2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ブライアントパークの無料語学クラス | トップページ | ハドソンリバーパークのコンポスト »

2017年6月13日 (火)

ニューヨーク公共図書館横のポップアップショップ

よく晴れている火曜日のニューヨーク。今日の最高気温は34℃。午後3時以降に雨または雷雨の可能性があるそうですので、その時間に外に出る方は傘を携行した方が良さそうです。でも雨が降ると暑さが一段落。明日からは少し過ごし易い気温になるみたいなので、やれやれです。

今年のシェイクスピア・イン・ザ・パークの一つ目の演目は『ジュリアス・シーザー』(Julius Caesar)。今週末に千秋楽を迎えるのですが、劇中暗殺されるシーザーが現アメリカ大統領であるトランプ氏にそっくりなことから大きな波紋を呼び。FOXニュースを中心とする保守系メディアが激しく批判し、シェイクスピア・イン・ザ・パークのスポンサーであるバンク・オブ・アメリカとデルタ航空がスポンサーから降りることを表明したことが、昨日大きなニュースになっていました。

しかし、昨日の夕方シェイクスピア・イン・ザ・パークの運営をしているパブリックシアターが『A NOTE ABOUT JULIUS CAESAR AT THE DELACORTE

The Public Theater stands completely behind our production of Julius Caesar.  We understand and respect the right of our sponsors and supporters to allocate their funding in line with their own values.  We recognize that our interpretation of the play has provoked heated discussion; audiences, sponsors and supporters have expressed varying viewpoints and opinions.

Such discussion is exactly the goal of our civically-engaged theater; this discourse is the basis of a healthy democracy. Our production of Julius Caesar in no way advocates violence towards anyone. Shakespeare's play, and our production, make the opposite point: those who attempt to defend democracy by undemocratic means pay a terrible price and destroy the very thing they are fighting to save. For over 400 years, Shakespeare’s play has told this story and we are proud to be telling it again in Central Park.  #WeAreOnePublic』というメッセージを発表。演出は変更しないことを明言しました。それに呼応する形で、穴が開いてしまった分を補おうと沢山の支援金が集まったそうです。

体調を崩したり、ボランティアが夕方あったりしてなかなか申し込みさえできずにいた電子くじ引き。先週末からやっとくじ引きに応募を始めたところなのですが。これで注目が集まってチケットが当たり難くなったような…。何とか観れると良いのですが。

**********************************************************
さて、今回は5番街と40丁目の角、ニューヨーク公共図書館の一角にあるポップアップショップの話題です。
087
ニューヨーク公共図書館の5番街に面した有名な本館の脇、40丁目に面した一角にいくつかお店があるとは思っていたのですが。先日初めて足を止めて覗いてみました。

そうしたらここはホリデーマーケットやマディソンスクエア・イーツ等で有名なUrbanspaceの運営するポップアップショップであることが判明。店舗数は少ないものの、結構充実の店が揃っていることに気付きました。
089
先ずなんといっても驚いたのが、大人気だったにも関わらず、ニューヨーク市が発行する免許が更新できなかったために姿を消したと思っていたビーガンフードを提供するフードトラック『Cinnamon Snail』があったこと。ビーガン(Vegan)とは完全菜食主義の事。肉や魚を食べないのは勿論、乳製品等一切の動物性由来の食べ物を使わない食事を提供しています。

そういうと味気なさそうですが、シナモン・スネイルのサンドイッチはベジタリアンでもない私が食べても美味しく満足感がありました。個人的には好きではありませんでしたが、このお店のドーナッツもとても人気があります。ここでサンドイッチをテイクアウトできるなんて、凄く便利。観光のついでに試すのにもうってつけです。
086
他にもハイラインにもある人気のエンパナーダ(スペイン発祥の具入りのパン。ピロシキに似ています)のお店『La Sonrisa Empanadas』があったり(味が濃いので、ガツンとくるB級グルメ好きの方のみお試しください。家に持ち帰って、ビールのお供にするのにはピッタリかも)。ジェラート屋さんがあったりして、ちょっと休憩するにも良さそう。

目の前にテーブル席が結構ありますし、直ぐ横のブライアントパークに持ち込んで緑の中で食事することも可能。トイレは図書館の中にあるので安心です。
090
加えてニューヨーク公共図書館のギフトショップもあり。絵葉書、ピン、マグネットなどのお土産の定番から。Tシャツ、トートバッグ、ポーチ、キーホルダー、鉛筆、アクセサリーなど、ばらまき土産から自分へのお土産まで、色んな種類のお土産に良さそうな商品が揃っています。本好きの方は必見です。

なかなか便利そうなポップアップショップ。2017年7月6日まで午前11時~午後8時まで営業しているそうです。
088

« ブライアントパークの無料語学クラス | トップページ | ハドソンリバーパークのコンポスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/70846816

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク公共図書館横のポップアップショップ:

« ブライアントパークの無料語学クラス | トップページ | ハドソンリバーパークのコンポスト »