2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ブルックリン植物園のメンバーの夕べ | トップページ | ブルックリン植物園の薔薇園2017 »

2017年6月16日 (金)

フェルトでできたコンビニエンスストア

重く雲が垂れ込める金曜日のニューヨーク。今日は正午前から雨が降り始め、午後強く降る可能性があるとのこと。明日は午後雷雨になる可能性があるそうなので、ピクニックは日曜日にした方が良さそう。最高気温は22℃。昨日は日陰に居ると結構涼しく、パーカを羽織っていましたが、今日はどうでしょう。

ロンドンにある公営住宅の火事で、少なくとも17人が死亡、45名の行方が分からなくなっている事が今朝も大きく取り上げられていました。ニューヨークの公営住宅も、雨漏りがしているのに全然修理がされないことや、何か月もガスの供給が無いこと等が度々取り上げられていて、管理が行き届いてない印象が強くあります。これを機に、管理体制を今一度見直してくれることを強く望みます。
****************************************************
さて、今回は2017年6月6日~6月30日までハイライン近くのスタンダードホテルの向かいで開催されているアート展『8 'TILL LATE』です。
067
このアートはたまたま前を通りかかった際に不思議に思い。近くの人に聞いてみたら「アートらしいよ」と教えて貰い。その日は行列ができていたので諦め、日を改めてボランティアのついでに訪れました。
041
アートとは言え、外から見ると何なのかよくわかりません。以前この場所にあったコーナーストア(なんでも少しずつ揃うコンビニエンスストア)に因み、イギリス人アーティストのLucy Sparrow氏が作った、本物そっくりの商品を模したフェルト作品が並んだコーナーストアとの事。
068
看板からレジ、ガチャガチャ、クーラーボックスからカウンターで寛ぐ猫やエロ本まで。本物さながらに造られた実在する商品が、フェルトで細かく創られて並んでいます。
059
それらの商品は実際に購入することが可能で、凄い勢いで売れていました。実際日曜日に通り掛かった際にはぎっしり並んでいたショーウィンドーの商品が、水曜日時点ではすっかすか。店内の棚も半分位は空になっていました。

コンビニにあるような商品は大体揃っています。野菜や果物&肉、パンやシリアル、缶詰類や日用品、お菓子&や雑誌、冷凍食品やアイスクリーム。なんだか懐かしくなるラインアップです。
060
わざわざ観に行くほどでもないかな…と個人的には感じましたが、近くに用事がある際には少し遠回りしてみる価値はある気がします。アーティストは、世界中何処も似たような景色になって、同じような店が並び。個人商店が潰れて、個性や地域の特色が失われていく現状に危機感を抱いて、この展覧会を企画しているとの事。
061
既にロンドンでは成功を収め、今回アメリカで初めての展覧会とのこと。フェルトの作品だけでなく、フェルト作品を撮影して作った絵本やステッカー、マグネット等も販売されていました。どんどん作品が減っていくので、ご覧になりたい方はお早めに。

8 'till late
69 Little West 12th Street, New York, NY 10014
6月30日迄の毎日午前8時~午後8時まで。

« ブルックリン植物園のメンバーの夕べ | トップページ | ブルックリン植物園の薔薇園2017 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/70874887

この記事へのトラックバック一覧です: フェルトでできたコンビニエンスストア:

« ブルックリン植物園のメンバーの夕べ | トップページ | ブルックリン植物園の薔薇園2017 »