2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« トロピカルなチャネルガーデンズ | トップページ | ハイラインの2017年のグループ展『ミューテーションズ』 »

2017年7月15日 (土)

2017年7月第2週のセントラルパーク

晴れたり曇ったり忙しい土曜日のニューヨーク。今日は1日晴れ時々曇りで、雨は降らない予報。雷雨に怯えないで行動できるのは久し振りで嬉しいです。昨日はすっごく涼しくて、上着を忘れた私はボランティアを震えながらやって、今日はまんまと風邪気味ですが。本日の最高気温は29℃と、夏に戻る予報。湿度が90%と非常に高いので、ムシムシしそうです。熱中症にお気をつけください。

最近ブロンクスやブルックリンで発砲事件が続いていますが。金曜日の早朝(午前3時半)、プロスペクトパークの近くで男性が銃で撃たれて死亡しているのが発見されたそうです。もう1人は命に別状はないものの、被弾して病院に運ばれたとのこと。よく訪れる地域だけに怖い事件です。銃規制の話題さえも出ないですね…最近。

LAのギャラリーで、女性が自撮りをしようとして転び、アートを壊す事故が起こり話題になっているそうです。最近美術館やギャラリーで、フラッシュさえたかなければ撮影を許可する場所が増えていますよね。でも、写真ばかり撮ってアートを楽しめないのは如何なものかと個人的には思っていたのですが。その為に注意が散漫になって200万ドル相当のアートを壊してしまうとか…。グランドキャニオンでも、良い写真を撮ろうとして毎年5人前後の死者が出ると聞きましたし。マンハッタンを歩いていても、危ないなーと感じる事が多いです。これからファッションウィークが始まると、良い写真を撮るために立ち入り禁止の場所に陣取って撮影をする人々を多く見掛けます。間違ってもそんな写真に『イイネ』しないようにお気をつけください。助長しますから、違反者を。
***************************************************************
さて、今回は今週散歩したセントラルパークの風景をご紹介します。
017

セントラルパークの南東の端にあるThe Pond

018

綺麗な花が咲いていたり…

019

鳥がのんびり羽を休めていたり…

021

くまのプーさんに出てきそうな石橋が掛っていたり。

022

ボランティア前にちょっと散歩するだけでも気分転換になります。

023

ザ・ポンドからは、プラザホテルがバッチリ見えます。

024

そもそも今回セントラルパークに足を向けたのは(腰痛を和らげるために長距離歩く必要があったからではありますが)、ボランティア仲間に「スケートリンク(Wollman Rink)でビクトリアン・ガーデンをやっているんですってよ?」と教えて貰ったから。調べもせずに、名前から勝手にビクトリア朝風の庭だと思い込んでしまったのです。なので、この移動遊園地『VICTORIAN GARDENS AMUSEMENT PARK』を見た時のがっかり感たるや。確かに遊園地もガーデンって呼ばれるよね…と初めて気付く始末。語学力の欠如がこんなところにも。でも、夏休み中のお子さんを連れて行くには良さそうな場所です。

025

ザ・モール(The Mall)は、午前9時前の空いている時間だと余計に気持ち良く感じます。

026

ベセスダテラス(Bethesda Terrace)の噴水の天使は、相変わらず鳥に大人気。

027
028

今年も綺麗な蓮(で合ってますか?睡蓮?)が咲きました。

030

ボウブリッジ(Bow Bridge)の鉢植えも夏仕様に。

031

ハイラインにも咲いている花だった気が。こういう花の名前が分るようになるともっと散歩が楽しいですよね、きっと。

032

ランブル(The Ramble)に新しくできた川では、夏休み中の子供達が大いに遊んでいました。セントラルパークのあちこちにサマーキャンプの子供達もいました。

035

ベルヴェデーレ城(Belvedere Castle)からの眺め。

036

タワーは朝早すぎて閉まっていました。

034

階段の水溜りでは、鳥が水浴び。

056

貯水池(Reservoir)の花壇が、黄色とピンクで鮮やかに。

057

とーっても暑い日だったのですが、それでも貯水池の周りではランニングやサイクリングを楽しむ人が。

060

Aesculus parviflora(アエスクルス パルウィフロラ?トチノキ?)が花盛り。

107

ザ・レイク(The Lake)はボート遊びする人で溢れていました。そんな中、ボウブリッジでは、通行人を堰き止めて何かの撮影をしていました。1900年代に見える服装をした男優さんが橋を渡るシーンを撮影していたのですが、残念ながら誰か判らず。

108
109

ニューヨークらしい風景です。

110

デラコルテ劇場でシェイクスピア・イン・ザ・パークを見ていた際に、舞台裏を歩く3匹のアライグマ(raccoon)を見て大興奮しましたのも記憶に新しいのですが。なんと、今回はチェリーヒルの近くでのんびりと座っているのを至近距離で見ることができました。この後立ち上がっておもむろに草むらに去っていきました。なんでもセントラルパークには22匹の野生のアライグマが生息しているのだそう。絶対に餌を上げないでくださいとのことです。

033

« トロピカルなチャネルガーデンズ | トップページ | ハイラインの2017年のグループ展『ミューテーションズ』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/71143800

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年7月第2週のセントラルパーク:

« トロピカルなチャネルガーデンズ | トップページ | ハイラインの2017年のグループ展『ミューテーションズ』 »