします。
008_2
30分の散歩は結構手間ではありますが、なるべく真面目にコンポストサイトに持ち込みたいと思います。

2017年6月13日 (火)

ニューヨーク公共図書館横のポップアップショップ

よく晴れている火曜日のニューヨーク。今日の最高気温は34℃。午後3時以降に雨または雷雨の可能性があるそうですので、その時間に外に出る方は傘を携行した方が良さそうです。でも雨が降ると暑さが一段落。明日からは少し過ごし易い気温になるみたいなので、やれやれです。

今年のシェイクスピア・イン・ザ・パークの一つ目の演目は『ジュリアス・シーザー』(Julius Caesar)。今週末に千秋楽を迎えるのですが、劇中暗殺されるシーザーが現アメリカ大統領であるトランプ氏にそっくりなことから大きな波紋を呼び。FOXニュースを中心とする保守系メディアが激しく批判し、シェイクスピア・イン・ザ・パークのスポンサーであるバンク・オブ・アメリカとデルタ航空がスポンサーから降りることを表明したことが、昨日大きなニュースになっていました。

しかし、昨日の夕方シェイクスピア・イン・ザ・パークの運営をしているパブリックシアターが『A NOTE ABOUT JULIUS CAESAR AT THE DELACORTE

The Public Theater stands completely behind our production of Julius Caesar.  We understand and respect the right of our sponsors and supporters to allocate their funding in line with their own values.  We recognize that our interpretation of the play has provoked heated discussion; audiences, sponsors and supporters have expressed varying viewpoints and opinions.

Such discussion is exactly the goal of our civically-engaged theater; this discourse is the basis of a healthy democracy. Our production of Julius Caesar in no way advocates violence towards anyone. Shakespeare's play, and our production, make the opposite point: those who attempt to defend democracy by undemocratic means pay a terrible price and destroy the very thing they are fighting to save. For over 400 years, Shakespeare’s play has told this story and we are proud to be telling it again in Central Park.  #WeAreOnePublic』というメッセージを発表。演出は変更しないことを明言しました。それに呼応する形で、穴が開いてしまった分を補おうと沢山の支援金が集まったそうです。

体調を崩したり、ボランティアが夕方あったりしてなかなか申し込みさえできずにいた電子くじ引き。先週末からやっとくじ引きに応募を始めたところなのですが。これで注目が集まってチケットが当たり難くなったような…。何とか観れると良いのですが。

**********************************************************
さて、今回は5番街と40丁目の角、ニューヨーク公共図書館の一角にあるポップアップショップの話題です。
087
ニューヨーク公共図書館の5番街に面した有名な本館の脇、40丁目に面した一角にいくつかお店があるとは思っていたのですが。先日初めて足を止めて覗いてみました。

そうしたらここはホリデーマーケットやマディソンスクエア・イーツ等で有名なUrbanspaceの運営するポップアップショップであることが判明。店舗数は少ないものの、結構充実の店が揃っていることに気付きました。
089
先ずなんといっても驚いたのが、大人気だったにも関わらず、ニューヨーク市が発行する免許が更新できなかったために姿を消したと思っていたビーガンフードを提供するフードトラック『Cinnamon Snail』があったこと。ビーガン(Vegan)とは完全菜食主義の事。肉や魚を食べないのは勿論、乳製品等一切の動物性由来の食べ物を使わない食事を提供しています。

そういうと味気なさそうですが、シナモン・スネイルのサンドイッチはベジタリアンでもない私が食べても美味しく満足感がありました。個人的には好きではありませんでしたが、このお店のドーナッツもとても人気があります。ここでサンドイッチをテイクアウトできるなんて、凄く便利。観光のついでに試すのにもうってつけです。
086
他にもハイラインにもある人気のエンパナーダ(スペイン発祥の具入りのパン。ピロシキに似ています)のお店『La Sonrisa Empanadas』があったり(味が濃いので、ガツンとくるB級グルメ好きの方のみお試しください。家に持ち帰って、ビールのお供にするのにはピッタリかも)。ジェラート屋さんがあったりして、ちょっと休憩するにも良さそう。

目の前にテーブル席が結構ありますし、直ぐ横のブライアントパークに持ち込んで緑の中で食事することも可能。トイレは図書館の中にあるので安心です。
090
加えてニューヨーク公共図書館のギフトショップもあり。絵葉書、ピン、マグネットなどのお土産の定番から。Tシャツ、トートバッグ、ポーチ、キーホルダー、鉛筆、アクセサリーなど、ばらまき土産から自分へのお土産まで、色んな種類のお土産に良さそうな商品が揃っています。本好きの方は必見です。

なかなか便利そうなポップアップショップ。2017年7月6日まで午前11時~午後8時まで営業しているそうです。
088

2017年6月12日 (月)

ブライアントパークの無料語学クラス

雲一つない快晴の月曜日のニューヨーク。今日もよく晴れて最高気温が34℃まで上がる予報ですので、日差し・暑さ対策をしてお出掛けください。熱中症にお気をつけください。

今日はフロリダのゲイバーで銃が乱射され、49名が犠牲になってから丁度1年。ニューヨークでも歴史的なゲイバーであるストーンウォールイン前で追悼集会が行われるそうです。地下鉄各駅にはLGBTQメンバーが公共交通機関で如何なる差別を受けることがないよう促す偽のMTAサインが掲出されているとの事。トランプ大統領が、歴代大統領がコメントを発してきたプライド(LGBTQの権利を推進する運動)に関して沈黙を貫いていることから、危機感が高まっています。ニューヨークでは、プライド関連の主な行事は今月末に行われますが、ワシントンDCや友達の住むサンディエゴではこの週末がプライドパレードだったようで、フェイスブックには沢山のレインボーが溢れています。今月が大きな事件が無く無事に終わりますように。

今日も午前10時~午後10時まで光化学スモッグ注意報が出されています。長時間屋外に滞在しないようご注意ください。以下市から送信された注意文です。

The New York State Department of Environmental Conservation has issued an Air Quality Health Advisory for New York City from 10:00 AM tomorrow, 6/12 until 10 PM tomorrow, 6/12. Active children and adults, and people with respiratory problems, such as asthma, should reduce prolonged or heavy exertion outdoors. For more information, visit the National Weather Service at http://www.1.usa.gov/16w10Sq or the Department of Environmental Conservation at http://www.dec.ny.gov/cfmx/extapps/aqi/aqi_forecast.cfm.

To view this message in American Sign Language (ASL), العربية, বাঙালি, 中文, Français, Kreyòl Ayisyen, Italiano, 한국어, Polski, Pусский, Español, اردو or ייִדיש : http://on.nyc.gov/1m52k8v.

******************************************************************
さて、今回は42丁目の5番街と6番街の間、丁度マンハッタンの中心に位置する市民の憩いの場であるブライアントパーク(Bryant Park)で、夏の間開催されている無料語学クラスについてです。
065
一時期語学を習っていたものの、受講料が高いこと、ボランティアが忙しかったり体調が芳しくなかったりで勉強時間を確保できないこと、希望のクラスが十分な生徒が集まらずキャンセルされてばかりだったこと、等が重なりすっかり勉強しなくなっている今日この頃。

こんなことではいけないと、何とか手元にあるテキストで勉強しようと思いつつ、既に全く勉強しないで3か月以上が過ぎてしまいました…。暖かくなってボランティアがフルスロットルになると、なかなか勉強に時間を割けなくなってきます。
067
そんな中、ブライアントパークで今年も語学クラスが無料で提供されていることに目を付け。たまたまボランティアの融通が利く曜日でしたし、自分で勉強するとなかな会話の勉強は難しいということもあり、喜び勇んで初日に受講してきました。

ブライアントパークで提供されているクラスは、フランス語、ブラジルのポルトガル語、イタリア語の3種類のよう。以前は日本語とかもあったのですが…。
068
授業は先着20名まで受講することが可能。受講受付はクラスの1週間前からE-mailでのみ受け付けられています。1人の受講は1言語に対して1回のみ。同じ言語のクラスを繰り返し受講することはできません。なお、当日申し込みした人が欠席したら、飛び入り参加が許される可能性があります。

私が受講した日は全ての人が事前に申し込みをしていました。駄目で元々で当日訪れても良いですが、事前に申し込みをしておくことをお勧めします。クラスの開催場所はニューヨーク公立図書館に面したテラス。色んな言語で『こんにちは』と書かれた椅子が置かれているので分かると思います。クラスに到着したら、席に着いて待っていれば係の方が名簿に記された名前をチェックしに来てくれます。
099
クラスはとっても簡単。①自己紹介、②住んでいる場所、③職業、④出身地を自分で言ったり、隣の人に質問したりしていたら終わってしまいました。たったの45分ですので、あっという間です。でも、久しぶりにヒアリングや話す練習ができて楽しかったです。自分でも勉強しなくちゃ!と士気が上がりました。

各言語とも月に1回~2回クラスがあるようですので、ご興味がある方は是非。
105
全てのブライアントパークで開催される無料イベントのリストはこちら

2017年6月11日 (日)

ターコイズ色のティーポット

雲一つない快晴の日曜日のニューヨーク。今日は1日晴れる予報。最高気温は34℃。火曜日には36℃まで上がる予報で、今日から3日間暑くなるみたいです。昨日から待ち行く人の格好がすっかり真夏みたいですね。

金曜日の午後、タイムズスクエアで10人以上のグループが裸になり、全身青く塗ったり、メッセージを書いたりした事がニュースになっています。TV、映画、雑誌等に登場する人々は皆痩せているので、一般の人々に痩せていなければならないという強迫観念を植え付けると抗議をしていたとの事。「自分自身の体を好きになろう」というメッセージを掲げて、色んな体型のイメージをメディアに登場させることを目的としていたそうです。実際、地下鉄でも痩せた女性の写真の横に「こういうのが女性を抑圧してるのよ」というメッセージが落書きされていたり。周りの人達も体型と美しさを結び付けないように気を付けているのをひしひしと感じます。長い間『痩せている』=『綺麗』という概念を植え付けられているので、なかなか心底そう思えないというジレンマがありますが。少なくとも言動には気を付けたいと思います。

今日は午前10時~午後10時まで光化学スモッグ注意報が出されています。以下に市から送られた注意分を添付いたしますので、外出に際してはご注意ください。

The New York State Department of Environmental Conservation has issued an Air Quality Health Advisory for New York City from 10 AM to 10 PM on Sunday, 6/11. Active children and adults, and people with respiratory problems, such as asthma, should reduce prolonged or heavy exertion outdoors. For more information, visit the National Weather Service at http://www.1.usa.gov/16w10Sq or the Department of Environmental Conservation at http://www.dec.ny.gov/cfmx/extapps/aqi/aqi_forecast.cfm.

To view this message in American Sign Language (ASL), العربية, বাঙালি, 中文, Français, Kreyòl Ayisyen, Italiano, 한국어, Polski, Pусский, Español, اردو or ייִדיש : http://on.nyc.gov/1m52k8v.

*****************************************************
さて、今回は最近毎日お世話になっているティーポットの話です。
002
私は凄くずぼらな性質で、手が抜ける家事はことごとく手を抜きたいタイプ。その為、今のアパートに引っ越して(たまに洗った物が割れてしまうものの)、アメリカの割には性能が良い食器洗浄機のある生活を始めたら、なるべく手洗いをしたくなく。

炊飯器の内釜やホーローの薬缶や鍋、焼き物等手洗いをしなければいけない物のみ渋々手で洗っています。が、新たに購入する食器はほぼ食器洗浄機OKな物を選んでいます。いくらお洒落でも、手洗いしなければならないというだけで使用頻度が極端に落ちるのが目に見えている…。
001
そんな訳で、現在気に入って使っているのが、イッタラのティーマシリーズ。イッタラは全然アンテナに引っかからなかったのに、フィンランドで泊まったホテルのビュッフェでティーマのターコイズ色のお皿やマグを使ったら、そのデザインや使いやすさに惚れ込んでしまい。以降、食器が必要になるとティーマシリーズをついつい購入しています。

そんなこんなで、毎朝私は友達から貰ったピンク色の焼き物のマグでティーバッグの紅茶を、夫はティーマのターコイズ色のマグでコーヒーを楽しむのが定番でした。
003
が、長年ティーポットできちんと淹れた紅茶を飲みたいとは思い続けていたのです。しかしながら、現在家にあるティーポットは結婚祝いに頂いた、大人数用の本格的な物で、手洗いしなければいけないし、茶葉をストレイナーで濾さなければいけないし…と色々と手間がかかるのでお蔵入り中。小さなサイズの、食器洗浄機で洗える、できれば茶漉しが内臓されいて手間いらずで紅茶を淹れることができる手軽なティーポットが欲しいと思い続けていました。

そうしたら、先日母の日のギフト特集と銘打ったプレゼントのアイディア集の中に、マグカップ2杯分のお茶が入れられる、茶漉しが内蔵された、食器洗浄機で洗える、しかもティーマのターコイズ色と同じ色味のティーポットを発見。夫に頼んで購入させて貰いました。
009
これが本当に便利。今は毎朝紅茶を淹れて2人で楽しんでいます。メーカーはFORLIFEというカルフォルニアの会社。私が購入したのはCurve Teapot with Infuser 24 oz.というポットで、マグカップ丁度2杯分。4人家族にピッタリな一回り大きいタイプもあります。

蓋がぴったりと閉まるので、湯気が逃げずに美味しい紅茶が簡単に淹れられますし。注ぐ際にも蓋を抑える必要がないのも便利。私はターコイズ色に大満足ですが、全10色揃っているので、お気入りのカラーが見つかり易いのではないでしょうか。
007
ポット1つで、朝の慌ただしい時間が少し優雅に感じられる気がします。

2017年6月10日 (土)

5月のストリートアート

よく晴れている土曜日のニューヨーク。今日は少し雲は出るものの1日晴れの予報。最高気温は29℃まで上がるようなので、涼しい格好で出掛けたいと思います。昨日は湿気がなくとても気持ち良い気候でしたね。今日もそんなカラッとした空気だと良いのですが。

彼方此方で開発が進むニューヨーク。ブロンクス等少し治安に不安があった地域にも新しい物件が建てられ、お洒落なお店が出現していますが。開発する際にデベロパーが以前のマイナスイメージを払拭してお洒落な雰囲気を出すために、地域に新しい名前を付けてしまう事がよくあります。NOMADとかNOLITAが有名で、いまだにそれらの勝手につけられた名前には賛否両論があります。そんな中、ハーレム南部に新たな名前を付けようとしているデベロパーが地元住民の抗議運動に直面しています。抗議するだけでは名前を変えられてしまう可能性が高いので、法案を通そうという動きに発展しているとの事。確かにハーレムという名前は残してほしい気がします。

夏の間ペンシルヴァニア駅のニュージャージー鉄道の線路が数本、修理の為に使用できなくなるそうです。その為、7月10日~9月1日の間、ニュージャージー鉄道の電車は遅延したり、本数が少なくなったりするそうで、路線によってはホーボーケン駅でPATHやフェリーに乗り換える必要が生じるとの事。NJトランジットをお使いの方は、予め移動ルートの変更を確認しておく必要がありそうです。
***************************************************************
さて、今回は先月マンハッタンのあちこちで見つけたストリートアートのご紹介です。
044

先ずは以前も紹介したことがある中華街にある巨大ストリートアートから。

045

こちらはリトルイタリーにある壁画。お土産物屋さんでも商品化されている人気のアート。

046
047
048
050

これらも以前紹介した、リトルイタリーにあるアートシリーズ。

051

倉庫の入り口とかにちょこちょこアートがあります。

052

アートではありませんが、植木鉢やギンガムチェックのカーテンの感じが可愛くて。

056

SoHoもストリートアートが多い地域。頻繁に変わります。

084

久し振りのイーストビレッジ。

085

イーストビレッジは美味しいレストランも多いし、ストリートアートも多い魅力的な地域です。

086

これはストリートアートではなく、眼鏡屋さんのモザイク壁画。

087

ピザ屋さんの柱がピサの斜塔に。

088
089
090

bodega(ニューヨークに沢山ある小さな食品店。多くの場合お酒も置いている。ボデガという言葉はニューヨーク周辺でしか使われないそうですが、ここに住んでいると頻繁に耳にする単語です)の壁一面のアート。

040

反トランプ的なメッセージボードがハイライン近くに登場。

082
083

チェルシーにはギャラリーが300以上あるだけあって、ストリートアートも豊富。

004

思いっきりデコったトラックも見掛けます。

142

お店の装飾ですが。

010

セントラルパークの有名な並木道ザ・モールでは、頻繁にチョークアートを描くことを呼びかける団体がいます。

001
002

ブルックリン植物園近くにて。

007
008

ブルックリン植物園近くの地下鉄駅。

039

クッキー屋さんが歩道に出しているサンドイッチボード。ちょっと元気が出るメッセージが多くて好きです。

038

フェイスブックで、仕事のストレスの対処法としてアイスクリームを食べている友人の投稿とかもよく見掛けます。落ち込んだりしている友達と集まる際にも、「アイスクリーム(カップケーキ)を食べながら話でもしようよ!」が定番。

001_2

ヘルズキッチンで沢山見掛けるステンシル。黒い文字バージョンもあります。考えさせられるメッセージですよね・・・。

002_2
003
004_2
005

クリストファー通りに並ぶ、セーターや花でデコレーションされた並木。

001_3

2017年6月 9日 (金)

セントラルパークのランブル

薄曇りの金曜日のニューヨーク。今日は晴れ時々曇りの予報。最高気温は26℃。久しぶりに暑さが戻りそうです。

昨日は久し振りにネットが凄く遅く、ブログどころがE-mailさえも書くことができませんでした。書いた記事は消えちゃうし…と思っていたら、今朝見たら復活していました。なんだったのでしょう。たまにやってくるネットが繋がらない日。原因を知りたいのですが、他にそんなこと言っている人を聞いた事が無いんですよね…。

昨晩、ブルックリンのブッシュウィックで発砲事件があり、10代の若者1人が死亡、もう一人が重症だそうです。またブロンクスの地下鉄2ラインの車両内で妊婦さんが刺されて死亡。その友達も重体に陥っているそうです。夜間の外出には注意が必要ですね。

母親業について書いている文章がフェイスブックでシェアされていました。友人の子育て真っただ中の女性はとても共感していたようですし、周りの人達も理解を深めるのに良い文章でしたので、お時間がある方は是非。
********************************************************
さて、今回はセントラルパークの中心に広がるランブル(Ramble)の整備が終わったという話題です。
016
ランブルは、緑が多いセントラルパーク内でも鬱蒼とした森の様な趣を持つ都会を忘れられる場所。セントラルパークの中央部分、ザ・レイクの北、貯水池の南にあたる73丁目~79丁目付近に広がる地域を指します。Rambleの意味は、ブラブラ歩く、曲がりくねった道、等。
014
日差しが強く暑い日にセントラルパークを散歩した我々夫婦。日差しに耐えられず、鬱蒼とした木々に守られたランブルを散歩しました。
019
去年からランブルの中では整備が進んでおり、広範囲に渡って林床がフェンスで覆われていました。小川を通したり、元々ニューヨークに生息する植物を植えたりと色々と自然に近づけるような整備をしているようだったのですが、詳細は知らず。長い間地道に整備を進めているようだったので、どんな姿を見せてくれるのか楽しみにしていました。
020
そんな中、5月にランブルを散歩したら、その整備の一部である岩場を通る小川と小道が完成していました。子供達が川遊びを楽しんでおり、沢山の家族連れが集う、できたばかりだとは信じられないような立派な川辺の風景が出現していました。
021
確かにセントラルパークには小川や池が沢山存在しましたが、子供達が水遊びを楽しめるのは専らプレイグラウンドにある噴水だけでした。そんな中、この川は水量が少ないので、お子さんが水遊びをするにはうってつけ。大都会に住む子供達が自然を身近に感じやすい、とても素敵な場所に仕上がっていました。
023
ランブルの中では、野鳥観察を楽しむ人が多かったのですが。これからは水遊びを目当てに訪れる人も増えるのかもしれません。
013

この日は快晴で、ボート遊びを楽しむ人も多数。

015
017
018
011

5月の花達。

009

ピクニックの季節になりました。でもダニにはご注意ください。

010

晴天に恵まれるとザ・モールも人で溢れます。

006
007

コロンバス・サークルには綺麗なアリウム。

027

2017年6月 7日 (水)

紫陽花のチャネルガーデンズ2017

曇っている水曜日のニューヨーク。今日は1日曇りの予報。最高気温は19℃。昨日よりは気温が上がって、ムシムシするのかもしれません。

昨日ニュージャージーの知事選が行われたと書きましたが、予備選の間違いであることに今朝のニュースを聞いて気付きました。申し訳ありません。何はともあれ、有能な知事さんが選ばれる事を期待します。

今朝はイランの首都テヘランで少なくとも2件の同時テロが発生している話題が大きく取り上げられています。大ニュースですが、情報があまり入らないらしく、曖昧な報道が続いています。国会議事堂に実行犯が入り込んだ際に女性に変装していたのでは?とか、イランの国営放送が捉えたとされる銃撃の音声等が流されていますが、いまだに詳細は不明な模様。まったく、毎日本当に気が滅入りますね。これ以上死者が出ない事を祈るばかりです。
*************************************************
さて、今回は今年もロックフェラープラザのチャネルガーデンズ(THE CHANNEL GARDENS)が紫陽花に彩られた話題です。
017
毎年この季節になると5番街とロックフェラープラザを結ぶ、細長い噴水の池が連なる庭が紫陽花で飾られるので楽しみにしています。今年は去年に比べると紫陽花の占める比率が少な目。
010
でも要所・要所に色の違う紫陽花が差し色の様に使われたしっとりした趣の庭で、曇り空でも綺麗に見えました。まだ咲いていない紫陽花等もあり、見頃はこれからのようです。
016

スモークブッシュに似た木も取り入れているのが、個人的には興味深く感じました。しっくり。

001
002

淡いピンクから…

003
012
013

濃いピンク。

007
008

薄い青から…

011

紫色まで。

015

綺麗な色のグラデーション。

018
004

見頃は少し先みたいです。

005

2017年6月 6日 (火)

79丁目のグリーンマーケット

今にも降り出しそうな火曜日のニューヨーク。今日は午前10時頃まで雨が降る可能性があり、以降は曇りの予報。でもサイトによっては午後と夕方にも雨が降る可能性があると予想しています。念のため折り畳み傘は携帯した方が良さそうです。最高気温は15℃と肌寒くなる予報ですので、温かくして出掛けたいと思います。

今日はニュージャージー州の州知事選。全米で最低の支持率だったクリスティー知事の後任を決める選挙です。なんとか有能な方が選ばれる事を祈るばかり。

オーストラリアでもテロが起きた事が報じられ、連日の暗いニュースで毎朝気分が沈みます。引き続き気を引き締めて生活したいと思います。
*****************************************************
さて、今回はアメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)の横で日曜日に開かれている『79th Street Greenmarket』の話題です。
024
このグリーンマーケット。近所のグリーンマーケットは土曜日しか来ないので、土曜日に用事があって買い物ができない週に、セントラルパークを散歩がてら野菜や卵を購入するのに時たま利用します。
025
場所はコロンバスアヴェニューの77丁目~81丁目の間。歩道の片側にテントが並んでいるだけなので、ユニオンスクエアのグリーンマーケットに比べるとかなり規模は小さいのですが、一通り必要な物は揃う感じです。野菜や果物、魚介、卵や肉類、花やベーカリー。ユニオンスクエアは格段に品ぞろえが良いので除きますが、他のマーケットと比べると少し高級路線かもしれません。売っている花なんかが。
031
なんでこの記事を書こうと思ったかというと、春になりやっと帰って来たよ!とお知らせしたかったからなのですが。今HPを見たら、なんとこのマーケットは通年営業しているとのこと。
026
去年の冬に買い物に来たらマーケットが出ていなくてがっかりした事があり、勝手に近所のマーケットと同じく冬の間は休むのだと思っていたのですが…。私が訪れた日に偶々休んでいたのでしょうか?謎です…。
030

ヨーロッパやアメリカの友達・知人が「苺の季節だ!」と大はしゃぎするので、初夏にイチゴが登場すると全然甘くないのに思わず買ってしまいます。季節を感じられるだけでも嬉しいのです。

034

でも、そのままで食べても美味しくないので、モツァレラチーズと共にバルサミコ酢で和えてサラダにしたり…

036

バルサミコ酢と蜂蜜で漬けて、朝ご飯にヨーグルトと食べたりしました。

032

キュウリとトマトは冷やし汁に。

033

卵は卵サラダに。質素ながら、グリーンマーケットで購入した材料で作るとなんとなく幸せ。春から秋にかけての贅沢です。

2017年6月 5日 (月)

プライド限定フレーバーのアイスクリーム

朝は雨が降っていましたが、今は止んでいる月曜日のニューヨーク。とは言え、今日は午後に雷雨の可能性が。夜半にはかなりの確率で雷雨になるそうなので、傘の携行は必須なようです。明日も雨。昨日も雨でしたし、ニューヨークも梅雨っぽくなってきましたね。

今朝はまだロンドンで起こったテロの話題が大きく取り上げられています。アメリカ大統領がまた要らんツイートをしたようで、国際社会から失笑を買っているようですね?まったく~と朝からげんなりしていました。貧富の差の解消や内政不干渉の原則について全世界を挙げて真剣に考えるべき時なんでしょうね…。

私は子供がいないので知りませんでしたが、先月『バナナボート』というブランド名のサンスクリーン(日焼け止め)をお子さんに使用したカナダとアメリカの女性が、お子さんの酷い火傷の写真を公開して大問題になっていたそうです。最初の2人に関してはほぼ事実に誤りはないと考えられているそうですが、専門家からは「稀に日焼け止めにアレルギー反応を示す人が存在するので、アレルギーを起こしたと考える方が適当だ」という意見が出されているみたいです。とは言え、「そもそも今回問題となっているスプレー式の日焼け止めは顔に直接使わないよう書かれている。日焼け止めを使用する前には必ず注意深く使用注意を読み、正しい方法で使用するように」と注意を喚起しています。また、そもそも小さなお子様にはスプレー式の日焼け止めは使わない方が良いそうです。念のため塗るタイプの日焼け止めを使う用ご留意ください。まぁ、お子さんをお持ちの方には常識なのかもしれませんが…。
*******************************************************
さて、今回はブルックリン生まれの人気アイスクリーム屋『アンプル・ヒルズ・クリーマリー』(Ample Hills Creamery)の6月限定フレーバーが今年も登場した話題です。
005
アンプル・ヒルズ・クリーマリーは、お子さんに恵まれたばかりのブルックリンに住むご夫婦が2011年の春に始めた手作りアイスクリーム屋。なるべく地元の原料を使用して手作りした、ユニークな味が揃うアイスクリーム屋さんとしてたちまち人気になりました。今では4か所の店舗と2か所のイートインできない販売窓口を持つ迄に成長しています。

特定の店舗のみで食べることができるオリジナルフレーバーがある店舗もあり、また店舗ごとに雰囲気も全然違うので訪れる楽しみがあるのもポイントが高いのです。私は4か所を訪れてアイスクリームを食べたことがあります。しかしながら、ハイライン前にあるバビーズにある店舗のオリジナルフレーバー『Floatin’ Over the High Line』は、ルートビアベース。ルートビアが大嫌いな私は残念ながら試せず…。が、それだけではなく季節ごとに登場する限定フレーバーがあるのです。
006
中でも私が毎年楽しみにしているのが、6月に登場する『Baby, I Was Churned This Way』。これはご想像の通り、『Born This Way』に掛けてつけられている名前で、6月がNYCのプライド月間の為登場するフレーバーです。
004
このアイスクリームは、ヘーゼルナッツ味のアイスにチョコレートで包まれたひまわりの種が入っているというなかなかにしつこい味。夫は「好きじゃない」と切って捨てていましたが、私は普通に美味しいと思って食べています。多分、ピーナッツバターがOKな人は好きな味なのかと。レインボーカラーの可愛らしい外観とプライドの時期のみ食べられるという事で、毎年1回食べてしまう。いわば季節の風物詩なのです。
003
今回このブログを書くに当たって調べていたら、今年から毎月1回、創始者ご夫婦が支持するNPOに協力するイベントを開催していることを知りました。今月はLGBTQの人々をサポートするセンターの支援との事。体調が…なのでなんとも言えませんが、できれば足を運んで少しでもコミュニティーに貢献できたらいいなぁと考えています。
002
今月中は、ニューヨークの街中がレインボーで溢れます。プライドを祝いにニューヨークを訪れる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな際にはプライド気分を盛り上げるのに一役買うこのアイスクリームを食べられては如何でしょうか?この季節限定商品は何処の店舗でも食べることができます。
006_2
なお、今月中このフレーバーをパイントで購入すると、1パイントにつき$1がLGBTQをサポートするセンターに寄付されるそうです。パーティーでアイスクリームを購入されるご予定があれば是非。

2017年6月 4日 (日)

Konamonコンテスト

快晴の日曜日のニューヨーク。今日は午後4時頃夕立が降る可能性があるようですが、雲は出ても概ね1日太陽は出ているようです。最高気温は21℃。昨日は湿度が低くて非常に気持ちの良い1日でしたが、今日はどうでしょう。

昨日ロンドンで起こったテロ事件を受け、本日ニューヨークの人が集まる場所では警察官が多く配備され、警戒レベルが上げられているそうです。用事が無ければ、人混みは避けた方が賢明かも。

映画『ワンダーウーマン』の試写会が女性限定で行われたことに対し、人権侵害である旨の苦情が数件寄せられているとの事。日本の映画館で行われている女性デーなんて、とんでもないことになりそうですね。早く男性の方が多く払わなくとも公平に感じられるような、本当の意味での男女平等社会が訪れるといいなぁと思わずにいられません。
*****************************************************************
さて、今回は昨日、2017年6月3日(土)に開催されていた『JAPANFes feat Konamon Contest』です。
085
粉もんが大好きな私。ストリートフェアの一部を和食系が占めるジャパンフェスは毎年行われていたと思いますが、粉もんにスポットライトを当てて開催されるのは初めての気が。楽しみにしていたのですが、ここ1週間画面を見るのがきつかったので電子機器から遠ざかっていた為、昨日のブログでお知らせするのをすっかり忘れてしまいました。
075
しかし、ブログを書き終わった午前中フェイスブックが粉もんコンテストをお知らせしたので、急に思いだし。加えて臥せっている間にきらしてしまったお米を朝一で日系スーパーに買いに出掛けたら、粉もんコンテストに出る友人とばったり遭遇。夫と2人でランチがてら足を運びました。
076
今回はパーク街の40丁目~38丁目迄の2ブロックがジャパンフェスの会場。それより南は普通のストリートフェア(食べ物や雑貨の屋台が並ぶ)でした。ジャパンフェスの会場にはステージが用意されて催し物をやっていたり、和食系の屋台が並んでいたり、着物の古着や陶器のアクセサリーが販売されていたり。最近kimonoローブとか、kimono袖を使ったシャツやカーディガン、羽織を頻繁に目にするので、洋服として短めに切った着物を羽織るのもありだよなーなんて思いながら眺めたり(ジーンズ+白Tの上に、着物っぽい柄と形のオーガンジーの羽織を着ている外人さんを見掛けます)。
078
でもお目当ては粉もん。1チケット$8で、最初にチケットをテントで購入してから、各店舗で品物をチケットと交換で手に入れる方式。大阪風&広島風お好み焼き、イカ焼き、焼きまんじゅう、焼きおにぎり、団子からスイーツまで充実のセレクションでした。
081
が、私はまだ体調が完全ではなかったので臭いにやられ。みたらし団子+磯辺焼きを食べたのみでギブ。夫には友人が頑張って作っている広島風お好み焼きを購入してもらい、2人で道端に座って食べました。昨日は日差しがぽかぽかで、ニューヨークには珍しく島の中心の辺りでは風も弱かったので、気持ち良かったです。
079
お団子もきちんと粉茶で淹れたと思われるアイス緑茶もとっても美味で大満足。チケットを購入するのに10分、お好み焼きを購入するにも15分程行列する人気ぶりでした。異国の方々が、一生懸命「okonomiyaki」とか練習してたりして、微笑ましい気分になりました。
080
B級グルメというまだまだ浸透していない日本の食文化を伝えてくださった主催者+屋台の皆様に感謝を。暑い中お疲れ様でした!

2017年6月 3日 (土)

I♡NYのストリートアート

朝から曇っている土曜日のニューヨーク。今日は午前中に少し雨が降るようですが、午後には曇り。夕方からは晴れる予報の様です。最近よく天気予報が外れるのでどうかな?という感じではありますが。最高気温は22℃。なかなか初夏のような陽気になりませんね。

今年も夏至である2017年6月21日(水)にタイムズスクエアでヨガをする無料イベント『Solstice in Times Square』の申し込みが始まっています。毎年人気で直ぐに定員になってしまいますので、ご興味がある方はお早めに。私は腰の関係でヨガはやらなくなりましたが、無料でヨガマットやサンプルが貰えますし、楽しいイベントです。

24時間空気清浄器をつけっ放しにするようになってから、随分改善していた眩暈&吐き気が久しぶりに強く出てしまい、この1週間は毎日入っていたボランティアを全て休ませてもらいひたすら休養していました。花粉症が酷く出ていたので、三半規管が影響を受けたのかな…?と推測していますが、原因がよく分からないんですよね…。今日もまだ画面を見ていると気持ち悪くなってしまうので、さくっといきます。よりにもよって夫が忙しい時に迷惑を掛けてばかりでごめんなさい。来週からは元気にボランティアに復帰したいものです。
*********************************************************
さて、今回は人気のストリートアートのご紹介です。
062
去年の夏、多くの人から「I♡NYのストリートアートが何処にあるか知りませんか?」という質問を受けました。私はインスタグラムの類をやらないので全然知りませんでしたが、多分SNSで話題になっていたのでは?と推測します。
060
あんまり聞かれるので、私も色んな人に質問していたのですが、「あー、それならもう消されたよ」と教えられて、そう信じ込んでいたのですが。先日ボランティアの為に移動していたら、偶然発見。まだあるじゃん!と驚いていたのでした。嘘を教えてしまった人達には本当に申し訳ない気持ちで一杯です…。
061
場所は6番街と17丁目の南西の角。駐車場の壁です。インスタって位置情報は含まれないんですね?もう既に話題は去ったのか今年は全然質問を受けませんが…。チェルシーを歩かれる際はついでに写真を撮ると、NY旅行の思い出になるかもしれません。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »